本気でネイルのプロになる!
男だって「爪職人になれる」

「傷んで弱くなった爪を元気な状態に戻すケアを!!」
心も身体も健康であるために足先・手先など末端のケアは必須です。
そのお手伝いをするのが『爪のプロ(マニキュア・ペディキュアリスト)』です。海外では広く男性技術者も多く活躍しています。爪の専門家としての知識と技術を身につけましょう。巻き爪や割れた爪の修理・補強など、専門家にしかできない技術を身に付けましょう。
 酷使している手や足の爪を正しくケアして癒してあげましょう。
そんな専門的なテクニックを学ぶ教室です。
自分→家族→友人→ボランティア→老人ホームへの出張営業など、
やりかたは無限です。自分のライフスタイルに合わせて技術を活かす
ことが可能です。おしゃれではない「爪ケア方法」を学ぼう。
湘南で学んで・湘南で働く
【メンズ爪職人養成コース開講】
巷では「靴職人」「パン職人」「〇〇職人」と
自らの手に技術をつけて職人として活躍している人が
大勢います。『自分も何かできないかな』なんて
思ったら【爪職人】なんていかがでしょう(^^)
独立開業希望者もサロン就職希望者も自分の夢に向かって
しっかりとした技術と知識を身につけよう
【100万円(税別)の授業料】で未来を創造。
雇用されて働く時代は終わります!自らの手で
稼ぎ出せる技術と知識を身に付けましょう。
詳しくは下記の内容をご覧ください。
※短期間での受講をご希望のかた応相談

ネイリストではなく「爪職人」になりたい、私。(本音)

実は、講師であり経営者である富田自身が「ネイリスト」という言葉に違和感を抱いており、
20年以上ネイルの専門家として仕事をしていて自分の肩書をネイリストというのが嫌だった。
なぜなら世間が抱くネイリストという職業へのイメージが自身の活動と大きく異なっていたから。
そこで『私が目指している爪専門の技術者をネイリスト以外の言葉で表したら何になる?』と
考えたときに思い浮かんだのが【爪職人】でした。
私が提供しているのは『手と足20本の爪を健康的に美しく保つための専門的な技術』
決して爪を無意味に長くしたり、飾り立てたりすることではなく、爪が生えているかたなら
誰でも通っていただける【床屋さんのような爪屋さん】
自分で切ろうと思えば切れるけど、失敗したら痛くなる・・・とか、面倒だから誰かにやって
もらいたい!なんて方々に便利にご利用いただきたいのです!!!
そして正しいネイルの技術と知識を身に付けた技術者を一人でも多く育てて【便利な爪屋さん】
を全国に広げたいです。近所の床屋さん感覚で、おじいちゃんも孫もお父さんも通える爪屋さん。
これが私が目指す近い未来のネイル業界のヴィジョンです。
「へ~!そういうことなら私もやってみたい!!」なんてかたは、ぜひ仲間になりましょう!
一緒に【爪の専門家・プロフェッショナル・爪職人】として活動してまいりましょう!!
爪職人の基本は「ネイルケア」です。
手と足に生えている20本の爪を健康的に美しく育て保つ。

そのためには髪や肌と同じように日々のケアが必須。
そのことを多くの方々に伝え&お手伝いするのが仕事。
色を塗ったり、アートをするのは二の次。
爪健美学塾では20年間に何十人ものネイリストを育て
ネイルケアの重要性を学んだ卒業生を世に送り出しました

絵が描けなくても、不器用でもできる職業です。
高齢者が増えるこれからの社会。
「健康寿命」や「ヘルスビューティー」がうたわれ、
より専門的な技術が求められます。

【爪のプロになる第一歩:基礎編】
手と足の爪20本を健康的に育て・保つ技術と知識を身につけます。
「爪の役割は何?」「主成分は?」「割れやすいのはなぜ?」など
1レッスン4時間×20回(全80時間)40万円+税(材料込)
ネイリスト検定3級&ジェル検定初級 対応コース
・・・どちらも基本となるネイルケアが正しく行われているかを  
 審査されます。実技も学科もあります。
 検定内容はJNECのHPをご覧ください。
http://www.nail-kentei.or.jp/about/about.html
『検定試験を受けるか受けないかは任意です。』
が、勉強は基本が大切なのでテキストや技術習得の流れは
同様に進めます。


お問い合わせはこちら

爪のプロって何するの?

