子どもの感性を楽しく伸ばす
出張型ピアノレッスン

~ぴあのっち~

こんなお悩みありませんか?

  • 子どもにピアノを習わせていけど近くにお教室がない
  • ピアノレッスンの送り迎えがなかなか大変
  • ピアノ教室が沢山ありすぎていったいどこのお教室を選んだらよいか分からない
  • 習ったはよいけど続くの?
  • ピアノを習っているけど子どもが楽しくなさそう
  • ピアノを習っているけど全く練習しない
  • ピアノレッスンの送り迎えがなかなか大変

そんなお悩みを解決させるたったひとつのこととは・・・

ずばり、『楽しさ』なんです!

なぜ楽しさなのか・・・?

私が小学校5年生の時の話です。

私は小学校5年生の時に転校することになったのですが、それがものすごく嫌だったんです。
なぜかというと、私が生まれ育ったところは横須賀の山の中にある小さな町だったんです。
幼稚園も2クラス、小学校も2クラスしかないところで、クラス替えをしても幼稚園からからみんな一緒だったので、もともと全員友達!という環境でした。

だから、小学校もこのメンバーで卒業してみんなで中学校に行くと思い込んでいた私は、突然転校しないとならなくなってしまった現実に追い付かなくなってしまったんです。

さんざん両親に駄々をこねましたが、

父の

『友達増えるよ!』

一言で、転校を決心したのです。

転校先は横浜。

横須賀の山の中育ちの私にとって、
『よ・こ・は・ま』
という響きだけでビビっていました(笑)

『分かった!転校する!』といった手前、両親に心配かけさせたくないという想いから、

『新しい学校で友達出来たよ!』
『新しい学校楽しいよ!』

と、まだまだ友達もできていない、新しい学校過ぎて右も左も分からない状態の時にこんなことを言っていたんです。

本当にそう思っていたら良かったのですが、私は自分に嘘をついてこういう発言をしていたので、ストレスが溜まっていました。

そのストレスのバランスをとってくれていたのが、
私の場合

『ピアノ』

だったんです。

小学校から帰ってきて寝るまでずっとピアノを弾いていました。
学校で嫌なことがあってもんもんとすることがあったけど、誰にも言えないときに、ピアノを弾いてストレス発散していました。

私にとってピアノはそういう存在だったんです。

そうこうしているうちに、中学生になるというところで、中学受験の話がとんできました。

『じゅけん・・・?』

私はピアノを弾くのは大好きでどれだけでも弾けるのですが、勉強は嫌いだったので、まったくやらなかったんです。
そんな私に『受験』のワードが出てくるとは。
かなり衝撃を覚えたのを今でも覚えています(笑)

しかしそこは私の両親。
勉強で私立の学校に入れるとは思っておらず、たまたま自宅から電車で通える距離の学校で『音楽科コース』のある学校を探してくれました。

私もピアノが弾ける学校だったら楽しそう!と思って受験し、合格。

やったー!と喜んだのもつかの間。
待っていたのはそれはそれは厳しい学校生活でした。

この音楽科コースのある学校は、中学生から音大に入ることを目的として入学してきている子だらけでした。
小学校の頃からばんばんコンクールに出で、グランプリを獲得している子だらけでした。


『ピアノが好きーーー』

だけで入学した私とは演奏スキルも音楽の専門知識も雲泥の差がありました。

テストを受けても常に最下位。
何度うけても最下位。

そんな環境に悩んで両親に相談しても、
音楽の仕事をしているわけではない両親からみたら全く分からない分野のことで、
『音楽のことは分からないから自分で考えて決めて』
と言われてしまう始末。

