情報が、簡単に取れる時代にはなったからこそ

 マイホーム関係の様々な情報サイトが溢れ、スマホやパソコンから、たくさんの情報を手に入れられるようになりました。

 そして簡単に手に入る分、たくさんの情報をどのように整理すればいいのかが分からないという声も出てきました。

絶対に満足したいマイホーム計画。
だけど……。

 情報は多いに越したことはありませんが、3つのことに注意しないと、その情報は無意味なもの、というより場合によっては危険なものになる可能性があります。

1、整理された情報であること
 ⇒ただの情報過多では、満足な選択は出来ません

2、情報の全体像を知ること
 ⇒売り手側にメリットあるよう限定された情報の可能性もあるので、情報が出ていく流れをしることが必要です

3、売り手側の意図を知ること
 ⇒時には客観的に見る目が必要です

 これらを、人生初めての経験となるマイホーム計画で正しく判断していくのは、なかなか難しいことです。

 だからこそ、マイホーム購入者のミカタが必要になります。


新築マンション、新築建売、中古戸建、中古マンション、土地購入の際の絶対的事実

 それは、現品限りだということ。

 他の買い物と違い、同じ条件、同じ品質のものを、他の人と同じように手にすることは絶対に出来ないという事実があります。

 じっくり検討したいのがマイホーム。

 しかし、自分の知らない他の同じようなニーズを持った人がそれを購入すると、まったく同じものを購入することは出来ません。

 すべて現品限りであるということが、他の買い物と大きく違うところです。

 中には、現品限りという現実をもとに、売り手側から焦らされることによって、十分な検討をすることなく購入してしまい、「こんなはずではなかった」という不満に残念ながら陥ってしまう方もいます。


売り手主導にならざるを得ない現実

 私たちが買い物をする際、例えば電化製品を購入する際に、商品を製造している側(いわゆるメーカー)から直接セールスされることはありません。

 小売店や販売店の方、つまりどのメーカーの商品が売れてもいいセールスから購入します。

 例えばパソコンを購入しに行ったら、パソコンごとにそのメーカーのセールスの人が立っていて、「当社のパソコンはこんなに素晴らしいんです」とそれぞれ話を聞いて購入することになるとしたら、とても選びきれないでしょう。


 しかしマイホームの場合は、時にはメーカー側から直接セールスされます。
 注文住宅の場合は確実にそうなりますし、その数は電化製品のメーカーの比ではありません。

 そういう初めてづくしの経験だからこそ、売り手側の言いなりで進んでしまうこともあるのです。


最適最善の計画にたどり着く

 マイホーム検討の際に必要なのは、「どれ」を選ぶか、よりも、「どう」選んでいくのか。

 プロセスが非常に大事になります。

 ミカタと進めていけば、価値観の見える化やライフプランを考えた資金計画、優先順位の洗い出しや絞り込みなど、売り手側のペースによらずに事前準備をしっかりと整えた上でマイホーム計画を進めていくことが可能です。

 味方と見方を学んでいくことが、最適最善の計画への第一歩です。


 さらに、時には同時並行の計画も可能です。

 新築と中古の同時並行や、マンションと戸建の同時並行など、価値観や優先順位によっては、同時並行した方が満足に繋がることも多くあります。

 商品が絡む売り手側だと、別の選択肢を一方的に否定し、同時並行で進めることなどさせてはもらえません


 特定の商品に偏らないミカタだからこそ、価値観、条件、資金計画などを踏まえた、最適最善の計画にたどり着くのです。

検討が買い手ペースでスムーズ

 その物件を売ることが役割となる売主側の業者と違い、購入者にとってメリットがあるか、不利益に繋がりそうなところはないかを、購入者の味方としてアドバイスすることができます。

 特定の商品に縛られる場合は、デメリットになる部分はなかなか伝えてもらえません
 商品から離れて、購入者の側に寄り添う立ち位置だからこそ、伝えられることがあるのです。


 しかも、ネット情報をもとに個別に問合せをして、売主側の業者と直接やり取りするような煩わしさもなくなります。

 窓口がミカタに一本化されるので、その都度あちこちに連絡したり、後追いの営業電話がかかってくることもなくなり、検討の時間を有効に活用することができます。


 さらに情報を一元化できるので、前後の検討も踏まえながらその都度プロの視点からのアドバイスを受けることができます。
 つまり以前の物件との比較に関しても、プロからのアドバイスが受けられるので、検討がスムーズになります。

トを下げることも出来る

 マイホーム計画では、様々な周辺工事があります。

 たとえば、カーテンやエアコン、外構、家具などがそれにあたります。

 知らず知らずのうちに、売り手側業者の言いなりで進めてしまうこともしばしば。
 言われるがままの選択肢では、それが本当に良かったかどうかすら、購入者には判断できません。