自分の手や爪は好きですか?日々のお手入れはどんなことを?
爪が薄くて弱かったり、ジェルのやりすぎで傷んでいませんか?
爪にとって良いことと悪いことを知るためには正しい知識が必要。
【プロとして認められる第一歩】である2級からは急激に試験内容が
難しくなります。ネイリストの登竜門とも言われています。

ネイルサロンにいらっしゃるお客様やネイリスト自身も、
手先や足先にコンプレックスを持っているかたは多いんです。
けど仕方ないんです。正しい爪のケア方法は誰からも習ってない。
「爪は短いほうが衛生的でいい」と認識したのは小学生のころ・・・
常にスマイルラインを切り取り線だと思ってギリギリまで切ってた。

 実は爪の役割は『指先の保護』
そのことを知れば、爪の長さはどのくらいが適切かが理解できる。
そんな小さな知識から、専門用語が並ぶ本格的な学科まで、幅広く
勉強することで、足先・手先に悩みのあるかたの助けができます。
その知識が担当したお客様へのカウンセリングやアドバイスに役立つ。
学生時代にした受験勉強じゃないから、試験のあとは忘れちゃうでは
困るのです!しっかり脳みそに擦り込みましょう。

【ネイル業界で就職する最低限の資格は2級:応用編】
ネイリスト検定2級&ジェル検定中級 対応コース
・・・プロのネイリストとしてお客様から料金をいただけるレベルか
 審査される。2級からは責任が生じるので合格レベルが高くなる。
1レッスン4時間×17回(全68時間)34万円+税(材料込)
※自宅で小さなサロンを開業したいとお考えのかたは、
 このコースが最適です。
検定の課題や中身が見たい方は↓こちらをご覧ください。
http://www.nail-kentei.or.jp/kentei/pdf/youkou_01.pdf
※アートの課題は毎回テーマが異なります。

美容室で言えば「トップスタイリスト」

爪健美庵は読んで字の如く「爪を健康的に美しく保つ」を
コンセプトにした爪専門店です。
その直営スクールである『爪健美学塾』も学びの主体は同じ。
入学して、レッスンを重ねるごとに自分の爪がきれいになります。
まずは自分が実感しなくては誰かに伝えることはできませんから。

基礎がしっかり学べたら、いよいよ応用です。どんな爪のタイプには
どんな技術を提供したらいいのか。お客様はどんな手になりたいと思っているのか。
どんな希望にも対応できてこそ【一人前のネイリスト】
それが1級&上級を取得するということです。

一般の人がコスメショップや通販でプロ同様の用具用材を入手できる
この時代に「これは、やっぱり自分ではできないわね~!できたとしても、このクオリティーには仕上がらないわ!さすがプロね」と、お客様に認めていただけなければなりません。技術を売っている職業ですから「これなら私が自分でやったほうがきれいだわ」なんて言われてしまっては(言われなくても思われてしまうだけでも)ダメ。

どうせ勉強するなら『とことんまで』をおすすめします。
『これくらいでいいや』って勉強した人に担当してもらいたい?
私だったら嫌です。もし自分がお客様の立場だったら、どんな技術者に担当してもらいたいと思うかを考えれば必然的に分かること。
ゴテゴテ☆チャラチャラした軟派なネイリストにはならないでね。

【一人前のプロの技術者と認められる第一歩:実践編】
ネイリスト検定1級&ジェル検定上級 対応コース
・・・これが技術者としては最高峰の資格試験です。ただ、この難関を突破するには相当な覚悟が必要。一発合格する確率はほんの少し。
だからこそ本気で頑張る価値があります!根気よく合格を目指そう!
とはいえ合格しなくても仕事はできるので、仕事をしながらでもOK
1レッスン4時間×13回(全52時間)26万円+税(材料込)




足にだって爪は10本生えている

『爪へ指先の保護のために生えている』『足の爪がないと人間は歩けない』それくらい大切な身体の一部です。当たり前に生えているから「もし爪がなかったら?」なんて考えないと思うけど、けがをしたり、巻き爪が痛かったりするときに大切さを認識できる。
【足爪が健康じゃないと元気に歩けないので困る】という相談を受けることが多くなりました。
ウォーキングや山登りなど、アクティブなシニアが増えてきて、いつまでも元気で健康的な生活を送るには爪のケアが大切なことが認知されてきています。
けど、なかなか専門的に足の爪だけをケアしてくれるところがない。
ということは爪のプロであるネイリストとして「足爪ケアをもっとしよう!」必要とされているなら、もっと広めていこう!となります。

【足爪ケアのスペシャリストになろう】
手も足も爪の成分は同じだし、ケアの方法も基本的には同じ。
けど、足のほうがトラブルを抱えているかたが多いので難しい。
やっていい場合と、やっちゃいけない場合の判断が重要。
普段は人前にでない箇所なので、ケアをする習慣がないので、お客様も最初は抵抗があるかもしれないので、定期的なケアの必要性や正しいケアの方法もしっかり説明できる知識が必要になります。

