施工管理士は派遣会社と正社員で給料は変わる?
働き方のメリットデメリットを紹介!

施工管理技士として一つの企業に正社員として働くことのほかにも、派遣社員として働く選択ができます。正社員と派遣の給料の違いや、派遣で働くメリット・デメリット、また、目的別におすすめの派遣会社を紹介します。

正社員と派遣で給料は変わる?

施工管理技士として正社員で働く場合、平均年収は450万円。この金額は、他業種の平均年収よりも高いと言われています。さらに、上位資格を保有していると年収はかなり上がります。一方、派遣で働く場合の平均年収は約374万円です。ただし、これは全体の平均年収となるため、施工管理をする業種や地域、さらに、派遣会社によっても差が出ます。ちなみに、派遣の場合でも上位有資格者は給料アップや別途で手当てが付くので、平均年収よりも大幅アップが期待できます。

派遣で働くメリットとは?

・希望の勤務先で働ける可能性が高い
正社員で働く現場は、会社の指示する場所のみとなりますが、派遣で働く場合は、希望の勤務先を伝えられるため、自分の都合に合う現場で働ける可能性が高くなります。

また、今持っているスキルを活かした現場なのか、新しい経験を積める現場なのかといった内容を派遣会社と相談しながら勤務先を選べるため、目的に合った仕事ができます。会社のためではなく、自分のために働くことができることが最大のメリットでしょう。

・勤務時間が守られている
派遣会社と労働者の間で、36協定を結んでいるため、定められた勤務時間の超過が起きにくくなります。万が一勤務時間を超えた労働が必要になる場合は、書面でのやりとりが発生するため、休日出勤やサービス残業を強いられることがありません。反対に、稼ぎたい人の場合は、業務が忙しい現場を希望することで残業代や休日手当を得られます。

・仕事に就きやすい
正社員希望で長く転職活動を行っているがなかなか条件に合わず職につけないケースがありますが、派遣の場合はすぐに働くことができます。一つの会社ですべての希望条件を満たすのは難しいものがありますが、さまざまな企業で働ける派遣の場合は、柔軟に対応することができるのです。


・正社員登用がある
派遣先の企業によっては正社員登用があります。派遣から働きはじめて、その企業に慣れた際、企業側とマッチすれば、正社員に切り替えて働くという選択が可能です。また、派遣の中でも、一般派遣と正社員派遣があり、福利厚生やボーナスの支給が得られます。

施工管理技士派遣で働くデメリット

・派遣先が大手企業の場合は仕事範囲が狭い
派遣会社の魅力に仕事の幅の広さがありますが、派遣先、特に大手企業の場合は、あらかじめ業務が細分化されていることで、請け負う仕事の範囲が狭くなる可能性があります。もし仕事の幅を広げたい場合は、その旨を派遣元に相談しましょう。

・勤務先の福利厚生は適用外
どんなに勤務先の福利厚生が充実していても、派遣で働く場合は適用外になる場合があります。ただ、派遣会社の福利厚生を受けることができるため、派遣会社選びの際に、福利厚生をチェックしてみるのもよいでしょう。

派遣会社の選び方

さまざまな企業で仕事ができる機会のある派遣という働き方。充実した仕事をするためには派遣会社の選び方が大切です。派遣会社によって給料や福利厚生、研修有無、派遣先企業の数などが異なるため、自分に合った派遣会社を選ぶようにしましょう。また、働く目的別に派遣会社を選んでもよいでしょう。

未経験の場合は研修制度が充実しているところ、持っているスキルにあった派遣先があるかどうか、稼ぎを優先するか、プライベートとの両立のしやすさといった見方がおすすめです。

施工管理士におすすめの派遣会社

・未経験者でも働きやすい!「テクノプロ・コンストラクション」
サポート体制が万全のテクノプロ・コンストラクションは、座学と実技講習の研修を行っているため、未経者でも技術を習得し、安心して働くことができます。相談窓口も設置し、働き方についての相談も受け付けています。キャリア形成の相談も可能なため、経験者・未経験者どちらのフォローアップも行えます。

・プライベートが充実できる!アーキ・ジャパン
アーキ・ジャパンは、仕事とプライベートの両方を充実させることに力を入れています。長期休暇が取りやすいため、自分のライフワークバランスを上手に取ることができるでしょう。また、もし休日出勤などの相談があった場合も代休などの振り替えをすることで休みを確保することができます。

・ワット・コンサルティング
ワットコンサルタントは、取引先企業の多くが上場企業です。さまざまな経験を積むことができるため、働く幅を広げたいといった場合におすすめです。待遇面も良く、ボーナスも期待できます。現場によっては残業がありますが、残業代がきちんと出るので、稼ぎたい場合は派遣先の希望を出すといいでしょう。
充実した仕事をするために派遣会社選びは大切です。
派遣会社によって特徴が異なるため、おすすめした派遣会社以外にも、
複数の派遣会社を比較しましょう。

まとめ

施工管理技士として派遣で働く場合でも、給料面を期待することができます。
ただし、それは努力も伴います。派遣会社では自分に合った仕事を派遣会社が探してくれますが、
受け身になりすぎず自分でスキルを磨き資格取得を目指すことで
希望の給料を得ることができるでしょう。