子どもながらに、分からないなら分からないなりに一緒に調べるとかしてくれてもいいじゃないか・・と寂しさを感じたのを覚えています。


そして、そんな寂しさを満たしてくれていたのが私にとってピアノだったんです。

そして、このままでは嫌だ!という持ち前のど根性で最下位から脱出すべく中高の6年間頑張り、一番上のクラスで卒業できるところまでいけました。

その頑張りの中には、大変だったり辛かったり、この壁は乗り越えられるのか?と思うこともあったのですが、
私の根っこにある、

『ピアノが大好き!ピアノが楽しい!』

という気持ちがあったから乗り越えられたのだと思っています。

ピアノだけではなく、どの分野でも、何をやっていても、その場所で突き抜けようとしたら必ず壁にぶち当たります。

その壁を乗り越えられるか、そうではないかは、この『根っこにある楽しさと好きかどうか』というところにかかっているのではないかと思っています。

だからぴあのっちのレッスンは、その子の楽しいと好きを引き出すレッスンがしたい、その子の可能性を伸ばすレッスンがしたいと思い、そんなレッスンをご提供できるように講師一同日々研修や現場で奮闘しています。

 私はたまたまピアノの道に進みましたが、ピアノを習っている子どもたちが全員ピアニストになったり、音大に行くわけではありません。 それなのに、こう弾かねばならないとか、こうしなきゃダメとかがありすぎるレッスンというのは、おかしくないかな?と思っています。 それよりも大切なのは、その子の中にある、楽しい!とかもっと上手くなりたい!という気持ちの根っこを育てることなのではないかと思っています。

子どもの頃のレッスン、楽しかったですか?

少し思い出してみて下さい。

小さかった頃に習っていたピアノのレッスン、楽しかったですか?
ピアノを弾くにはこうしなきゃダメ、ああしなきゃダメ、こう弾かないとダメ・・・とダメダメ尽くし(笑)

何事もそうだと思うのですが、なにかを極めようとしたり、一つのことを続けていると必ず壁にぶち当たります。
その壁を乗り越えられるのも、やっていることのベースに『楽しさ』がないとそこでつぶれてしまうのです。

ぴあのっちでは、この楽しさの根っこを育てるレッスンを行うことを目指しています。

ぴあのっちの楽しさの根っこを育てるレッスンとは?

オーダーメイド式レッスン

ぴあのっちでは、生徒様ひとりひとりにあったレッスンをご提供していきます。
ご自宅で安心して学べる
出張レッスン
生徒様のご都合に合わせてレッスンスケジュールを組み、定期的にご都合のいい時間にご自宅に訪問しますので、小さなお子さまも安心してピアノに親しんでいただけます。
『聴く』『歌う』『弾く』の
3ステップ
毎回のレッスンで、この3つのステップを行うことで、お子さまの感性をより豊かに育てていきます。
『聴く』『歌う』『弾く』の
3ステップ
毎回のレッスンで、この3つのステップを行うことで、お子さまの感性をより豊かに育てていきます。

【ポイント1】オーダーメイド式レッスンってなに?

ぴあのっちでは、生徒様おひとりおひとりに合ったレッスンを提供したいと考えています。

クラシックをしっかりと勉強したいのか、ポップスやJAZZが弾けるようになりたいのか、または両方できるようになりたいのかでレッスンのアプローチの方法が全く違ってきます。

同じテキストを使っていても10人いれば10人それぞれの進み具合があり、全員同じように理解し先に進むというのは正直難しいと考えています。

そこでぴあのっちでは、レッスンがスタートする前に必ず講師が親御様と生徒様と一緒に『どういうふうにレッスンを行っていくか』のご相談をし、生徒様が一番良い方法でピアノが上達するようなカリキュラムをご提案させて頂いています。

レッスンに関する疑問や練習方法など、どんな些細なことでも大丈夫です。
なんでもお気軽にご相談頂けると嬉しく思っています。

もちろんレッスンがスタートした後でも、レッスンの進捗具合をみてその時その時に一番合うレッスンをご提供いたします。どうぞご安心ください。

【ポイント2】講師が生徒様のご自宅に伺う出張レッスン!