基礎編にて「正しい足爪の切り方」や「巻き爪矯正法」についても学びます。


サロンワーク実践コース

【他校を卒業したけど『もう実践的なサロンワークを教えてほしい』なんてかた向け】のコースです。
検定試験の課題はあくまでも基本です。検定の課題がそのまま実際のサロンで使われることは少ないです。
「検定=基本」「サロンワーク=応用」です。
が、なかなか応用を教えてくれるスクールは少ないです。
そんなことを感じた講師の富田が、自分もスクール卒業したての頃に
味わった「どうしたらいいの~」を解消すべく、20年の経験を元に
作ったカリキュラムを提供いたします。
 未経験者が「どこかのサロンに就職してから会社の講習で教えてもらおう」なんて考えているのなら【世の中そんなに甘くない】です。
どこの会社も即戦力を求める時代です。
だったら自分でお金を払って応用を習ってしまえばいいんです。

いま現在ネイルサロンで働いているかたでも受講いただけます。
「もっとスキルアップがしたい!」「新しいことを学びたい!」
「もっとケアが上手になりたい!」「他のサロンの技術が見たい」
「やったことないことを学んで習得して経験したい!」などなど
【目からウロコ】な内容です。ぜひ、チャレンジしてみてください。
今の仕事を辞めなくても休みの日だけ通うもよし、仕事帰りに夜間で
通うもよし、最近マンネリ化してきた技術に斬新な風を~!!

【実際のサロンで行われている真実のプロ技術を習得するコース】
・・・検定対応ではありませんので、アートもやりませんし、スカルプもやりません。『お金がいただけるレベルのケア』を中心にお客様が毎月リピートして通いたくなる技術を習得していただきます。
ある意味、これをマスターすれば独立開業してしまえます。
1レッスン4時間×15回(全60時間)¥600000+税(材料自前)
※主な内容は・・・
〇マシンを使ったケア 〇アセトンを使わないジェル(フィルイン)
〇足の爪のトラブル相談に対応できる技術と知識
〇高齢者のみなさまの足爪ケア技法
〇爪を噛んだりむしったりする癖があるかたへの対応技術
〇薬品を使わないで長持ちさせられるハードジェル活用法
←画像はクリアのハードジェルのフローターの仕上がり直後


メンズ爪職人がいたっていいじゃん!
男だって堂々と学べる環境をご用意してます

美容師・パティシエ・CA・保育士・料理研究家etc・・・
一昔前まで「女性の仕事」だと思われていた分野にここ最近では
男性が増えてきました。ネイルの業界も例外ではありません。
朝の情報番組でも『男性ネイリスト』として既に活躍している人が
紹介されているくらいです。
 いざ「やってみよう」となっても学ぶ場がなければ始まらない。
そこで㈱ネイル敦では、あえて男性だけのネイルスクールを開講!
今までは圧倒的に女性の生徒さんが多かったですが、若干名の男性も
学んでおられます。
 さらに、男性でも女性でも学ぶ内容は同じですし『まだ少ない』というだけで、将来的には増えていくと予想される業界なので挑戦してみる価値はあると思います。
【手先が器用めで接客が好き】というかたであれば誰でもOKです。
爪に色を塗ったり絵を描いたりする仕事ではありません。
【爪の床屋】だと思ってもらえれば分かりやすいかと思います。
“切って・洗って・トリートメントして・すっきり気持ちよくする”
そんな仕事です。今あなたの頭の中にあるイメージとは全く違うよ
「ん?やってみたいかも」なんて思ったら、実際の教科書やDVDを見学にいらしてみてください。まずはお電話を(0467)53-8086

お客様のニーズも増えてきています。ソムリエの山下さまは「お客様にサーヴする際に指先には気を使います。いつも清潔感を保てるようにケアは欠かせません。」と。また、足の爪が巻き爪気味で切りにくい・・・。なんてかたの相談も多いです。「でも若い女の子に僕の汚い足の爪を切ってもらうのは申し訳ない・・・。」なんて声も多いです。
 そんなとき男性技術者がいたら無駄な気を使うことなく利用していただくことができますね☆男同士なら遠慮なくお願いできる!
 また、足腰が弱くて介助が必要な高齢のお客様がいらした際も支えたり肩を貸したりするにも男性のほうが安心。そんな意味からも今後の需要が見込めます。フットワークが軽い人なら店舗を構えずに【出張専門の爪職人】なんていうのもありかもしれません。
技術さえ身に付けてしまえば、あとはアイデア次第で“打つ手は無限”
自分がこの先、どんなふうに仕事をして、どんな人生を送りたいか。
そのためには何をしたらいいのか。考えて妄想してみてください。
【爪って意外と奥が深いんです】もし今ご自身が爪の悩みや困りごとを抱えているなら、他にも同じように悩んでいる人がいるはずです。
「どこに行ったらやってもらえるんだろう・・・。」と探しているかたは多いんです。が、できる技術者がいないんです!不足している。
本当の意味での爪職人が求められているんです今。

