子供をグングン伸ばしながら

最高の家庭をつくる
魔法のことばトレーニングプログラム


自分やキャリアを犠牲にしがちな
お母さんのための
アドラー心理学×教育学×言語プログラム
です。

プログラムの主旨

  • 「好きで結婚したのに、
     なぜこんなに合わないんだろう?」

    「世界で一番大切なわが子なのに、
       なぜこんなにイライラするんだろう?」

    あなたは、
    このように悩んだことはありませんか。

     

    何をどう言えば、私たち夫婦は、私たち親子は、
    最高の家庭がつくれるんだろうとも。

     

    「ことば」は、
    私たち人間だけに与えられた恩恵です。

     

    私たちは、「ことば」を使って、
    奥深く、複雑な意思疎通もできます。

     

    たった一言の「ことば」が
    最高の人生に導いてくれることがあります。

    大切にしたい相手との仲を
    より親密な関係にもしてくれます。

     

    一方で、ことばによって、相手を傷つけ、
    一生会えない関係になることもあります。

     

    そういう意味で、ことばは魔法です。

     

    ことばは、私たちの内側から発せられるもの。

     

    表面上のことばだけ“良いもの”に変えても、
    発声法を変えても、


    私たちの心がぐちゃぐちゃで、イライラしたままでは、
    魔法にはなりえないのです。

     

    あなたが、もし今、
    歯をくいしばって自分を犠牲にして、
    時にイライラをまき散らし、


    辛くて夜な夜なキッチンで泣いて、
    家族のためにご飯を作っているとしたら、

    まずは、そんなあなたの心に向き合いませんか?

  • 【子供をグングン伸ばしながら最高の家庭をつくる
       魔法のことばトレーニングプログラム】は、


    【アドラー心理学×教育学×言語】を組み合わせ、

     

    自分を犠牲にして泣いているお母さんが、
    自分を取り戻し、


    子供をグングン伸ばしながら、
    最高の家庭をつくることを目的としたプログラムです。

  • 【子供をグングン伸ばしながら最高の家庭をつくる
       魔法のことばトレーニングプログラム】は、


    【アドラー心理学×教育学×言語】を組み合わせ、

     

    自分を犠牲にして泣いているお母さんが、
    自分を取り戻し、


    子供をグングン伸ばしながら、
    最高の家庭をつくることを目的としたプログラムです。

こんな悩みを抱えたお母さんのためのプログラムです。

  • 夫とケンカばかりで、建設的な話が全くできない。

  • Noが言えずに、人の仕事まで引き受けてしまい、
    結局自分の首を絞めてしまう。

  • 人にお願いができず、ストレスがたまる。

  • 子育て中に、持ち帰った仕事のことを考えてしまい、
    子供との時間を楽しめない。

  • 家にストレスを持ち込んで、家族に爆発してしまう

  • 子供にもっとしっかり勉強して成績も上げてほしくて、
    口うるさく言って、かえってやる気をそいでしまう。

  • 子供に先回りして、アレコレ言ってしまい、
    後で申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

  • 他のお母さんがキラキラして見える。
    自分だけは子育てを楽しめず、それが辛い。

  • 本当は仕事も楽しくしたいし、
    夫や子供とも、笑顔で穏やかな時間を過ごしたい。

  • 人にお願いができず、ストレスがたまる。

このプログラムでこんな効果が期待できます。

  • 家庭が平和になるので、仕事への集中力が一層高まります。

  • 子どもを信頼して見守ることができるようになり、子供がのびのびと能力を伸ばせる土台を作ります。

  • 子供が好きなことに集中して打ち込めるようになり、苦手なことへのチャレンジもできるようになります。

  • 親の気をひこうと、上の子が下の子をイジめることがなくなり、兄弟バランスよく接することができるようになります。

  • 何もしなかった夫が協力的になり、家事・育児のささいなことも話し合いができるようになります。

  • 夫と理解しあえるようになります。

  • 子供の勉強を見る時、指示や命令ではなく、質問をして能力や可能性を引き出すことができるようになります。

  • 他のお母さんと自分を比べて落ち込むのではなく、自分のいいところを自分で認められるようになります。

  • 家族と協力しながら、自分のしたいことにもチャレンジできるようになります。

  • 子供が好きなことに集中して打ち込めるようになり、苦手なことへのチャレンジもできるようになります。

受講してくださった方の声

(こちらは、前段階のプログラムをうけてくださった方の声です)

