◎一般的に言われていることは
 果たして正解なのでしょうか??

Q
今の家賃と今住宅購入のために毎月貯めている分がローン返済額の目安とあるサイトに書いてありました。
A
今の支出がずっと続き、現在、子どもの教育費や老後のために別途貯蓄をしている家庭ならば、それで問題ないと言えそうです。
しかしそうでなければ、教育費や老後のお金を作ることができないので、過大なローン金額になる可能性が高いと言えます。
Q
住宅ローンの返済額は年収の25%以内と言われていますが、本当ですか?
A
今の支出がずっと続き、現在、子どもの教育費や老後のために別途貯蓄をしている家庭ならば、それで問題ないと言えそうです。しかしそうでなければ、教育費や老後のお金を作ることができないので、過大なローン金額になる可能性が高いと言えます。
当然ながら今後の収入の伸び幅も働く業種や各個人で違いますからあくまで目安でしかありません。
Q
うちは共働きですが、夫婦両方の年収は見込まない方がいいとあるサイトに書いてありました。妻の年収も考えないとかなり選択肢が狭まってしますのですが。。。
A
まだ子もなく、今後奥様が働くわからないという場合は年収を見込まない方がよいと思いますが、そうでない場合は入れても問題ないかと考えます。やめない覚悟が決まっていれば、就業不能の状態に備えておいたり、貯蓄を増やすことができれば問題ないと思います。
Q
マンションの方が買いやすいですよね?
A
何をもって買いやすいというかですが、生涯の収支で考えた場合、管理費や駐車場代が別途かかる分、一戸建てを買うよりもローン金額を低くしなければいけません。むしろマンションの方が負担は大きくなりがちと考えておいた方がよいです。
Q
今の家賃と今住宅購入のために毎月貯めている分がローン返済額の目安とあるサイトに書いてありました。
A
今の支出がずっと続き、現在、子どもの教育費や老後のために別途貯蓄をしている家庭ならば、それで問題ないと言えそうです。
しかしそうでなければ、教育費や老後のお金を作ることができないので、過大なローン金額になる可能性が高いと言えます。

ライフプランシミュレーションとは?

ライフプランシミュレーションとは、今の収入、支出や将来の収入の展望などをお聞きし、車はどうしたいか、お子様の進路は私立か公立か、旅行は・・・など、希望するライフイベントを数字に落とし込んでいきます。
そしてそのプランで老後まで一生涯にわたってお金は問題ないかを判断するものです。

住宅の購入金額は今の希望で問題がないかを把握することができます。

また、シミュレーションをすると、住宅以外にも老後のお金など今後どのようなおお金が必要となり、それをどのように貯めていくかや必要な保険のことなどいろんなことがわかってきます。

プロから見てどうしたらいいか、これを改善点として提案していきます。
そして改善点を反映させたライフプランシミュレーションを作成し、住宅の購入総額はいくらくらいが妥当かを提案をするツールとなります。

費用:マイホーム購入支援パック
25,000円(税込)

内容

面談とその交通費(通常5,6回)
ライフプランシミュレーション資料4セットまで
改善の提案書・改善策の実行支援・
業者紹介や住宅ローン火災保険の選定等

相談の流れ

STEP

1


お申込み・ご予約

事前にご予約をお願いします。
面談場所は、ご自宅に伺うか、
弊社のオフィス(たまプラーザor東京茅場町、詳細はHPをご覧ください)にきていただくか選んでいただけます。

STEP

2

初回面談

初回相談は主に現状や考え方、希望などをヒアリングさせていただきます。これを基に資料を作成し2回目面談に進みます。
もちろんすぐに答えられることはその場で答えますが、予算はいくらかなど、シミュレーションを作ったうえで答えるべきものは2回目以降の面談で回答します。
(もしここで私と話が合わないなどありましたら2回目に進まなくて結構です。費用もいただきません。)

STEP

3

2回目面談

資料を作成して参りますので、シミュレーション結果や改善策のご説明をいたします。その際に何か変更点などありましたら変更後シミュレーションを作成します。変更に関しては後日お申し出いただいても対応いたします。
また改善策等の実行がありましたら3回目以降でお手伝いしていきます。

STEP

4

3回目以降面談~購入まで

3回目以降面談はそれぞれの状況に応じます。シミュレーションの変更は随時行いますし、また改善策実行のお手伝いをいたします。
また、住宅購入に関してはお得に購入できる業者の紹介や資金計画、ローンの金融機関選定、火災保険の選定まで必要に応じてお手伝いいたします。
平均の回数は5~6回程度ですが、人によってはもっとかかることもあります。(常識の範囲内なら追加料金はいただきません)

STEP

5

購入後

購入後は、住宅ローンの団体信用生命保険加入による保険の見直しや、住宅支出の確定により貯蓄計画が立てやすくなります。
これらの立案、実行援助を行っていきます。

STEP

6

アフターサポート

随時ライフプランシミュレーションの見直しや、運用をされている方はその進捗の確認など、必要に応じてサポートいたします。(シミュレーションの作成は有料)

STEP

1


お申込み・ご予約

事前にご予約をお願いします。
面談場所は、ご自宅に伺うか、
弊社のオフィス(たまプラーザor東京茅場町、詳細はHPをご覧ください)にきていただくか選んでいただけます。

相談場所はご自宅へ訪問もしくは
以下の場所になります。

横浜相談所

横浜市青葉区新石川3-5-1-202
東急田園都市線たまプラーザ駅徒歩4分

東京相談所

東京都中央区新川1-17-22松井ビル2F(㈱ライフゲート内)
東京メトロ東西線日比谷線徒歩5分、半蔵門線水天宮前駅徒歩7分

お客様の声

横浜市T・S様

横須賀市Y・K様

川崎市K・I様

川崎市K・M様

東京都S・K様

横浜市T・K様

事務所紹介

FCTGファイナンシャルプランナーズ
代表 土屋 ごう

1981年 神奈川県生まれ。静岡県賀茂郡河津町にて育つ。
法政大学文学部史学科出身。
会計事務所にて相続税コンサルティングや会計税務コンサルティング、個人のファイナンシャルプランニング業務に従事後、FPを志し、保険会社へ転職。
内部から保険会社の営業姿勢を見て、真に相談者の役に立ち、公平なFPになるには独立するしかないと決意し、独立。
その気持ちを忘れず、営業第一ではなく、真のお客様の代理人となり、気軽に頼ることができるファイナンシャルプランナーを目指し個別相談を中心に日々活動中。
実務の中で、家計が苦しくなる1番の原因は過大な住宅ローンであると気づき、近年特に注力している。
個別相談実績300世帯以上。講演実績はSBI証券や楽天等のマネーセミナー講師、確定拠出年金投資教育講師等。
保有資格はファイナンシャルプランナー(CFP®)、二種証券外務員資格、日商簿記2級等。
2014年日本FP協会「くらしとお金のFP相談室」相談員
HP=http://www.fctg-fp.net/

マイホーム購入支援パック
25,000円(税込)

内容

面談とその交通費(通常5,6回)
ライフプランシミュレーション資料4セットまで
改善の提案書・改善策の実行支援・
業者紹介や住宅ローン火災保険の選定等