藤沢市内で『育毛サロン』を経営されている杉山さま。
「お客様の身体に直接触れる仕事だから指先には神経をつかいます」と。カウンセリングの時にも資料を指さして説明したり、お客様との距離が近いだけに指先の荒れはNGなのだとか。オフのときはカジュアルスタイルだけど、スーツを着ているときは“ビシッと”決まって社長さんの風格で格好いいです。どんな場面でも指先って見られているものです。身嗜みとしてのケアをおすすめします。

どんなシーンでも職業でも対応できるベーシックな基本ケアが大切。
シンプルな仕上がりほど「ごまかしが効かない」ものです。

テキストてきすとテキストてきすとテキスト
経営コンサルタントで『財務ドクター®』の池田さま。
お客様に説明をする際に「タブレットを操作しながら説明するから、爪が汚いと恥ずかしい」ということで定期的なケアにいらっしゃいます。
3児のパパでもあるので、日々子供と遊ぶときも爪が伸びていると気になるから短く整えていきたいのだとか。
「学生のころは自分で透明マニキュアを塗ったりしてたんです」なんて話から、おしゃれ男子だったことが判明!!!素敵です☆

スーツ率が高いお仕事なので、清潔感が大切だし好感度もUPしたい。
手元・足元がきれいだと信頼度も増しますね☆

「腰が痛いし、目がよく見えないし、手先がおぼつかないから爪を切ってほしい」と来店くださった岡山さま。
「駅前の本屋に来るから、そのときに寄るよ~」と言いながら毎度ふら~りと暖簾ごしに覗いてやってくる(^^)
かれこれ1年以上前から1か月半に一度のペースで足爪ケアをご利用いただいています。
「自分の足で歩けるうちは通ってくるよ~」と言いながらお帰りになります。

家族に切ってもらうのは悪いし怖いし、病院で頼んでもやってくれない。デイサービスに行っているわけでもないから頼めないし、爪健美庵なら専門家だから安心して任せられると気に入ってくださってます

教室のご案内

ネイリスト協会認定講師
㈱ネイル敦代表富田恭子

平成9年に起業してネイルだけで食べてきた生粋の爪職人。元自衛官で硬派すぎるので「ネイルケアこそネイリストの極意」をモットーに熱血授業で本格的な爪職人を育てることに燃えています!何事も最初に挑戦するから意味があるのだ!と、メンズ爪職人の育成を請け負い中

少人数制で密度が濃い

藤沢駅南口より徒歩1分の爪健美庵のビルの14階にスクールがあります。通いやすい立地なので、仕事帰りにレッスンしたり子供の塾の待ち時間に自分の授業もできちゃいますよ~
もちろん男性だって週に一日だけ残業をしないで授業を受ければ仕事帰りが有効活用できます

実技も学科も充実

ネイルの「ね」の字からスタート。
サロンに行ったことがなくても、自分の爪が手がきれいじゃなくても大丈夫。
座学で爪の正しい知識を学びます。プロとして一流の爪職人として必要な基礎知識を。
爪健美学塾の特徴
駅前なので通いやすい
藤沢駅南口より徒歩1分の爪健美庵のビルの14階にスクールがあります。通いやすい立地なので、仕事帰りにレッスンできます。今の仕事を続けながら新しいことを勉強できます。
ベテラン講師が直接指導
講師は富田恭子だけです。「○○先生はこう言っていた」なんてことは皆無です。現場でサロンワークを毎日こなしていますので、実践的な技術と知識が身に付きます。
仕事帰りにも通いやすい駅前留学的な
駅前なので、わざわざ通わなくても自宅に帰る途中で寄れるのが便利。休みの日は家でゆっくりしたり授業の復習をしたりしたいから、仕事帰りに寄れるのが嬉しい。
明るくて景色がいい教室
藤沢駅前にひときわ高く建つビル。元西武ビルの14階に教室があります。今はマンションですが、㈱ネイル敦の本社としてスクールの授業も行われています。南には江の島、西には富士山が!!夜の部は夜景も見れて得した気分☆
明るくて景色がいい教室
藤沢駅前にひときわ高く建つビル。元西武ビルの14階に教室があります。今はマンションですが、㈱ネイル敦の本社としてスクールの授業も行われています。南には江の島、西には富士山が!!夜の部は夜景も見れて得した気分☆
無料体験会や個別相談会は随時予約開催いたします。お気軽にお問い合わせください
会社名 株式会社 ネイル敦
創業者 富田恭子
設立年月 平成9年9月
会社住所
神奈川県藤沢市南藤沢3-12-1401
お問い合わせ
説明会予約
ご質問などは
お気軽にお電話かメールでどうぞ(講師の富田に直接つながります)
TEL (0467)53-8086
FAX (0466)55-2239
MAIL sokenbian@gmail.com
または  kyokotomita1970@icloud.com
設立年月 平成9年9月