医療法人社団田辺医院 田辺内科胃腸科医院

鳥取県米子市道笑町4丁目95
0859-33-2010

田辺内科胃腸科医院

「地域の皆様の健康に貢献したい」
いつでもお気軽にご相談下さい

当院の内視鏡検査の特徴

①苦痛の少ない鼻からの内視鏡検査

胃カメラ検査とは胃癌や胃・十二指腸潰瘍などの上部消化管で発症する疾患を観察する検査です。胃カメラ検査では内視鏡スコープを口から通して胃まで送りこむので、スコープが舌の付け根部分に触れる事で嘔吐反射を催してしまい、検査を受けている患者様からするとツライ検査と思われてしまいます。

当院では鼻からの胃カメラ検査も行っており、舌の付け根にスコープが接触する事なく胃まで運ばれて行きますので、楽に胃カメラ検査を受けていただく事ができます。

②完全個室の下剤服用スペースを完備

当院では大腸カメラ検査を受けられる方向けに、院内で下剤を服用できるスペースを設けています。ご自宅から医療機関の間で排便のご不安を抱く事もなく、快適に大腸カメラ検査までの時間を完全個室なスペースで過ごす事が出来ます。
また当院には長年内視鏡検査に携わってきた看護師も在籍しているので、お困り事がございましがらいつでもお気軽にご相談できます。
※大腸カメラ検査を受けられる際は事前の外来受診が必要です。
大腸カメラ検査をご希望の方はお時間に余裕をもって受診下さい。

③便潜血検査陽性と診断された方へ

当院では便潜血検査陽性と診断された方に大腸カメラ検査を実施しています。食の欧米化に伴い大腸癌罹患数が増加傾向にあります。環境を整えて苦痛の少ない大腸カメラ検査を実施しています。



以下の項目に該当する方はご相談下さい!

食後に胸やけがする
逆流性食道炎の典型的な症状である胸やけは、胃酸が何らかの要因が加わる事で食道内に逆流して、食道で炎症が発症します。逆流性食道炎の治療では胃カメラ検査を行い、症状の重症度を確認し症状にあった適切な治療を行います。

胸やけ以外では吐き気・嘔気、食後の胃部不快感、慢性的に続く胃痛を感じた際は胃カメラ検査の受診が推奨されています。
長期間続く腹痛で困っている
長期間も腹痛状態が続くと、胃癌、胃・十二指腸潰瘍、大腸癌、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎などの疾患が疑われます。症状が悪化しない為にも違和感を感じましたら、精密検査の受診が推奨されます。

長期間腹痛でお悩みの方は一度ご相談しにご来院下さい。患者様の症状に合った適切な治療を行います。
血便がでた
便に血液が混じっていると、消化管からの出血が疑われます。真っ黒い便が排便された際は胃からの出血が疑われます。赤い鮮血便の便が排便された際は大腸や肛門からの出血が疑われます。

血便が排便された際は、出血した原因を調べる為に内視鏡による精密検査が必要となります。
下痢や便秘が長期間続く
下痢や便秘が長期間続くと大腸癌、潰瘍性大腸炎や過敏性腸症候群などの大腸の疾患が疑われます。症状の発症の原因を調べる為にも大腸カメラ検査を受診する必要があります。
便潜血陽性と診断された
便潜血検査は排便内への血液の混入を検査します。便潜血検査陽性と診断された際は下部消化管からの出血が疑われますので、大腸カメラによる精密検査が推奨されます。
ポリープを切除した経験がある
過去にポリープを切除した経験がある方は、その後の経過を診る為にも定期的に内視鏡検査を受診する必要があります。また、前回の内視鏡検査で異常が診られなかった方も定期的に内視鏡検査を受ける事が推奨されています。
血便がでた
便に血液が混じっていると、消化管からの出血が疑われます。真っ黒い便が排便された際は胃からの出血が疑われます。赤い鮮血便の便が排便された際は大腸や肛門からの出血が疑われます。

血便が排便された際は、出血した原因を調べる為に内視鏡による精密検査が必要となります。

お問合せはこちらから

医院直通電話番号
0859-33-2010
医院名 医療法人社団田辺医院 田辺内科胃腸科医院
医院長 田辺 嘉直
電話番号 0859-33-2010
住所
〒683-0064
鳥取県米子市道笑町4丁目95
診療時間
午前診療時間: 8:30~12:00

午後診療時間: 15:00~18:30

休診日: 木曜日の午後診療、日曜日、祝日
住所
〒683-0064
鳥取県米子市道笑町4丁目95