 本当はもっとコストを抑える方法があったのに、それを知らないばかりに損をするということがあるわけです。
 かといって、自分たちであちこち調べて回るのもなかなか大変だったりします。

 ミカタがいれば、必要な選択肢を示すことができます。
 言いなりで進めるのではなく、時には比較しながら進めていくことも出来るわけです。

 必要なのは選択肢です。

 納得しながら進めていくために、そして無駄な経費が削れる道を示しながら価値ある選択肢を示していけるのも、ミカタの役割であり、価値です。

マイホーム購入者のミカタがいたから

 当初注文住宅を検討していましたが、理想と現実のギャップなどにも目を向けていきながら、焦点を絞っていく中で、何を優先すべきかがはっきりとしてきました。
 結果的に新築建売住宅を購入しましたが、お願いしていなければ、もっと遅くなっていたでしょうし、手に負えなかったかもしれません。
 同時並行の検討が出来たことが、私たちにとってはスムーズに進んだ一番の要因です。
福岡市早良区 M様
 買い物にはとことんこだわる方ですが、土地購入からの住宅会社選び、その他周辺工事などの家づくり全般において、不満が見当たらないというのが、私たち家族にとっては本当にすごいことです。

 途中のアクシデントもありましたが、住宅会社任せだったら解決出来なかったでしょう。
 味方がいつもいてくれて、本当に良かったです。
福岡市東区 R様
 初めてのことで知らないことが殆どでしたが、予測された通りにコトが運んでいきました。
 だから不安なく、安心して進めることができました。

 工事中のトラブルがあった時も、アタフタとしている住宅会社と違い、適切に対応や対策を指示してくれたおかげで、結果的に満足できる形で収まりました。普通だったら泣き寝入りだったでしょうね。

 専門家が味方についていることが、こんなに心強いものだと、あの時特に感じました。
太宰府市 T様
 売り手側の言われるがままに進んでいた土地購入。
 あのまま行くと、土地か建物のどちらかが、不満ということになりかねませんでした。

 夫婦で価値観の共有をしながら、優先すべきポイントを明らかにすることで、土地も家も満足のものが手に入りました。

 知らないということは恐ろしいということを改めて感じましたし、初めての経験の中では知らないことが当たり前で、ブレインの重要性を強く知りました。
福津市 D様
 漠然と「購入出来たらいいね」と考えていた矢先にセミナーに参加させて頂き、目標が明確になりました。
 それから三ヶ月後にはマイホームを手に入れられていたわけですから、本当に不安なく、スムーズに進んだと思います。

 全体的な費用なども検討する物件ごとに出して頂いたので、体感支払額を確かめながら検討出来ました。素人では分からない部分の比較が出来たので、あれも安心材料でしたね。
久留米市 I様
 買い物にはとことんこだわる方ですが、土地購入からの住宅会社選び、その他周辺工事などの家づくり全般において、不満が見当たらないというのが、私たち家族にとっては本当にすごいことです。

 途中のアクシデントもありましたが、住宅会社任せだったら解決出来なかったでしょう。
 味方がいつもいてくれて、本当に良かったです。
福岡市東区 R様
マイホームの購入に必要な見方と味方

これなくして、満足な住まい選びは難しいです。


情報が多すぎて、かつ誰でもたくさんの情報を手に入れることができる。
しかもそのほとんどが、売り手側にメリットのある情報。

そうやって、売り手の意図するように、検討させられていることもある。

それを避けるように検討しようとしても、
初めての経験だからこそ、自分たちだけでは、
結局何が正しいのかが分からずに、
他の選択肢を知ることなく進んでいくこともあります。



見方が変われば満足度か変わります。

見方が変われば、無駄が無くなり、

スムーズに計画が進み、

費用の無駄が無くなり、

安心度も増します。



そして専門的な味方がいれば、

見方が変わります。



是非、ミカタを手に入れてください。

お問合せ

資料のご請求、ご質問など、お気軽にお問合せくださいませ。

初回面談(1時間程度)は無料です。
ただし、福岡市近郊から久留米市近郊以外の場合は、別途交通費を頂戴いたします。
詳しくはお問い合わせくださいませ。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

マイホーム購入者のミカタ
ハウジングストーリー


業務内容:マイホームプロデュースと購入者専門不動産あっせん
(新築戸建、中古戸建、マンション、建売、リフォーム、外構等のプロデュース)

代表:香月敬民

電話:092-287-8197
FAX :092-510-0875
mail:katsuki@housingstory.jp

HP  : https://www.housingstory.jp
FB  : https://www.facebook.com/housingstory