ぴあのっちでは、講師が生徒様のご自宅に伺う出張レッスンというスタイルでレッスンしています。

働くお母様も一昔前に比べると格段に多くなってきている現代、お子さまのレッスンの送り迎えが大変というお声をよく耳にします。
普通の日でも大変なのに、雨や風の強い日、真夏や真冬はさらに大変と、そんなことが気になります。

そこでどうしたら親御様のご負担になりすぎず、お子さまのレッスンができるか考え、出張レッスンというスタイルでレッスンをご提供することとなりました。

ここでぴあのっちが考える出張レッスンのメリットをお話ししたいと思います。

【メリット1】先生が自宅にきてくれるので、送り迎えの時間がかからない。
【メリット2】自宅でのレッスンなので、レッスンの様子を間近で見ることができる。
【メリット3】レッスンの時間をお母様の時間として有効活用できる。

ということが出張レッスンの最大のメリットなのではないかと思います。

そして、メリットがあれば反対のデメリットもありますよね。
もの事良い反面があれば逆ももちろんあるので、マイス・ピアノ教室が考える出張レッスンのデメリットもお伝えしたいと思います。

【デメリット1】どんな先生が自宅に来るか不安。
【デメリット2】お教室に行かない分、習い事でのお友達ができにくい。

があげられると思います。
このデメリット1の『どんな先生が自宅に来るか不安』というのは出張レッスンでの一番ハードルが高い部分だと思うので、少しでもお母様方に安心して頂けるように、講師紹介ページをつくり、そこでマイス・ピアノ教室の講師をご紹介したいと思います。どうぞ楽しみにお待ちください。

長年子ども達の出張レッスンをさせて頂く中で、生徒様のお母様から、
『先生、お教室に通うスタイルだったら移動もなくて楽なのに、どうして出張なんですか?なんだか申し訳なくなっちゃって・・・』というお声も正直頂きます。

先程もお話させて頂いたように、働くお母様が増え、少しでもご負担を減らせる方法で子ども達もレッスンできるということを考えた結果、出張レッスンになったということがあるのですが、実はもう一つ理由があるんです。

すみません、白状すると私の事情もあるんです(汗)少しお話しさせて下さい。
私、お教室のレッスンもしていたことがあります。
なのですが、お子さまがレッスンに来てくれる時は、私のところに来てくれるので、来てくれたことが分かるから良いのですが、レッスンが終わって別れた後に物凄く心配になってしまうんです。

ちゃんと家についたかな?とか、帰りがけに怪我とかしなかったかな?とか、晴れてるときは良いのですが、雨が降っていたり、雪が降っていたりなんかするとこの心配が膨らんでしまって。
それを考えると私が生徒さんのお自宅に伺った方が良い!となり出張レッスンというスタイルになりました。
こんな事情もあり、出張レッスンなのです。

今気が付いたのですが、もしかしたら『先生が自宅にきてくれるので、お教室までのまでの行き帰りの危険がない』というのも出張レッスンのメリットになるかもしれません。

ぴあのっちの講師陣はこの想いに賛同し講師として活躍してくれているメンバーです。
生徒様のご自宅に伺うということは、生徒様のご家庭の生活の場に伺うということです。
講師として失礼のないように、マナー研修を行い、最高のレッスンをご提供できるように厳しい研修を乗り越えたメンバーです。

この先生に出会えてよかった、ぴあのっちでピアノが習えてよかった!とそう思って頂けるようにこれからも講師陣、スタッフ一同精進したいと思います。

【ポイント3】      『見る』『歌い・聴く』『弾く』の3ステップ!

ぴあのっちでは、『見る』『歌い・聴く』『弾く』という3ステップを大切にしています。

・STEP1『見る』とは?:鍵盤・音符・楽譜を見ること、そして講師がピアノを弾く様子を実際に見ることによって、目で見た情報を脳で記憶していきます。

・STEP2『歌い・聴く』とは?:歌うことにより、耳で音程を確認し、実際に声に出すことによって、音感やリズム感を体で覚えていきます。

・STEP3『弾く』とは?:STEP1、STEP2で学んだことを全て使ってピアノを弾くことにより、お子さまの五感をより豊かに育んでいきます。

ピアノは指をつかって演奏するので指だけ鍛えればよいと思いがちですが、実はピアノは全身を使わないとより良い演奏はできません。

レッスンでは、正しい体の使い方や表現力も同時に身につけていきます。

ぴあのっちのレッスンは、お子さまの『ピアノを弾く技術を伸ばすこと』はもちろん、ピアノのレッスンを通してお子さまの『感じる力・伝える力』を伸ばすことを目的とし、一人一人のお子さまにあったピアノレッスンを行っていうことをお約束致します。