子供が可愛いと思えなかった自分から、
今では、子供も夫も大切にして、
大好きな仕事も充実しています。

大学非常勤講師 Hさん(30代)

育児を「苦しい」「辛い」しか思えず、子供が可愛いとも思えず、
イライラしてばかりで、罪悪感でいっぱいでした。
社会から後ろ指を指されそうで、正直な気持ちを誰かに言うこともできませんでした。
そんな時に優子さんに話を聴いてもらいました。

自分を犠牲にしないで好きな仕事をすること、子供への接し方、夫との接し方を学び、
実践を積み重ね、うまくいかないときも、細やかなサポートをしていただきました。

前は子供に「ダメ」と言ってばかりでしたが、
今では子供と一緒に楽しくキッチンに立つ時間もあります。

話半分にしか聞いていなかった夫の話もよく聴くようになり、
とても優しい気持ちで家族を迎えられるようになり、
以前の自分を思うと、不思議な感覚です。

罪悪感からも解放されました。
今では、自分の専門を生かし、大学での仕事も充実しています。

VOICE

子供を怒る回数がガクんと減り、
家庭のギスギスした空気がガラリと良くなりました。
受講が、新たな人生のターニングポイントとなり、
新しい仕事を始めました。

産後ケアインストラクター 小嶋千恵さん(30代)
https://ameblo.jp/4214chie777/

3女を出産後、子供との関係がぎくしゃくしてうまくいかず、
悩んでいました。私は、自分の思い通りに相手を従わせたい気持ちが強く、
子供の些細な言動にいちいち怒ってばかりいました。

イライラをぶつけては、家庭の中が、ギスギスした空気になり、
子供たちは私の顔色を伺っているようでした。

 

優子さんのところで、学びを深めたことで、子供のことが理解でき、
落ち着いて子供に問いかけたり、見守ったりできるようになりました。
ケンカや、怒る回数は、3、4割も減ったと思います。

 

人と自分を比べて落ち込むことも減りました。たとえ落ち込んでも、
「時にはそんな自分だって、いてもいい」と思えるようになりました。

 

優子さんと一緒に学んだことが、【産後ケアインストラクター】という新たな仕事に
挑戦するターニングポイントにもなりました!


VOICE

言わないことが美学だと思っていたけれど、
6年間も我慢していたことが夫に言え、
ピリピリムードの家庭が、笑顔に変わりました。

主婦 Tさん(30代)
私は、「言わないことが美学」だと思って、夫に言いたいことも言えず我慢し、
気づいたら6年も経っていました。
何から何まで、一人で抱え込む日々でした。

6年の間に不満がたまり、関係は悪化し、
「夫はお金をくれる”ATM”だと思えばいい。」
「いつか離婚しよう。」とネガティブなことばかり考えていました。

でも本当は、夫と仲良くしたい・・・それが本音でした。

講座を受け、勇気を出して、私の思いを夫に伝える背中を押してもらいました
そのことがきっかけで、夫と分かり合えるようになりました。

夫との会話の仕方も学び、それまで、1人で頑張っていた子育てを、
夫と協力してできるようになりました!

