中小企業の資金調達でファクタリングがおすすめの理由

中小企業の資金調達の方法として、ファクタリングが注目を集めています。

私は資金調達と聞いて融資ばかりが頭にありましたが、時と場合によってはファクタリングの方が便利ですね。

以下では、中小企業の資金調達でファクタリングがおすすめの理由をいくつか挙げてみました。

銀行融資の審査に落ちても利用できる

中小企業によっては、次の理由で銀行融資の審査に落ちることがあります。

  • 事業計画書に無理がある
  • 経営状況が悪い
  • 信用情報に問題がある
  • 公共料金や税金を延滞している

もし銀行融資の審査に落ちてしまっても、ファクタリングの利用に悪影響を及ぼすことはありません。

それはファクタリングが自社の状況ではなく、売掛先の信用力で審査されるのが理由です。

融資で資金調達できない中小企業は、ファクタリングサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

売掛金を早期に現金化できる

ファクタリングは銀行融資とは違い、売掛金を早期に現金化できます。

ファクタリングの仕組みやプロセスは次の通りです。

  1. 顧客に対して何か商品やサービスを提供する
  2. 顧客に代金(売掛債権)を請求する
  3. ファクタリング会社に売掛債権の買い取り依頼をする
  4. 事業主から売掛債権を買い取る
  5. 手数料を差し引いた金額の売掛金を事業主に支払う
  6. ファクタリング会社が顧客(売掛先)から売掛金を回収する

本来であれば数ヵ月後に手元に入る資金を僅か数日で調達できます

私は数日後に大きな支払いがあって困っていましたが、ファクタリングのお陰で何とか凌ぎ切ることができました。

支払いリスクを負わなくても良い

支払いリスクを負わなくても良いのは、中小企業にファクタリングが向いている理由の一つです。

ファクタリング会社と契約した時点で、売掛金が指定の銀行口座に振り込まれます。

取引先の財務状況が悪化して支払いできなくなったとしても、私たち利用者から請求されることはありません。

ファクタリングはとても便利な資金調達方法ですが、その代わりに手数料を負担する必要があります。

しかし、日本中小企業金融サポート機構は手数料が1.5%~10%と他社よりも低いのが大きなメリットです。

「既に取引先から入金されている請求書」「まだ実際に仕事が発生していない請求書」以外であれば、何でも買い取ってくれます。

なので、資金調達の悩みを抱えている中小企業の方はぜひ、相談してみてください。