ぴあのっちのレッスンの特徴としては、レッスンの中でピアノを弾く時間だけではなく、お子さまの聴く力(絶対音感)を育む聴音と、お子さまの歌う力を育てる歌唱の時間があるということです。

なぜ弾くだけではなく、聴音と歌唱がレッスンの中に入っているのかと言うと、聴音と歌唱を行うことで、お子さまの能力を総合的に育てることができ、総合的に能力が育つことでより高い演奏技術も身につき、さらにはお子さまの感じる力を育てることにも繋がっていくと考えているからです。

聴音と歌唱のレッスンを行う効果としては、聴く力が伸びることでお子さま自身が演奏している時の音により集中することができ、演奏のクオリティが上がる事、また、歌唱をすることにより、体を使って音楽を表現するということが出来るようになり、曲の表現がより豊かになる等があり、演奏技術を伸ばすレッスンのみを行うより、『見る』『歌い・聴く』『弾く』という3つの柱でレッスンを行うことで、よりお子さまの総合的な力を伸ばすレッスンを行うことができます。

ここまでお読みくださり本当にありがとうございます。

これまではマイス・ピアノ教室の特徴であったり理念のお話をさせて頂きました。
でもやはりレッスンをスタートするにあたり、『自宅にどんな先生が来るかわからず不安』というところはまだまだ解決できていないと思います。

そこでぴあのっちでは、ピアノレッスンをお申し込みいただく前に、必ず皆様に『無料体験レッスンというものをご受講して頂いています。

この無料体験レッスンは、担当の講師が実際にご自宅に伺い、お子さまに実際のレッスンを体験してもらうものとなります。ここで、講師とお子さまの相性や、レッスンの雰囲気を実際にお母様の目でご覧いただき、今後のレッスンをどうするかお決め頂く為の完全無料の体験レッスンとなります。

無料体験レッスンに伺う講師の選出は、ぴあのっち事務局の担当コンシェルジュがおこないます。
無料体験レッスンをお申込みいただいたのち、コンシェルジュよりご連絡申し上げ、お子さまのご様子などを伺い一番良い講師をご紹介させて頂きます。派遣させて頂く講師にご納得いただいた上で、無料体験レッスンのお日にちを決定いたしますのでどうぞご安心ください。

~お約束いたします~

ぴあのっちは以下2つをお約束いたします。

  1. ぴあのっちの無料体験レッスンをご受講いただいた後、派遣されてきた講師との相性が悪かったなどございましたら、3回まで別の講師で無料体験レッスンをご受講頂くことが可能です。
  2. ぴあのっちの無料体験レッスンをご受講したからといって、ぴあのっちにご入会しなければならないということは全くございません。過度なお教室への勧誘はしないことをお約束いたします。

生徒様・お母様からお手紙を頂きました


この講師がご自宅に伺います!~ぴあのっちの講師~

荒川 ゆかり先生
「ピアノに初めて触れるお子様でも大丈夫です!お絵描き感覚で音符を書いたり、歌
に合わせて手拍子をしてみましょう。
お子さまのペースに合わせて ピアノに入りますので ご安心下さい。

以前 ピアノをやっていたけど、ブランクが空いてしまって…と言う人も、少しずつ
思い出しながら、レパートリー曲を増やして行きましょう。弾きたい曲があったら
遠慮なく言って下さい。お手伝いをします!
笑顔になれる、また やって見たい !と思える楽しいレッスンをします。
ぜひ体験し
て下さい !


