「授業がツラい」そんな悩みから解放されます。

生徒全員が持っているスマホを活用することで、先生の負担の軽減と授業の質の向上を同時に実現

30日間無料で試してみる

こんな悩みはありませんか?

  • 教材研究に時間がかかり、いつも23時過ぎまで残業
  • 他の先生より余計に仕事を与えられて、仕事に追われる日々
  • 生徒指導や教育相談ばかりで忙しく、本来の授業に関する仕事が手に付かない
  • やることが多すぎて、休憩時間も無いし、給食も急いで食べる
  • 教材研究に時間がかかり、いつも23時過ぎまで残業

授業の準備にかける時間、授業後の処理にかける時間を大幅に短縮する方法があります。

ネットマンが現場の先生の声を取り入れながら開発したスマホを使った授業支援ツール「C-Learning」は、ITを最大限に活用することによって、ひとつの授業の前後の業務にかける時間を大幅に削減することができます。

 C-Learningを使うと… 


メニュー C-Learningを使う前 C-Learningを使うと
出席管理 クラス名簿に手書きで出欠を入れ、1ヶ月毎担当者に提出、その後で学校内で管理するエクセルシートに転記するためトータルで膨大な時間がかかってしまう。 生徒からスマホで出席をワンクリックで入力。遅刻や早退など、後から先生側での修正も可能です。事務担当と講義の共有をしておけば、作業なくタイムリーに出席状況を確認できます。
アンケート 理解度アンケートをとりたいが、配布・回収・集計に時間がかかってしまう。 事前準備なしにその場で1クリックでアンケートを開始できます。生徒は先生が公開したアンケートにスマホから即回答できます。その場で理解度チェックができ、記録として残せる。
小テスト 解答用紙を作成し、授業内で配布、回答後回収、そして1枚1枚を採点し、全体の点数を集計するだけでなく、次の授業で返却、全体の集計結果・模範解答・解説を作成し、印刷して配布と準備と実施に膨大な時間がかかる。さらに期末の成績をつける際にもすべてのテスト結果とあわせて個人別に集計する時間もかかります。 管理画面で小テストを簡単作成(印刷不要)です。授業中でも授業後でもテストを実施可能。採点・解説の共有は、学生の回答直後に画面で見られるます。さらに個人別のテスト結果はいつでも画面から見られ、集計が簡単にできます。

 C-Learningでできること 

手軽にパスワードを設定して、授業ごとの出席管理ができます。学生はスマホからすぐに出席完了。GPS機能を使えば、学生がどこから出席したかわかるので、代返を防止できます。

選択式とテキスト式の設問のアンケートが簡単に作成できます。回答結果は自動集計。その場で共有できます。匿名・記名式が可能なので学生も答えやすい。先生からコメントを返すこともできます。

簡単に小テスト管理ができます。合格点、制限時間設定可。画像や動画も連携できます。理解度の確認テストの活用はもちろん、解説文を充実させることで復習にも活用できます。

ファイル教材や資料を“すぐ公開・非公開”管理ができます。URLやDropboxにも連携可能。誰がいつ何を閲覧したか利用状況を確認できるので、学習指導に役立てられます。

スレッド別にファイルや動画を共有することができます。調べ学習の結果をクラス全体で共有したり、チーム別掲示板を作って授業の外のグループ活動を支援できます。

提出期限付のレポート課題を出題できます。成績管理はもちろん、添削を返すことも可能。未提出者の催促やファイル名一括リネームなど多人数のレポート管理が簡単にできます。

複数の設問の中からランダムで設定された設問数を、出題することができます。回答するたびに違う設問が出題されます。設問はとても簡単に作成することができます。

部活動、ボランティア、課外活動など、先生が設定したテーマに応じた活動履歴(目標、活動日付、活動内容、学んだことなど)が記録できます。先生からのコメントも追加できます。

学生へ一括連絡や個別連絡ができます。学生は先生へ個別相談が可能です。先生は相談対応状況が管理できます。

学生への一斉のお知らせに活用できます。 アンケートや小テスト、教材倉庫、協働板などのコンテンツ差込みが可能で学生トップ画面に通知。 掲載日時を指定して期間限定で知らせることも可能です。

学生の氏名、学籍番号を一元管理できます。学生のメールアドレスが登録されているかどうか、またそのメールアドレスが有効かどうかの到達確認も可能です。

上記の機能を利用することにより、大幅に授業の効率が上がります。

先生はパソコンで、生徒は専用のスマホアプリで上記の機能全てを簡単に利用できます。統一されたインターフェイスの中で、全ての機能が利用できます。授業の準備にかけていた時間、授業後の対応にかけていた時間、そして授業そのものの効率も大幅に改善されるため、先生は授業の中身について考える時間を取ることが今まで以上にできるようになります。


リリースから15年で15万人の利用実績

導入した先生の声

東北学院大学
松村 尚彦 先生

生徒からの質問の質に変化が

アンケート機能を使うことで多くの有益な質問が出るようになりました。学生が本当に聞きたい内容を中心とした講義に変えていくことができるようになっています。

石川県立大学
海老原 充 先生

成績下位の学生に大きな変化

これまでのC-Learning の利用を通して、成績下位の学生に対しての効果が顕著に表れていることが明らかになってきています。また、課題等をしっかりとこなし、明らかに自宅学習時間が増えました。

環太平洋大学
小野寺 剛 先生

リアルタイムに成績が把握できる

学生が欠席した時、レジュメのやり取りの手間が省け、また出席と小テスト状況を開示することで、学生自身の平常点を確認させることができます。

帝塚山学院大学
高橋 参吉 先生

課題に対する積極性が向上

協働板で課題の閲覧や評価を行っています。課題提出率が増しただけでなく、質も向上し、学生が課題に対して更に積極的に取り組むようになりました。

30日間無料お試し申し込み

下記フォームに必要事項を入力いただければ、2営業日以内に担当者より無料アカウントのご案内をいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信