N2 TRAINERSとは?

[New Nomal]
健康指導者が従来の「知識重視型」で生きていける時代は
もうすぐ終わります
しかし、プロとして知識はあって「当たり前」
その得た知識をどうマネタイズするかがこれからの鍵になる
プロとしての知識は当然ある
得た知識を活用して、新たなサービスを創出する
健康指導者はただ知識をストックする時代から、次世代へ!

−ONLINE TEAM−

■ONLINE会員■
〜応用は基礎の集合体〜
N2が考える「プロ」として必要な基本的な知識の学習

基礎解剖学講師 : 小笠原啓太
1・2週目 水曜 22:15〜23:15

基礎栄養学講師 : 山路達也
1・2週目 金曜 22:15〜23:15

確認テスト&解説 : 小笠原啓太・山路達也
3週目 金曜 22:15〜23:15



■ONLINE PLUS会員■
〜得た知識を現場で使う〜
ONLINE会員の学習内容に加え「知識の現場での活かし方」についての技術や指導を学ぶ

応用解剖学講師 : 東 佑亮
4週目 水曜 22:15〜23:15

応用栄養学講師 : ミナミヨシト
4週目 金曜 22:15〜23:15


[重要]
ONLINE開催のスケジュールの詳細は公式LINEより
申し込みいただいた受講生の皆さんにお知らせします

−1クール3ヶ月−

知識は一朝一夕で身につくものではありません
学習の習慣化を目的にもしていますので
1ヶ月のみの単発受講は受け付けないことにします

■ONLINE会員■
月額10,000円→入金額30,000円

■ONLINE PLUS会員■
月額15,000円→入金額45,000円

各クールごとにYouTubeで再生リストを作成しますので
参加できない場合や復習したい方は
そちらからいつでもご確認いただけます

すべての管理は公式LINEにて行いますので
登録・タグ設定手順は自動返信メールより確認ください


[重要]
この3ヶ月のカリキュラムをループさせるのではなく
この先どんどん先に進んでいきます
第2クール以降にご参加いただく方はそれまでの内容は
過去動画をご購入いただくか
ご自身で学習していただくことになります

【栄養学概要】
世の中に溢れている栄養学は厳密に言うと"栄養素学"です。
では栄養学とは一体どういうものなのか?方法論ではなく本質から学んでいきます。
栄養学の中でも基本中の基本となる栄養素学を3ヶ月かけて学んでいきましょう。


■10月テーマ■

『栄養の根幹を学ぼう』
栄養とは食べ物を食べて排泄するまでの過程を表します。
栄養を学ぶには、まず消化器系について理解を深める必要があります

1週目 : 消化器系とは
これから栄養を学ぶに当たって、消化器系の基本的な用語の理解を深めていきます。
筋や骨などの運動器はばっちりでも内臓系の理解があるトレーナーも少なく感じます。
この1時間でしっかりマスターしていきましょう!

2週目 :消化吸収の過程
消化酵素の簡単なお話から栄養素がどのような過程を経て体内に取り込まれるのか
消化から吸収にかけての過程をまずは三大栄養素を中心に確認していきましょう。



■11月テーマ■
『栄養素基本のキ〜その①〜』
五大栄養素について学んでいきます。
単糖類や二糖類、トリグリセリドの話からもうひとつ深く掘り下げて栄養素について考えていきましょう。

1週目 : 炭水化物
炭水化物はそもそもなぜ炭水化物というのでしょうか?
炭水化物の中でも糖質を中心に、摂るべきものと摂らざるべきものを考えていきます。

2週目 : 脂質
脂と油の違い、しっかりと理解できていますか?
脂肪酸の違いが私たちの体に及ぼす影響について考えていきましょう。
これ、12月の講義にめちゃくちゃ活きます。



■12月テーマ■
栄養素基本のキ〜その②〜
先月に引き続き五大栄養素について学んでいきます。
アミノ酸ってなに?ビタミンってなに?ミネラルって…という問いにまずはざっくり答えられるようになります。

1週目 : たんぱく質
アミノ酸20種類言えますか?
こんなのなかなか覚えられないですよね…
大丈夫、山路は1日で覚えました。
この機会にアミノ酸を覚えよう!

2週目 : ビタミンミネラル
ビタミン13種類、必須ミネラル16種類…
はい、これもこの機会に覚えちゃおう!
それぞれが体に及ぼす影響もしっかりと学んでいきます。

【解剖学概要】
運動指導者として避けては通れない筋、骨、神経を主軸として月ごとに部位テーマを決め、細かく学習を進めていきます。1週目は名称や作用、位置などを丁寧に確認し、2週目では関係する症例や動きに照らし合わせて考えていくことでより現場での対応力の向上を目指した内容となります。


■10月テーマ■
『各主要系統の基礎構造確認』
部位に入る前に全体像としての解剖把握とそれぞれの組織の大まかな構造を確認します。筋名や骨名だけ覚えるようなテスト用の勉強ではなく、まずは体の構成の全体像を掴むための内容となります。

1週目 : 骨、筋、神経などの基礎構造と働き
骨や筋など体を構成する組織それぞれがどのような構造をし、どのような役目を果たしているかを学習します。

2週目 : 関節、筋などの分類と違い
関節や筋など形状によって分類できるものの違いを学習し、それはなぜ体の構成において必要なのかを考えていきます。



■11月テーマ■
『足趾、足底の基礎構造』
体の土台は足底から。一番地面に近い位置で体を支える足趾や足底の構造を学び、ケーススタディとして外反母趾をとりあげながら正常と異常の構造差を学んでいきます。

1週目 : 足趾周りの構造確認
足趾や足底を構成する筋や骨などの名称、作用、起始停止を中心に確認していきます。

2週目 : 外反母趾症例での構造読解
外反母趾をケースに正常位置からどのように変異しているか、それはなぜか、などを1週目に学んだ基礎構造を確認しながら考えていきます。



■12月テーマ■
『足関節基礎構造』
足関節周りの構造を現場でよく見る踵骨の崩れを取り上げながら学習していきます。前月の足趾、足底の筋が関わる関節でもあるので、前月を振り返りながら繋がりを持って学べる内容となります。

1週目 : 足関節周りの構造確認
足関節を構成する筋や骨などの名称、作用、起始停止を中心に確認していきます。

2週目 : 内外反症例での構造読解
踵骨の位置変異をケースに周辺組織や構造の変化を1週目に学んだ基礎構造を確認しながら考えていきます。

申込フォーム

必ず自動返信メールをご確認ください
入金方法に加えて、公式LINEの登録・タグ設定手順を記載していますので、ご自身で設定をお願いします
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信