Welcome to this page...
税の専門家が相続税の税務調査について紹介するページです。
相続税に関する基礎知識をまとめました。

Writer profile


都内で働く税理士だったが、趣味の旅行・冒険好きが高じて、世のため人のため
もっと人の役に立てるようにと税の世界の研究・勉強の旅に出る。
好きなこと:旅行、読書、面白いTシャツ集め

相続税の税務調査の基礎知識、まとめました。

相続税の税務調査の基礎知識

不動産などの財産を相続した場合、相続税の税務調査を受けることがあります。
国税庁の報告を見てみると、税務調査の対象になるのは国民の約2割です。
納税額が高い富裕層や多額の金融資産を相続した人、
申告した書類のレベルが低い人は調査の対象になりやすい傾向があります。
申告書は機械にかけて間違いなどをチェックしますが、計算に不備があると
調査の対象になることがあるので注意が必要です。
税務署は富裕層を把握しています。
不動産やスポーツカーなどの高級車を購入した人や
国債の保持者をチェックし、独自の管理システムに情報を蓄積します。
蓄積したデータの中から調査対象の資産額を予想し、
実際の申告書と予想の差が大きい場合は税務調査の可能性が出てきます。
相続税の申告書は第1表から第15表まであります。
税理士に手続きを依頼している場合は、第1表に税理士の名前が入ります。
税理士の名前がない場合、税理士をつけずに自己申告をしたことになるので調査の対象になることがあります。
世の中には相続税の申告が必要なのに申告しない人がいますが、無申告者も調査が入りやすいです。
税務の調査では申告の内容が正しいかを調査しますが、
税務調査が行われた場合は申告漏れを指摘される可能性が大きくなります。
これまでの申告漏れ件数の割合を見てみると、約8割の確立で申告漏れが見つかっています。
納税者に納税義務があることは広く知られていますが、税務の調査に応じる義務もあります。
調査を受ける場合は、事前に財産についてよく把握して関連する必要書類を用意しておきます。
調査が入りやすい時期は、申告してから半年から2年の間の春か秋です。
春だと4月から5月、秋だと9月から12月頃が調査が多い時期になります。
調査には任意調査と強制調査の2種類ありますが、ほとんどは任意調査です。
任意調査に法的な拘束力はなく、申告した内容を確認するために行われています。
強制調査は法的な拘束力があり、書類の押収や操作が行われます。
任意調査を受ける場合、調査官には質問検査権があります。
納税者は正当な理由がなく検査や質問を拒むことができないので、聞かれたことには素直に答えます。
調査の当日は午前中から調査が開始され、午後に終了します。
納税者が玄関を開けると、税務署員が身分証明書を提示するのでしっかりと確認を行います。
税務調査が終わると事実関係を把握して問題があれば確認をします。
申告漏れが見つかった場合は、速やかに修正申告書を提出しておきます。

税務調査専門の税理士法人エールは、税務調査で不安なあなたをサポートします。

税務調査専門の税理士法人エール

もっと知りたい、という方へ。

知っていますか?相続税で税務調査が入る基準

相続税において気になることの1つは税務調査ですが、その基準もまた把握しておくことが大切です。
基本的に、調査が行われる切っ掛けは主に2つで、
それは申告書の内容に間違いがあるか、嘘をついている可能性が疑われる場合です。
最初に機械的にチェックが行われ、そこで間違いや嘘の疑いが発生すると、
調査能力を使って申告書の内容を更に詳しく調べます。
相続税の申告書は、税務署に提出した後に機械に掛けられ、計算内容の正確さが確認されます。
申告書に細かな記入欄があるのはこれが理由で、機械に読み込ませる必要があるからです。
税務調査が発生するとしたら、この時点で計算ミスの発覚があったときに、税務署のチェックを経て精査に進みます。
時間が掛かる税務調査では、複数の手順を踏んでチェックが行われ、
段階的に申告書の内容が確かめられます。また、税務署は権限が大きく調査能力にも優れているので、
間違いや嘘があれば調査が行われ次第簡単に発覚します。
税務調査が入る基準は、特に明確には決められていませんが、
申告内容と実態が大きく掛け離れていたり、悪質と判断されれば優先的に調査される恐れがあります。
相続税の調査のタイミングは申告を行った翌年か、翌々年の8月から11月頃です。
この時期に税務署から連絡があれば、調査の対象となった可能性が高いです。
逆に、11月を過ぎて何もないとしたら、調査される恐れはかなり小さいといえるでしょう。
勿論油断は禁物ですが、いわゆる徴収権は5年で無効になりますから、
5年以上前の申告に関する調査が行われることはまずないです。
ただし、嘘や不正がある場合は別なので、心当たりがあるなら自ら申告した方が良いです。
相続税の税務調査対策は、申告内容を精査してから申告を済ませるのが基本で、
漏れや間違いがないように気をつけることです。
嘘はいうまでもなくリスクを大幅に引き上げますから、間違い以上に避けるべき注意点となります。
より具体的に対策を進めるのであれば、これまで調査を受けた割合が小さい、
信頼できる税理士に相談して相続税の申告を行うのが理想的です。
税理士選びは数字が絶対的な基準となるので、実績が豊富で実力に優れる、
そういう頼れる存在を味方につけることが重要です。
税理士なら誰でも良いわけではなく、書類の作成能力や対策のノウハウに違いがあるので、
やはり経験を積み重ねている実力派が必要です。信頼に足る専門家をそばに置いて、
念入りに精査して作成した書類の提出を済ませれば、調査の対象に選ばれる恐れは格段に減ります