夫と子供たちの距離は驚くほどグンと縮まり、
話し合って協力する私たち夫婦の姿を見る子供たちの嬉しそうな顔が、
今、家庭の中にあります。


我慢しては、家族にイライラをぶつけ、家庭内がピリピリしていましたが、
仲の良いパパとママを見て、子供たちも笑顔が増えました
VOICE

子供を怒る回数がガクんと減り、
家庭のギスギスした空気がガラリと良くなりました。
受講が、新たな人生のターニングポイントとなり、
新しい仕事を始めました。

産後ケアインストラクター 小嶋千恵さん(30代)
https://ameblo.jp/4214chie777/

3女を出産後、子供との関係がぎくしゃくしてうまくいかず、
悩んでいました。私は、自分の思い通りに相手を従わせたい気持ちが強く、
子供の些細な言動にいちいち怒ってばかりいました。

イライラをぶつけては、家庭の中が、ギスギスした空気になり、
子供たちは私の顔色を伺っているようでした。

 

優子さんのところで、学びを深めたことで、子供のことが理解でき、
落ち着いて子供に問いかけたり、見守ったりできるようになりました。
ケンカや、怒る回数は、3、4割も減ったと思います。

 

人と自分を比べて落ち込むことも減りました。たとえ落ち込んでも、
「時にはそんな自分だって、いてもいい」と思えるようになりました。

 

優子さんと一緒に学んだことが、【産後ケアインストラクター】という新たな仕事に
挑戦するターニングポイントにもなりました!


VOICE

このプログラムはこのように進みます。

STEP1

あなたの現状を把握し、悩みの整理をするカウンセリング

専用のシートを使いながら、あなたの仕事、ご夫婦関係、お子さんとの関係を詳しくお伺いし、本当はどうだったら良いのか?何が今の問題を引き起こしているのかを探っていきます。これまで誰にも言えなかった辛い気持ち、自分を責める気持ちなども吐き出し、悩みを整理します。

 STEP2までの期間、自分のメガネワークシートで、夫、子供、仕事など、周りの人への不満や思いを全て書き出すワークをしていただきます。また、家で、イライラや不満を減らす視点の変え方についての動画レッスンも見ていただきます。

STEP2

ずっと頑張ってきた自分を認め、自信を取り戻すカウンセリング

また、自分のメガネワークシートであぶりだされたあなたの気持ちを改めてお話しいただきます。その時に起こる小さな反省(心の変化)のタネをもとに、相手の気持ち(メガネ)を想像し、本当は相手とどうしたかったのかを行動リストに書き出していただきます。この行動リストを振り返り、自分では気づけない心や行動のクセを探ります。

子供、夫、仕事場の人など、周りの人と笑顔で穏やかに暮らすために必要なのは、自分も大切にすることです。あなたは、自分を大切にできていますか。その点について、お話を伺い、これまで辛くても頑張ってきたこと、乗り越えてきたことの中から、自信を取り戻し、今後本当にしたいことは何か、穏やかでいるためにどんなことをしたいか、についてワークなどを通し、理解を深めます。

STEP3

関係がグンと良くなる!聴くトレーニング

心地よい人間関係の第1歩は、良い聴き方をすることです。「聴く」ロールプレイイングで、どうしたら、夫や子供といい関係が築けるかを体に覚えさせます。また、自分は我慢して他人の愚痴を聴き続ける傾向のある方には、無理なく聴いて、心地よく人間関係を築く秘訣も知っていただきます。

 関係がグンと良くなる!聴き方の動画レッスンで確認しながら、家に帰って、夫や子供の話をどのように聴いたか、シートに記入して、自分が家族や周りの人と会話をしているときのクセなどを再度、自分で把握していただきます。

STEP4

爆発を8割減らすアサーショントレーニング

爆発を8割減らすロールプレイイングで、相手にストレスなく伝えるコミュニケーションの方法を身に付けます。ロールプレイイングを通して、自分が、どんな場面で、どんな相手で、どんな状況の時に、ストレスを感じ、家族に爆発してしまうかも把握していただきます。自分も相手も大切にし、良い関係を築くために、相手に伝えること、伝えないことを選ぶポイントについて、主に、アドラー心理学、アサーションの理論を通して学んでいただきます。そして、実際にご家庭や職場でも練習して、自分が我慢しすぎたり、相手を踏みにじったりすることなく、お互いを大切にしながらコミュニケーションを取れるという自信をつけていただきます。これまで怖くて言えなかったことも、サラッと感じよく言えるようになります。

