ビジネスローンの審査落ちの原因とは?

「ビジネスローンの審査に中々通らない…」と悩んでいる経営者はいませんか?

銀行からの融資と比較してみると、ノンバンク系のビジネスローンは比較的審査に通りやすくなっています。

しかし、私も何社かに申し込んで審査に通らず、借り入れができなかった経験がありました。

そこで、このページではビジネスローンの審査落ちの原因を解説します。

申し込みの書類に不備がある

申し込みの書類や提出する資料に何かしらの不備があると、ビジネスローンの審査に落ちます。

ビジネスローンでは、事業の経営状態が審査で重要視されるポイントです。

つまり、本当は年商1億円なのに10億円を記入したり会社名を間違って入力したりすると、「嘘の申し込みなのでは?」と業者に判断されてしまいますよ。

多少の誤入力程度であれば訂正を求められて終わりですが、意図的な虚偽の申し込みが発覚すると確実にビジネスローンの審査に落とされますので注意しましょう。

会社の経営が不安定な状態

一般的なカードローンやキャッシングは申込者本人の安定した収入が審査の対象になるのに対して、ビジネスローンでは会社の経営の状況が確認されます。

ビジネスローンによって違いがありますが、申し込みの後に提出する事業計画書や資金繰り表で判断されるのが特徴です。

経営状態があまりにも不安定だと、「返済能力がないのでは?」と判断されますので、審査落ちの原因になります。

私も直近の売り上げが芳しくない時にビジネスローンに申し込んだら審査に落とされてしまいました。

ブラックリストに載っている

ブラックリストに載っている経営者や事業主は、ビジネスローンの審査落ちの原因になります。

一口にブラックリストと言っても、「全銀協(全国銀行協会)の信用情報がブラック」「決算書がブラック」「税金未納ブラック」など様々です。

どちらにしても信用力が足りなくなりますので、ビジネスローンで事業資金を借り入れることはできません。

ビジネスローンの審査に落ちたらファクタリングがおすすめ

もしビジネスローンの審査に落ちてしまった場合は、売掛金の現金化サービスのファクタリングを利用してみましょう。

ファクタリングは会社の経営状態が悪くてもブラックリストに載っていても、売掛先の信用力さえあれば買い取ってもらえます

私が利用している日本中小企業金融サポート機構は柔軟な審査で対応してくれますので、ファクタリングで事業資金を調達してみてください。