【出張可能エリア】
神奈川県: 厚木市、海老名市、座間市、大和市、相模原市
東京都:町田市
中村 聡美先生
はじめまして。講師の中村です。
私がお子様とのレッスンで最も大切にしている事は、ピアノで曲を弾けるようになることは勿論ですが、お子様自身が楽しみながら自分の長所を把握したり、感性を輝かせることが出来るようなお手伝いをすることです。
また、レッスンの内容と同じくらいに、お子様一人一人とのコミュニケーションを大切に捉え、楽しい音楽の時間となるよう心がけております。
皆様とのご縁を楽しみにしております。
【出張可能エリア】
東京都世田谷区・神奈川県川崎市高津区
齋藤 由貴(ぴあのっち)
はじめまして。マイス・ピアノ教室代表の齋藤由貴です。
ピアノが弾けるようになって嬉しい!レッスンが楽しい!そう生徒様にいって頂けるようなレッスンを心がけております。
生徒様にとって『ピアノが、音楽が一生の友になるように』日々のレッスンを大切にしたいと思います。
【出張可能エリア】
現在レッスン満席の為新規生徒様の募集は受付けておりません。
申し訳ありません。
キャンセル待ちのご対応をさせて頂いておりますので、レッスンご希望の方は事務局までお問い合わせください。
派遣可能エリア
関東エリア
東京
23区、多摩地区、八王子市、立川市、町田市
神奈川県
横浜市、横須賀市、藤沢市、厚木市、海老名市、座間市、大和市、相模原市

千葉県
八千代市、我孫子市
千葉県
八千代市、我孫子市
中部エリア
愛知県
名古屋市
関西・近畿エリア
大阪
兵庫県
神戸市・宝塚市
随時エリア拡大中♪まずはお問い合わせください。

まずは無料体験レッスンで実際のレッスンを体験してください!

【無料体験レッスンの流れ】

1. 下記体験レッスンお申し込みフォームよりお申し込み下さい。
2.ぴあのっちコンシェルジュよりご連絡致します。(お電話でもメールでもどちらでも対応させて頂きます)
※この時にお子さまに一番あった講師をご紹介させて頂く為、親御さまとヒアリングのお時間を頂いております。
※ヒアリングののち無料体験レッスン日時の決定を致します。
3.無料体験レッスン当日まで楽しみにお待ちください。

こういったお悩みにもお答えいたします!

Q1.練習しない子どもに怒ってしまい、子どもと毎回バトルになってしまう。。。どうしたら練習して!と言わなくても練習してくれるんだろう。
Q2.出張レッスンで先生が自宅にきてくれるのは良いけど、そもそも自宅にピアノがない。
ピアノがなくてもレッスンできるの?
Q3.ピアノのレッスンをはじめたは良いけど、ちゃんと続いてくれるのかしら?
Q4.発表会ってあるのかな?
Q5.先生の出張費って別途かかるの?
Q3.ピアノのレッスンをはじめたは良いけど、ちゃんと続いてくれるのかしら?

ぴあのっちの想い

ぴあのっちが大切にしていることは、子どもたちの
「感じ、受け止め、表現する力」を育てるということです。
音楽に限らず、絵を描くことやものを創ること、また不思議だ
な、何でだろうと思ったことを言葉にして人に伝えたりするこ
とも表現にはすべてその人の感性が深く関係しています。

自分が何を考え、どんなことを感じたのか、自分自身がわか
ることで、人の気持ちに気づき、より良い人間関係(コミュニ
ケーション)を作ることができます。

子どもの頃から感じる力、
自分で気づき考える力を養うことが、子どもの「生きる力」を
育てるために大切なことだと思っています。

ぴあのっちは、ピアノを通して「豊かな感性」を育
て、子どもたちが未来に向かって力強く生きていく一助になれは幸いです。
会社概要
会社名 株式会社アニマート
会社設立 2015年9月3日
代表取締役 齋藤由貴
会社所在地 〒192-0373                                       東京都八王子市南大沢1-23-9プランドール206
お問合わせ

https://www.myth-musics.com/inquiry
株式会社アニマートHP https://www.animato-musics.co.jp/
マイス・ピアノ教室HP https://www.myth-musics.com/
株式会社アニマートHP https://www.animato-musics.co.jp/