 

STEP5

子どものやる気、可能性、能力を引き出すお母さんになる言語トレーニング

あなたの気持ちが落ち着き、夫や周りとの関係も穏やかになり、変化が現れる時期です。そうなって初めて、お子様の勉強面をサポートする土台ができたといえます。ここでは、特にお子さまの勉強面について、現状や、あなたのお気持ちをお伺いします。その上で、「宿題しないとゲームさせないわよ」という脅かしや、友達と比べて子供を傷つけたりすることなく、「叱る」「提案する」「お願いする」方法を身に付けていただきます。

そして、子供のやる気や強みをのばしていけるような会話、勉強に対するフィードバック、声かけを身に付けるトレーニングを行います。専用のシートを使ってお子様のタイプや傾向を把握し、その子の特性に合った言葉を選んでいただきます。お子さんが、学ぶことが好きになり、集中力を発揮できる時間や勉強法なども、必要に応じて提案いたします。子供のやる気を引き出すために、どんなお母さんでありたいかについて、理解を深めます。

STEP6

家族関係をより良好にし、子どもがグングンのびる環境を創る言語トレーニング

日常会話の中でさりげなく、楽しくゲーム感覚で、子供の、説明力や、考える力を伸ばすためのお母さんの質問力を身に付けていただきます。これも、お子さんの特性に合った方法を選びます。

また、STEP1でお話しいただいた自分の理想の状態も改めて振り返り、理想のどの地点に自分はいるか、気持ちに変化はあるか、など自分について深く理解していきます。その上で、社会生活の基盤である家族関係をよりよくするために、自分はどうしたらいいか、考えていただきます。

STEP2

ずっと頑張ってきた自分を認め、自信を取り戻すカウンセリング

また、自分のメガネワークシートであぶりだされたあなたの気持ちを改めてお話しいただきます。その時に起こる小さな反省(心の変化)のタネをもとに、相手の気持ち(メガネ)を想像し、本当は相手とどうしたかったのかを行動リストに書き出していただきます。この行動リストを振り返り、自分では気づけない心や行動のクセを探ります。

子供、夫、仕事場の人など、周りの人と笑顔で穏やかに暮らすために必要なのは、自分も大切にすることです。あなたは、自分を大切にできていますか。その点について、お話を伺い、これまで辛くても頑張ってきたこと、乗り越えてきたことの中から、自信を取り戻し、今後本当にしたいことは何か、穏やかでいるためにどんなことをしたいか、についてワークなどを通し、理解を深めます。

【子供をグングン伸ばし、最高の家庭をつくる魔法のことば
トレーニングプログラムの概要】

  • 月に1回(1回2時間)の対面セッションを6回。
  • 7か月間の継続プログラム
    (対面セッション6ヶ月+セッション終了後、1ヶ月のフォロー)

  • 会場:東京・栃木
  • 価格:280,000円
  • 会場:東京・栃木
check!

参加特典

①週に1回、フォローアップワーク(メール)を通して、前に進むサポートを受けていただきます。

②セッションとセッションの合間に、理解を深め、効果を高めるための動画レクチャー&ワークを受けていただきます。

③期間中、メールによるご質問を無制限にお受けいたします。返信は基本的にメールですが、複雑な内容の場合は、動画でお答えすることもあります。

④STEP6終了後、1か月間、メール(場合によっては動画)によるフォローをいたします。再度、日常生活で浮かんできた疑問や新たな課題にも前向きに取り組んでいただきます。

