こんな生きづらさを抱えていませんか?

  • 毎日が特に理由はないけど生きづらい
  • 嫌われるのが怖くて、いつも自分を犠牲にしてしまう
  • 常に人の顔色ばかりを伺ってしまう
  • 人との距離感が分からず、良好な関係が築けない
  • 気を使いすぎてしまい、ストレスが溜まる
  • 毒親に育てられたので、自分を愛する、大切にすることができない
  • 自分に自信が持てない
  • 恋愛依存で、相手に対して不安や嫉妬が強く安心感が得られない
  • 自分の気持ち、感情が分からない
  • 自分の居場所がどこにもない、孤独感を感じる
  • トラウマを克服できない自分を責めてしまう
  • 嫌われるのが怖くて、いつも自分を犠牲にしてしまう

生きづらさが生まれる原因とは?

あなたが抱えている生きづらさの原因は、過去の家庭環境、親子関係によってできたしまった、心の傷、トラウマが原因です。


例えば、


・毒親に育てられた。

・虐待をされて育った。

・親にいつも罵声を浴びせられた。

・愛してほしかったのに拒絶された。

・兄弟が病気で、親は看病につきっきりで、いつも寂しい思いを我慢をしていた。

・親自身が病気がちで、子供らしくいられず、いつも親の代わりをしていた。


このような辛い家庭環境、親子関係で育ってしまうと、心には沢山の傷、トラウマが生まれてしまいます。


そして、
多くの方が過去にできた心の傷、トラウマを癒せずに今も抱えたまま大人になってしまいます。



癒すことができなかった心の傷、トラウマは、社会に出ると生きづらさ」となってあなたの目の前に現れます。


心の傷、トラウマを放置しておくと?

辛い家庭環境でできた心の傷や、トラウマを放置してしまうと人生は、とても辛いものになってしまいます。


例えば、

親から罵声を浴びせられる、拒絶される心の痛みを体の痛みに例えるなら、


「子供を出産する痛みと疲労感」
に匹敵するというデータがあります。


つまり、過去の心の傷、トラウマを思い出すたびに、出産する痛み、疲労感を心で感んじているということです。

更に、トラウマを抱えている人は、そうでない人に比べ、早く老化するということも分かっています。

トラウマを放置してしまうということは、たびたび出産する痛み、疲労感に襲われ、心がボロボロになるだけでなく、身体的にも老化してしまう。

確実に、あなたの心と体の両方にダメージを与え、むしばんでいるんです。

このような痛み疲労感を経験すると、

わざと、相手に嫌われる行為をして、相手が自分から去っていくように仕向けてしまう。



人から拒絶されることを恐れ、拒絶する前に自分から距離を置いたり、先に拒絶することで、自分が傷付かない選択をします。


人によっては、


自ら心に麻酔を打ち、二度と痛みを感じないように、感情をマヒさせ、何事もなかったかのように生きる人たちもいます。
ですが、
感情をマヒさせても心の傷、トラウマが消えて無くなるわけではありません。


そのためいつもどんよりとした疲労感を抱えています。


感情をマヒさせたままでは、生きづらさは拭えず、一生その生きづらさを抱え、人生を生きることになってしまいます。

このような人生になってしまわないよう、『1日も早く、心の傷を癒し、トラウマを克服したい!』


そう思いませんか?


僕自身、
子供時代の家庭環境に傷付き、トラウマを抱えたまま20年以上、生きづらさを抱えて生きてきました。

 
その経験と、心理カウンセリング(心理療法)を合わせて創り上げた、

 
【プライオリティ自分軸カウンセリング】があなたの人生に必ずお役に立ちます。

プライオリティ自分軸カウンセリング

一般的なカウンセリングでは、
いきなり心の傷、トラウマと向き合わされることがあります。


心の傷、トラウマと向き合うことはとても勇気がいることです。


無理に向き合うことで、向き合えない自分を責めてしまう。


カウンセリングを受ける前よりも、苦しみを抱えてしまう方も多くいらっしゃいます。
プライオリティ自分軸カウンセリングでは、心の傷、トラウマで疲れ切ったあなた自身の心をしっかり癒していきます。


心を癒したら、再び、心の傷、トラウマを抱えないように、「心の守る方法」をお伝えします。


ご自宅、出掛け先など、カウンセリング以外の時間で、無理なく簡単にできる方法を一緒に創り、日常生活で実施して頂くことを大切にしています。

ステップ1、
心を癒すことで、

心の傷、トラウマの痛みから解放されます。

そしてステップ2、
心を守る方法を知ることで、

心の傷、トラウマが増えることを防げます。

そして最後はステップ3、
「自分軸の心を育てる」です。


心の傷、トラウマを抱えたまま大人になった人の多くは、心の成長が止まっています。
心を育てるためのエネルギーを全て、傷を癒すため、なんとか自分を守るために使い果たしてしまうからです。


