石垣島パイナップル農作業ボランティア募集 in 2021

“ないちゃ〜パイン”では、
パイナップルの収穫・お世話をしたい仲間を募集しています!
都会の喧騒から離れ、島の太陽の下で思いっきり汗をかいて
心のオアシスを見つけませんか?

こんな方におすすめ!

  ✔︎ 沖縄の海が好き!自然が好き!
  ✔︎ 農業体験をしてみたい!
  ✔︎ パイナップル畑を見てみたい!
  ✔︎ 都会の喧騒から離れて癒されたい!
  ✔︎ 観光+αの思い出を作りたい!

こんな体験ができます

・パイナップル収穫体験(2021年4月〜7月)
・パイナップルの苗植え(2021年10月頃)
・パイナップル畑の草取り(1年中いつでも)
・パイナップル畑の耕運  など

※ご参加時期によって、作業内容は変わります。
※写真は収穫体験の様子


参加者の声

パイナップルの収穫作業を2週間やってみて、毎朝7時~お昼過ぎまで作業をし、東京でのオフィスワークな日常では味わうことのできない達成感汗をびっしょりかくことの感動、そして収穫したその場で食べられる自然の甘みたっぷりのパイナップルの味にやみつきになりました。 観光ではなく仕事する場所のような所としていつでも帰れる場所ができ、まさに心のオアシスを見つけられました!
東京都 会社員 Hさん
お手伝いをさせていただくまでは、パイナップルは木に実る果物だとばかり思っていました。いざ畑へ行くと、そこにはビックリする光景が広がっていました。収穫体験を通じて、パイナップルの育つ過程や環境、品種が沢山ありそれぞれ味わいに個性があることなど、初めて知ることばかりでした。
この体験をさせて頂いたことをキッカケに、様々な場所へ出向き生産者さんのお声を聞くのが好きになりました。
千葉県 飲食店経営 Mさん
お手伝いをさせていただくまでは、パイナップルは木に実る果物だとばかり思っていました。いざ畑へ行くと、そこにはビックリする光景が広がっていました。収穫体験を通じて、パイナップルの育つ過程や環境、品種が沢山ありそれぞれ味わいに個性があることなど、初めて知ることばかりでした。
この体験をさせて頂いたことをキッカケに、様々な場所へ出向き生産者さんのお声を聞くのが好きになりました。
千葉県 飲食店経営 Mさん

募集要項

・募集期間
 2021年1月〜9月下旬頃まで
・活動期間
 2021年2月以降でご参加可能な日程
・作業内容
 パイナップルの収穫・苗植え・草むしりなど
 ※時期やその日の天候によって作業内容が変わります。
・応募条件
 15歳以上であればどなたでも可(お1人様〜、1日〜ご応募可能)
 ※暑い中の畑作業や、パイナップルの小さなトゲ、背の高い雑草に触れることが多く
  なりますので、ご不安な方はご遠慮ください。
   原則、長袖・長ズボンでの作業をお願いしております。
・参加費用
 お支払いいただく費用はありません。
 ただし、集合場所までの交通費、宿泊費はご自身でご負担いただきます。
・持ち物
   長袖、長ズボン、ゴム製の軍手、タオル、帽子、飲み物、その他暑さ対策
 ※沖縄の日差しは強いので、首に巻けるタオルやつばの広めの帽子を推奨します。
 ※パイナップルにはトゲがありますので必ず長袖、長ズボンをお持ちください。
 ※長靴はご用意します。
・応募方法
 本ページ下部にある「応募・お問合せ」からお願い致します。
・その他
 石垣市内から畑までのアクセスは、離島ターミナル付近の指定集合場所から
 車で送迎予定です。
 ※参加者人数が多い場合には別途検討させていただきます。

よくある質問

  • Q
    作業時間はどのくらいでしょうか?
    A
    沖縄の暑さを考慮し、朝8時頃開始、正午頃解散を想定しています。
    ※沖縄の天気は変わりやすいため、雨の場合は前日、もしくは当日朝に検討し、ご連絡致します。
  • Q
    集合場所まではどのように行けば良いでしょうか?
    A
    集合場所は、離島ターミナル付近のお店前や駐車場を予定します。
    参加者には事前に詳しい場所をお伝えしますが、観光地エリアのため離島ターミナルまでバスや徒歩でお越しいただければと思います。レンタカーでも可能ですが、駐車場探しや駐車料金は自己負担となります。
  • Q
    集合場所まではどのように行けば良いでしょうか?
    A
    集合場所は、離島ターミナル付近のお店前や駐車場を予定します。
    参加者には事前に詳しい場所をお伝えしますが、観光地エリアのため離島ターミナルまでバスや徒歩でお越しいただければと思います。レンタカーでも可能ですが、駐車場探しや駐車料金は自己負担となります。

ないちゃ〜パイン紹介

橋本・荒川
〜橋本〜
新卒で「IT×金融」のベンチャー企業に4年半勤めながら、様々なご縁から石垣島でパイナップル栽培をする"おっちゃん"と意気投合し、現地でのパイナップル栽培作業や収穫体験ツアーの企画運営を実施。
その活動により、「地方には良い物がたくさんあるのに知られていないことがもったいない、もっと多くの人に知ってもらいたい!」という想いが強まり、本業においても「IT×地方創生」の仕事ができる中小企業コンサル、さらにはより1次産業〜3次産業の農家さんや事業者さんの近くでお手伝いが可能な"にっぽんの宝物"に転職。自身も国産、かつ無農薬をモットーに、日本のパイナップルの魅力を伝えたいと活動中。

〜荒川〜
栄養学科卒業後、病院の栄養士として勤務。 何気ない日常の中で出会った1杯のコーヒーから、その奥深さに魅了され、バリスタの道へ転職。
飲食の専門学校へ通い、様々な店舗で経験を積み、地元千葉で独立。 "Cart stand PON"という屋号で、コーヒーの移動販売や飲食店舗プロデュース、ドリンクに纏わる講座などを行い、2021年1月には自身の店舗をオープン。国内の珈琲農園や海外のコーヒー文化にも触れる。

参加者の方へのメッセージ

みなさん初めまして。こんにちは。
日本で初めて「国産無農薬パイナップル」を栽培する"ないちゃ〜パイン"の橋本と荒川です。

ないちゃ〜とは、沖縄県民が内地(本土)の人を呼ぶ時の呼称です。
その名の通り、私たちは千葉県に在住しながらも石垣島に通ってパイナップル栽培に挑戦しています。

今までは農家さんのお手伝いとして3年間携わってきましたが、2020年秋からは自分達のパイナップルを生産し始めました。
まだまだ農家として未熟な私たちですが、ないちゃー、かつ女性、という私たち独自の経験から感じたこと、視点を活かし、国産・無農薬パイナップルの魅力をお伝えしていきます!

都心で働きながらも石垣島でパイナップル栽培を出来るような農業や次の世代に繋がるような体制確立を目指していきたいと考えていますので、まずは石垣島観光のついでに、数時間でも体験しに来てみてください。きっと新しい何かを見つけられると思いますよ。

ボランティアの応募・お問合せ

いただいた応募・お問合せにつきましては、
3営業日以内にご返信させていただきます。