ミャンマー不動産タイムシェア事業
説明会

【名古屋説明会】 
 10/22日【開始時間】13:30 〜
   10/30日【開始時間】14:00 〜
【大阪説明会】 
 11/5日・13日・20日【開始時間】14:00 〜

【東京説明会】
 10/29日 【開始時間】14:15 〜
 11/6日・18日・25日【開始時間】14:15 〜

以後も開催予定あり
参加費
無料

今すぐ申し込む

海外投資に興味のあるあなたへ

小資本からの不動産投資
ミャンマーは今、住居不足
大手日本企業も続々進出
タイムシェアは新しい投資
成長著しい経済にチャンス
旅行好きにもお薦めな投資

投資額6万円からの小資本不動産投資が可能!

今回BH(ブルーハウス)では不動産デベロッパーとして海外での不動産投資を日本でも行われているタイムシェアという方法を使い、1日当たりの使用権を会員様に宿泊施設の利用権として提供しご購入頂けます。 また、ご購入の使用権を使用しない場合には運用益の分配を受け取れるとってもオトクな仕組みを構築しております。

こんな方が対象です

    • 海外投資に興味がある方、
    • 海外投資について相談したい方
    • 資産運用の分散をお考えの方
    • 実際うまくいかなくて困っている方
    • 海外の宿泊をお得に、豪華にしたい方

ミャンマーの不動産事業の魅力をご紹介

現在、ミャンマーは皆さんがご存知のように 軍事政権から民主化に変わり海外からの貿易を始め日本からも多くの企業が 進出しています。
新聞、メディアでもよく目にすることが増えた国です。
最近では JCB が参入したり、キリンが一番搾りで市場拡大。 ミャンマー全土の免許を NTT コミニケーションズが ミャンマー運輸局・通産省から同国全土を対象とする法人向けインターネット 接続サービスの事業免許を取得したと発表がありました。
イオンは、8,6 億の資本でミャンマーに合弁会社を設立し展開を始めます。 三菱地所は 600 億の資本でマンション等の施設を建設していく旨の発表もされ ました。

こういった情報はまだまだ多く発表されています。
現在、ヤンゴン(ミャンマーの都市)では日本から駐在員やミャンマーで日本 企業からの出向での方々のみではなく居住される方の住居スペースが足らない 状況であります。

ミャンマーの平均月収は日本円で約 8,000 円に対しヤンゴン市内では ローカルアパートで$400〜$1500 サービスアパート面とで$2000〜等日本と変わらない現状です。 尚且つ家賃の支払いは1年分を先に払うという契約が常識となっており オーナーにとっては滞納で悩むようなことのない契約になっています。

そこで
今回、BH(ブルーハウス)は不動産デペロッパーとして 海外での不動産投資を日本でもある形式のタイムシェアという方法を使い
1 日辺りの権利を会員様で宿泊サービスの提供として購入できるようにし、尚且 つ使用しない場合でも、運用益をお支払いしていく形を取っていく予定です。

全てを文章ではご説明できないため宜しければ会社主催の事業案内にお越し頂 ければ幸いです。

開催スケジュール

日程・開催都市
名古屋 2016年10月22日(土) 13:30~ 残席わずか
名古屋 2016年10月30日(日) 14:00~ 残席わずか
大阪 2016年11月  5日(土) 14:00~ お早目に!
大阪 2016年11月13日(日) 14:00~
大阪 2016年11月20日(日) 14:00~
東京 2016年10月29日(土) 14:15~ 残席わずか
東京 2016年11月6日(日) 14:15~  お早目に!
東京 2016年11月18日(金) 14:15~
東京 2016年11月25日(金) 14:15~
大阪 2016年11月20日(日) 14:00~