なので今度は、親から受けた心の傷、トラウマ、そんな「他人軸」に人生を支配されない。


そんな心を育て、まずはあなた自身が幸せになる、「自分軸の心」を育てましょう。


自分軸の心が育てば、今まであなたが失ってきた、または奪われた時間を取り戻すことができます。


そして、本来あなたが幸せになるはずだった未来を取り戻すことができます。


今まで誰よりも辛い思いをしたあなただからこそ、必ず誰よりも幸せになります。
「自分軸の心」が育つことで、癒されながら、心の傷、トラウマを乗り越え幸せになれる。


これがプライオリティ自分軸カウンセリングです。

お客様の声

「親を許せないと私は幸せになれない」H.S様(30代女性)

親を許したいのにずっと許せませんでした。


今までいろんなカウンセラーさんにお世話になりましたが、どのカウンセラーさんも「親を許すことが大切です」といいます。


「許せない私が悪いの?」


そんな思いを抱えたまま、早川先生のカウンセリングを受けました。


カウンセリングで先生は、

「許せないなら許せないままでいい、許せないままでも、幸せになれますよ」


この言葉が私に希望をくださいました。


おかげさまで今は、親から自分を解放し、私の幸せを手にすることができました。


本当にありがとうございます。

「アダルトチルドレンの人生にした親が憎い!」K.K様(30代女性)

「親子としての関係性は変わらない、でも一人の人としての関係性は変えられる」

そんなこと今まで考えたことありませんでした。


親には親の、私には私の人生がある。


「親としてみたら、尊敬もできる部分もある、だけど一人の人としてみたら嫌いな部分も、価値観が合わないところもある」


でもそれでいいんだ。


そう思えたら心が楽になり、あんなに憎かった親のことを自然に許せるようになっていました。


ありがとうございます。

「ループからようやく抜け出せました」S.Y様(40代女性)

私自身、親子関係で悩み、
様々なカウンセリングを受けました。


ですが話しを聞いて頂き、インナーチャイルドワークというものを行い、終わる。


苦しいときに行うと一時的には、
心の苦しさが取れました。


そして苦しくなったらまた行う。


なんだか病院で苦しくなったら
薬を飲んで、一時的に症状を抑える。


そしてまた苦しくなったらまた病院へ。


みたいな感覚がずっとありました。


ですが、早川先生のカウンセリングでは、インナーチャイルドワークに加え、再発しない方法も教えてくださいました。


それがなんとも新鮮でした。


これからもよろしくお願い致します。

カウンセラープロフィール

プライオリティ自分軸カウンセリング


心理カウンセラー
早川一平(はやかわ かずへい)


幼少期

秋田県秋田市生まれ。
母と、精神病持ちの父の3人家族。


幼少期は、
両親共にギャンブル好きで仕事が休みに日は家にほとんどいない。


家にいても、
精神病持ちの父の顔色を常に伺い、機嫌を取り、子供らしくいられない。


そんな居心地の悪い環境で育つ。

  
小学時代

小学1年のとき、ギャンブルの借金が理由で両親は離婚し、父親との生活が始まる。


小学6年になった頃、父の精神が限界を向かえ、一緒に暮らすことが難しい状況になる。


そして、当時すでに再婚していた母と再婚相手に引き取られ、小学校も転校し、新しい生活をスタートさせる。

  

