はじめまして、nagyiです。
自分で焼いたパンを、自分で調理して
自分で写真を撮る。

どれも簡単では無いけれど楽しい。

パンの種類はいっぱい。

パンはかっこ良くもなるし、可愛くもなれる。
食事にもなるし、おやつにもなる。
そして生活の彩りになる。

Profile

nagyi

神奈川県 川崎市出身

子供の頃からお休みの日は
自然と何かを作っていました。

大人になってパン焼きに出会い、
日々色々な事があっても
作る事が私の楽しみであり、
私の生活に彩りを与えてくれるものになりました。

パンの種類はいっぱいです。
技術もまた。

もともと趣味だった我流のパン焼き、
本気を出してはじめた事は

たくさんの個人、
パン屋さん主催のパン教室や
主にプロの方が学ぶ学校へ通い

製パンを学ぶ為に週2日3日のレッスンは
出勤日数を調整したり、
パン学校へ通う為に仕事を辞めたり。
まさに「パンが主役」の生活。

休日返上で数年間学びました。

それぞれの試験に合格し、
パン教室では上級クラス師範を修了。
パン学校の
立派な卒業証書もいただく事ができました。

でもそれは
あくまで基本づくりベースづくり。
自分自身の腕が上がった訳では無く
そこからが本番の家庭製パン、
「家庭用電気オーブン」でのパン焼き生活の
スタートだったように思います。

そしてブログをはじめました。

いつか
「パン教室ができたら」
そう思いながら
パンを焼く事
レシピ作りを続けながら進んだり戻ったり。

焼ける数が少ない「おうちパン」
一年365日
毎日焼けたとしてもたったの365回
いくつのパンが上手になれるだろう。

現在、まだパン教室は開けていないけれど
開けるかどうかもわからないけれど
それでもやっぱりやりたい事。

ブログも7年目、言葉だけで言うのは簡単な事ですが
blog:パンが主役の”ものづくり”
私の「パン」と「写真」と
「ものづくり」の成長の記録。
どんな時もどんな環境でも作ってきた
これからも続く「しるし」です。

「楽しい」は「楽」じゃない。でも楽しい。
いつまでも日々精進。




経歴

・辻調理師専門学校/辻製菓専門学校 別科 通信教育講座 製パン技術講座修了

・多数の個人、パン屋さん主催のパン教室にて、
 パン酵母(イースト)、ホシノ丹沢酵母、自家培養発酵種(自家製酵母)等
 パン作りの基本を学ぶ。師範科修了

・一般社団法人 日本パン技術研究所
 製パン技術基礎コース修了
 製パン技術教育コース(本科)卒業
 製パン理論を学ぶ。

Blog:パンが主役の”ものづくり”

私のパンたち。

Pain de campagne

Champignon

Rustique

Rosetta

Christstollen

シュトーレン。最近ではパン屋さんでも売られるようになったドイツのクリスマスの発酵菓子。「酒まんじゅう」や「酒種あんぱん」など日本の発酵菓子やパン作りで馴染みのある「酒種」で焼きました。

Cinnamon roll

生地にエスプレッソ用のインスタントコーヒーを溶かしたものを配合して焼きました。パン酵母(イースト)で焼くやわらかい食感と珈琲の香りとシナモンシュガーの甘さがぴったりです。

Pain de campagne

ホシノ丹沢酵母種で焼いた黒胡麻入りのカンパーニュです。加水を少し高くして、成形では生地を強く締めすぎず、軽めに焼きました。

Pain au seigle

ホシノ丹沢酵母種で焼いたライ麦パン。酸味やライ麦が苦手な方でも軽めで食べやすいパンです。(パン・オ・セーグルは一般的にライ麦粉が10~40%配合されたパンの事。)

Anpan

​日本の代表的なパン。風味の良い酒種で焼く「あんぱん」ソフトなパン酵母(イースト)で焼く「あんぱん」どちらも家庭で美味しく焼けます。餡子はどちらの生地とも相性が良く、それぞれの美味しさがあります。

Melonpan

あんぱん、クリームパンと並んで日本の代表的なパンの一つ。作り手により見た目も食感も個性が広がるメロンパンです。

Cream bun

柔らかくて甘いクリームには、味わいや風味の良い生地より、クリームの味が活きるフワフワで柔らかいパン酵母(イースト)で仕込んだ生地と、味も食感も相性が良いです。

私のパン作り

パン屋さんに行けば美味しいパンが
たくさん売っています。
作る事は手間も時間もかかって非効率。
それでも自分の手で丁寧に作る”ものづくり”は
とても豊かな事。

そして一言で「パン作り」と言っても色々。
粉や酵母もまた色々です。
輸入小麦に国産小麦。
パン酵母(イースト)、ホシノ酵母、
一般的に言われる自家製酵母(自家培養発酵種)等。
どんな粉や酵母もそれぞれの良さがあり
個性があります。

ちょっとお洒落なパンや、
昔ながらの「あんぱん」「クリームパン」
ドッグロールやコッペパンを焼いて、
懐かしい「焼きそばパン」に。
ソフト系、ハード系
どちらのパンを焼くのも大好きです。

パン作りも基本が大切。
「自由」に。
でも「いい加減」とは違うパン作り。

私はパンの種類はもちろん、
粉や酵母にあまりこだわり過ぎる事なく、
パン作りの幅を狭くする事なく
難しく考え過ぎずに
その人その人の「好き」と時間と生活に合った
そんな「パン作り」が家庭にあると
素敵だと思っています。



何よりパンが好き。


私はパン酵母(イースト)をはじめ
色々な酵母でパンを焼きます。
でもパン屋さんと違い
家庭での少量で起こす
自家培養発酵種(自家製酵母)が
必ずしも安心・安全だとも
思っていないんです。
酵母は人工的にも自家製でも作れるものではなくて
できるのはあくまで培養、種。
目には見えない菌の世界
自己管理、自己責任の上
発酵による副産物
風味や美味しさで焼いています。

パン酵母(イースト)のパン焼きは
微量であっても乳化剤を気にされる方には
向いていないかも知れません。
でも衛生的なパン作りでもあるんです。
パンを膨らませる事にはとても優秀な酵母集団
同じ自然界の酵母なんですね。
そして成形はもちろん
パン作りの幅も広がります。

パン酵母の微量な乳化剤も
家庭で起こす種の雑菌に気をつけながらも
どちらもそれほど神経質にはならずにいます。

でんぷんの多いもちもちした国産小麦も
グルテンが多いフワフワパンが焼ける外国産小麦も
どちらも同じく大好きなパン。

そんな私の大好きなパンと
パン作り

パン屋さんのようにはいかなくても、
家庭料理のような家庭製パン。
自分で作る、見える安心感。
自分が焼いたパンがテーブルに並ぶ嬉しさは
焼いた者にしかわからない贅沢なんです。

Baguette sandwich

レーズン種で焼いたフランスパンに、一口大にカットした照り焼きチキンと野菜をのせたサンドイッチです。

Epi(bacon)

エピはフランス語で「麦の穂」成形が特徴的です。パン屋さんでもお馴染みなベーコンエピ。粉に対して0.1%の極少量のパン酵母(イースト)を使い、一晩発酵させて焼きました。

Bagel(black sesame)

ホップス種で焼いた黒胡麻ベーグルです。

Bagel(chocolate&walnut)

生地には純ココアとクルミ。フィリングにはチョコチップとピールが入った、パン酵母(イースト)で焼いたベーグルです。

お料理に自分で焼いたパンをそえて





自分で焼いたパンをテーブルに