よくあるご質問

Q遠方ですが、ZoomやSkypeでも受けられますか?
AZoomやSkypeにも対応いたします。
遠方の方、海外にお住いの方には、オンラインでのセッションを行います。
Q体験セッションはありますか?
A体験セッションをご用意しています。
プログラム内容を知っていただくため、また、私との相性も感じていただくため、
体験セッションをご用意しています。
Q体験セッションはありますか?
A体験セッションをご用意しています。
プログラム内容を知っていただくため、また、私との相性も感じていただくため、
体験セッションをご用意しています。

体験セッションのご案内

体験セッション 価格

個人体験セッション90分

8000円
プロフィール

北村 優子

言語教育カウンセラー
9歳、2歳、2児の母。
  • 19年間、大学などで4000コマ以上の授業を担当。国内、海外で、のべ数千人の学生の教育に携わる。出産後、小さい子どもを預けて働くことの罪悪感に悩み、“亭主関白”を理想とする夫との意見の食い違いで夫婦喧嘩が絶えない時期が2年も続く。

    これを何とかしようと、カウンセリングやアドラー心理学を学び、険悪な夫婦関係が一気に改善。

  • 子育ての罪悪感も解消する。また、これまでずっと「No」が言えなかった自分も変えようと自己も他人も尊重しながら意見を伝えるアサーションも学び、全ての人間関係が劇的に変わる。そして、これらの経験と学びが「働きながら子育てする女性」全てに役立つと思い、プログラムを体系化する。
  • 現在、宇都宮大学、拓殖大学にて言語を教える非常勤講師の他、行政や病院で、教育関係者、対人援助職などを対象に、アドラー心理学、アサーションのコミュニケーション講座や研修を担当。

    個人クライアントには、教育関係者、士業、セラピスト、講師など、キャリアを持つ母親が多い。「専業主婦のストレスから解放された」「ずっとやりたかったカウンセラーの仕事に就けた」など、家族を大事にしながら好きな道に進めたという声多数。

    今後もキャリアを持つ女性が、家庭も仕事も大切にしながら活躍できる社会をつくることが目標。広島大学大学院教育学研究科言語文化教育学専攻(教育学修士)、産業カウンセラー、マインドマップアドバンスプラクティショナー、アドラー心理学勇気づけトレーナー

  • 現在、宇都宮大学、拓殖大学にて言語を教える非常勤講師の他、行政や病院で、教育関係者、対人援助職などを対象に、アドラー心理学、アサーションのコミュニケーション講座や研修を担当。

    個人クライアントには、教育関係者、士業、セラピスト、講師など、キャリアを持つ母親が多い。「専業主婦のストレスから解放された」「ずっとやりたかったカウンセラーの仕事に就けた」など、家族を大事にしながら好きな道に進めたという声多数。

    今後もキャリアを持つ女性が、家庭も仕事も大切にしながら活躍できる社会をつくることが目標。広島大学大学院教育学研究科言語文化教育学専攻(教育学修士)、産業カウンセラー、マインドマップアドバンスプラクティショナー、アドラー心理学勇気づけトレーナー

著書・論文・学会発表

(共著)
【主な論文】
●日本語学習者の読解に関する研究 – 中心文抽出と文章理解の観点から -(修士論文)
●理工系科目で活用できる作文能力の育成を目指した授業について

【主な学会・研究会発表】
●日本語学習者の読解に関する研究
●留学生と日本人の円滑なコミュニケーションのために

【主な論文】
●日本語学習者の読解に関する研究 – 中心文抽出と文章理解の観点から -(修士論文)
●理工系科目で活用できる作文能力の育成を目指した授業について

【主な学会・研究会発表】
●日本語学習者の読解に関する研究
●留学生と日本人の円滑なコミュニケーションのために

最後に

単なる「先生」ではなく、私自身も、1人の妻、母親、女性として、
「自分を犠牲にせずに、最高の家庭をつくるにはどうしたらいいのだろう?」
と悩んだり、迷ったりしながら、課題に取り組んできました。

あなたとご一緒できますことを心より楽しみにしております。