中学生時代

校、新しい父親、全てが新しい環境のストレスから、全ての対人関係に強いストレスを感じてしまう。


そして、
中学に入学するも慣れない環境に、いつも気を使い、同級生、上級生の顔色を常に伺ってしまう。


次第に、
毎日学校に行くこと、家族との時間に居心地の悪さ、生きづらさを感じるようになる。


そんな生活に3ヶ月余りで心が限界を向かえ中学卒業まで、不登校を経験になる。


不登校になり、数ヶ月後、精神病持ちだった父が死んだという知らせを受け、大切だった人を失う恐怖に襲われる。


その更に数ヶ月後、母と再婚相手はギャンブルの借金が理由で再び離婚するも、母も再婚相手の後を追うように家を出ていってしまう。



不登校になり数ヶ月で、
大切な人を失う恐怖と、大切な人に捨てられる、拒絶された、絶望感に心が感じたことのない痛みに襲われてしまう。


その後、中学を卒業し、定時制高校に入学する。


高校生時代

なんとか定時制高校に入学し、友達はできるも、「大切に思えば父のように失ってしまうかもしれない」その恐怖から、心を開くことができない。


更に、
拒絶されることで感じた心の痛みを再び味わいたくないから、全て相手に合わせてしまう。


そんな自分の思いを隠しながら、騙しながら高校生活を過ごし、社会人になるも様々な問題に襲われることになる。


社会人時代

社会人になり介護職で働くも、
同僚、上司の顔色を常に伺い、機嫌を取り、自分の意見や思いではなく、他人の思い、意見に合わせてしまう。


親や、友人にしてきた行動が社会の中では、「自分の意見がないやつだ」と思われてしまいうまくいかない生きづらさを感じる。


4年ほど働いたのち、
愛知県に引っ越し、スポーツジムで働くも新しい問題に苦しむことになる。


お子さんのスイミングスクール、運動スクールを指導することになるも、親子の笑顔を見ているだけで、胸に激しい痛み、吐き気に襲われる。


そんなことが何度も続き、仕事を休むこともあった。


対人関係、親子の笑顔を見るだけで起こる体調不良に悩み、生きづらさに耐えきれなくなり、人生で初めて心理カウンセリング(心理療法)を受けました。


そのカウンセリングを通して、
僕はアダルトチルドレンであり、生きづらさの正体は、親子関係の末にできた心の傷、トラウマだったことが分かったのです。


そしてカウンセリングを通して、心の傷、トラウマを克服すると、体調不良も嘘のように無くなりました。


そして生きづらさも少しずつ、確実に解消されていったのです。


現在

「親子関係でできた心の傷、トラウマを抱えたまま、僕のように大人になり、そして人生に生きづらさを抱えた生きている人が沢山いる」


このような方の力になりたいと思いから心理カウンセラーになりました。


僕自身の経験、心理療法を組み合わせ、癒されながら、心の傷、トラウマを乗り越えられる。


プライオリティ自分軸カウンセリング】を行っている。

お試しカウンセリング

 現在、全てのカウンセリングは、オンライン(ZOOM )で行っております。
 
遠方の方でもお気軽にお申込みくださいね。

 毎月5名様限定価格です。

すぐに枠が埋まってしまいますので、お早目にお申込みください。

よくあるご質問

  • Q
    心の傷、トラウマと向き合わないとやはり幸せにはなれないのではないでしょうか?


    A
    問題と向き合うことで余計に辛いようでしたら、それは『今』のあなたにはうまくいかない方法です。

    なので、向き合わなくても幸せになる道を探し、歩んでみることが大切です。

    心の傷、トラウマを乗り越えた人は、心の傷、トラウマを乗り越えたから幸せになったのではありません。

    心の傷、トラウマを抱えたままそれでも諦めず人生を歩き、幸せを手にした人たちなんです。

    そして幸せになった自分から、過去を振り返ることで、心の傷、トラウマは自分を支える糧になっているんです。
  • Q

    私の家庭はとくに毒親でもなく、これといったトラウマも思いつきません。ですが生きづらいのはなぜなんでしょう?


    A
    自分にとって当たり前だった家庭のルール、価値観は他人から見たら普通ではないことが多いものです。

    そして実は傷付いた経験があったとしても、心に麻酔を打ち、感情をなるべく感じないようにしてしまう方もいます。

    ですが次第に麻酔は切れていくと、痛みや症状は再び現れます。

    あなたの生きづらさは麻酔が切れかけている合図かもしれません。


  • Q

    ZOOMを使うのが初めてなのですが設定はサポートして頂けますか?

  • A
    はい!
    お試しカウンセリングとは別日にサポートさせて頂きますので、初めてでもご安心くださいね。
  • Q

    私の家庭はとくに毒親でもなく、これといったトラウマも思いつきません。ですが生きづらいのはなぜなんでしょう?


    A
    自分にとって当たり前だった家庭のルール、価値観は他人から見たら普通ではないことが多いものです。

    そして実は傷付いた経験があったとしても、心に麻酔を打ち、感情をなるべく感じないようにしてしまう方もいます。

    ですが次第に麻酔は切れていくと、痛みや症状は再び現れます。

    あなたの生きづらさは麻酔が切れかけている合図かもしれません。


あなたの人生を生きませんか?

「心の傷、トラウマと向き合って克服したら、幸せな人生を待っている!」


僕も心の傷、トラウマで悩んでいた頃、毎日そう思って生きてきました。


でも心の傷、トラウマと向き合い、克服できない自分を責める毎日。


ですが分かったんです。


「心の傷、トラウマに初めから無理に向き合う必要はない。」


心を癒し、心を守る方法を身に着け、自分軸の心を育て、そして自分自身を幸せにする。
そうすることで、自然と心の傷、トラウマを克服することができます。


これを読んでくれているあなたが、心の傷、トラウマと向き合い、うまくいっていないなら是非一度、当カウンセリングにお越しください。


心を癒し、心を守り、自分軸の心を育て、癒されながら、心の傷、トラウマを乗り越え、あなたの幸せな未来を歩みませんか?