事業資金融資は審査が甘いって本当?

さまざまな理由で事業資金の融資が可能か審査してもらう人がいます。事業資金には複数の種類があり、それぞれで特徴が異なります。今回は事業資金の種類、融資時の審査が甘いという情報が本当なのかを見ていきましょう。

事業資金の種類

事業資金融資は目的に応じた融資先を選ぶ必要があります。こちらでは、事業資金の種類について見ていきましょう。
 
・起業資金
名前の通り、会社を興すための資金です。開業資金という呼び方をするところもあります。起業資金の場合、会社自体の実績がないので、資金調達先が限られてきます。基本的に事業資金は会社の実績などに応じて融資するかしないかを審査してくれるものです。真っ白状態なので、融資をしても大丈夫なのか事業計画書などもしっかり作っておかないといけません。
 
・設備資金
設備資金は事業に関する設備の導入費用などに使われます。どんな企業であっても、設備資金は比較的金額が大きくなる傾向があるので担保を必要とするところがほとんどです。その担保の価値に応じて融資が受けられるかが決まります。
 
・運転資金
つなぎ資金とも言われるものであり、例えば収入が半年先になるけどその半年間をつなぐための費用を求めている場合などに使われます。収入や入金が確定している状態で融資を受ける企業が多いため、他のふたつと比較すると審査が甘いという噂があります。

事業資金はどうやって調達するべき?

事業資金と言っても、金額が大きくなるだけで普通の融資とさほど変わりはありません。こちらでは、事業資金としておすすめされている資金調達方法について見ていきましょう。
 
・不動産担保ローン
所持している不動産を担保にして融資を受ける方法です。不動産担保ローンは価値が高ければ高いほど融資を受けられる金額も増えていきます。大きな金額を求めている場合は、不動産担保ローンがおすすめです。
 
・ビジネスローン
無担保や無保証で融資しているビジネスローンも手軽でおすすめです。法人の場合は、代表を連帯保証人にする必要がありますが、個人事業主や自営業者は普通のカードローン的な感覚で融資を受けることができます。
 
・手形割引
手元に手形があるなら、金融機関に買い取ってもらって現金を手に入れる方法があります。若干割引されてしまうけれど、手軽に現金を手に入れられるのでおすすめされています。

悪質な融資業者に注意しよう

事業資金を求めている人は、すべてではありませんがなるべく早めに融資をしてもらいたいと思っている人も多いでしょう。そういった心理を突かれて悪質な業者に騙されてしまう人もいるのです。こちらでは、悪質業者に騙されないためのポイントを見ていきましょう。
 
・登録業者か
貸金業者は営業許可を得ないといけません。公式サイトを見れば登録番号が必ず記載されています。この番号がサイトに記載されていない場合は無許可で行っている可能性があるので気をつけましょう。
 
・法定内の金利であるか
ヤミ金と呼ばれる業者は法外な金利で貸し付けを行ってきます。これは違法であり、実際に借りる段階で金利がおかしいと思ったら融資を断るようにしてください。
 
・店舗があるか
悪質業者の場合、サイトなどに住所が書かれていても実際は空き地だったり雑居ビルの一室だったりと実態がない場合が多いです。悪質なことをする業者は、すぐに逃げられるように実体のない店舗を持っていることがほとんどと言われています。実際に住所を調べてみて、しっかり目に見える店舗などを持っているか確認してください。

事業資金融資は審査が甘いって本当?

インターネットなどで検索をすると事業資金融資の審査は甘いという言葉が出てきます。果たしてその噂は本当なのでしょうか。
 
・中小企業は審査が甘いと言われている
大手の金融業者ではなく、中小消費者金融の方が審査も甘いと言われています。金額によっては即日融資を受けられる場合もあるようです。この理由は大手は常に申込者が多いため、コンピューターによる自動診断を取り入れています。その結果、本審査になる前に落とされている場合があるのです。中小消費者金融はそういったものは取り入れていないところが多いため、審査が甘いと言うことになっているのでしょう。
 
・中小消費者金融は人の手で信用情報を確認する
コンピューターによる分別がない分、人の手ですべて確認を行っています。人と人が接するので総量規制に引っかかっていない場合は、若干難しいステータスの人でも融資を受けられる場合があるのです。
 
・ブラックリストに入っていても借りられる?
基本的にブラックリストに入っていると、融資を受けられる確率はほとんどありません。しかし、中小消費者金融の場合はブラックリストに入っていても融資を受けられる可能性があると言われています。

事業資金について詳しく知りたい人は、こちらをご覧ください。

まとめ

融資は「借金」なので、返済能力があるとみなされなければ融資は受けられません。
ただ、先述したように中小消費者金融の場合は多めに見てくれる部分もあるようです。
あくまでも、総量規制に引っかからない部分に関してということは覚えておきましょう。