治験ボランティアのことなら
メディカルボランティアネットクワーク

メディカルボランティアネットワークでは、独自に構築した情報ネットワークを駆使し、創薬ボランティア/モニター情報をできるだけ豊富に取り揃えるとともに、会員の皆様が創薬ボランティア/モニターにスムーズにご参加いただけるようサポートさせていただきます。

治験(臨床試験)について

治験とは、医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験のことである。元々は、「治療の臨床試験」の略であるという。 従来、承認を取得することが目的であったため企業主導で行われてきたが、法改正により必ずしも企業の開発プロセスに乗る必要はなく医師主導でも実施可能となった。

治験ボランティアってなんだろう?

お薬の候補が医薬品として認められるため、お薬としての効果と安全性を調べる試験のことを「治験」といいます。
会社員・OL・自営業・主婦・学生・定年後の方など皆様のご参加で、多くの人々が救われる身近でとても社会貢献度の高いボランティアです。

新薬開発のプロセス

第I相(Phase I)
ヒトで最初に行う試験。健康な成人ボランティア(健常人という。通常は男性)に対して開発中の薬剤を投与し、その安全性を中心に、薬剤が体にどのように吸収され排泄されていくかといった「薬物動態」を調べる試験。
第II相(Phase II)
少数の患者さんを対象に薬を飲んでいただいて、薬の適切な量、安全性や効き目を調べる試験。
第Ⅲ相(Phase Ⅲ)
第Ⅱ相試験よりも多くの患者さんに薬を飲んでいただいて、実際の治療に近い形で薬の安全性や効き目を調べたり、既に薬として認められている同じ作用のくすりとどこが異なっていて、どこが優れているかなどを調べる試験。
第Ⅲ相(Phase Ⅲ)
第Ⅱ相試験よりも多くの患者さんに薬を飲んでいただいて、実際の治療に近い形で薬の安全性や効き目を調べたり、既に薬として認められている同じ作用のくすりとどこが異なっていて、どこが優れているかなどを調べる試験。

初めての方もお気軽にご登録ください。

登録、年会費一切無料
自由意志で参加できますので、ご安心です。

治験を不安と思われている方へ

  • 医療の知識と治験(臨床試験)の知識を有する、専門の医療機関のお医者様に診察して頂くことになります。
  • 看護の知識と治験(臨床試験)の知識を有する、CRCと呼ばれる専門の看護担当者が試験終了まで担当します。
  • 診察は通常の治療や診察と同じ検査・診察を行います。
     (問診、採血、採尿、血圧測定、心電図、他)
  • お薬の治験(臨床試験)は、治験審査委員会(IRB)で承認されたもののみご案内致します。(治験審査委員会とは、治験ごとに医師や薬剤師などの専門家が試験の安全性や倫理性を審査する組織です)
  • 生活習慣病以外に重篤な疾患を有すると診断された場合はご参加をお断りしています。


Q&A(よくある質問の一例)

Q. 治験は安全ですか?
A.治験では、国の基準に沿って患者様の安全に配慮した綿密な治験実施計画書に基づいて慎重に進められます。
治験に至るまでの試験では、生体への安全性を確認しています。
Q. 休薬期間はどのくらい必要ですか?
A.一般的に治験の条件として、3ヶ月~4ヶ月となります。治験によっては、6ヶ月という場合もあります。
治験は試験によって全て異なりますので、必ずご予約時にご確認ください。
Q. 休薬期間はどのくらい必要ですか?
A.一般的に治験の条件として、3ヶ月~4ヶ月となります。治験によっては、6ヶ月という場合もあります。
治験は試験によって全て異なりますので、必ずご予約時にご確認ください。
Q. 休薬期間はどのくらい必要ですか?
A.一般的に治験の条件として、3ヶ月~4ヶ月となります。治験によっては、6ヶ月という場合もあります。
治験は試験によって全て異なりますので、必ずご予約時にご確認ください。

治験体験談

20代男性

K様
はじめて、「メディカルボランティアネットワーク」 より治験ボランティアに参加しました。 最初は本当に怖い・危ないというイメージがありましたが、病院にいって見ると普通のちゃんとした病院でした。 4泊5日×2回の治験ボランティアに参加しました。 入院生活 開始となったのですが、日に数回の採血を含めた検査のみ!
もちろん制限はありましたが、残りは自由時間でゲーム三昧でした!ほんと拍子抜けしてしまいましたが、また是非機会があれば参加したいと思います。

40代男性

I様
私は以前から肉体労働の仕事をしていて仕事がら腰と膝には不安がありました。
そんな時、友人から治験 のお話を聞き興味を持ち参加しました。
最初は治験と言う言葉に不安はありましたが大きな病院で参加に際しての説明があり不安は薄れ、健康診断も会社で受けているものよりも詳しくしていただき、改めて自分の健康状態がわかり納得でした。又自分に合ったものがあれば参加したいと思います。 良い案件ご紹介お願いします(笑)

40代男性

I様
私は以前から肉体労働の仕事をしていて仕事がら腰と膝には不安がありました。
そんな時、友人から治験 のお話を聞き興味を持ち参加しました。
最初は治験と言う言葉に不安はありましたが大きな病院で参加に際しての説明があり不安は薄れ、健康診断も会社で受けているものよりも詳しくしていただき、改めて自分の健康状態がわかり納得でした。又自分に合ったものがあれば参加したいと思います。 良い案件ご紹介お願いします(笑)

初めての方もお気軽にご登録ください。

登録、年会費一切無料
自由意志で参加できますので、ご安心です。

コロナワクチン治験情報

全世界で流行している新型コロナウイルス(COVID-19)。
新型コロナウイルスワクチンがアメリカの製薬大手ファイザーとドイツの企業ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンの承認を受けました。

12月中旬からは英国でコロナウイルスワクチンの接種を始める方針を明らかにしました。日本でもこの新型コロナウイルスワクチンが、一日でも早く皆様の元に届くように、安全性を第一にして治験が実施されております。

MVNでも、ワクチン接種治験に参加いただける治験ボランティアの方の募集が始まっています。ご協力お願いいたします。

募集中治験

お知らせ

2021年 03月28日 治験メディカルボランティアネットワーク ペライチサイトオープンしました。
2021年 03月28日 治験メディカルボランティアネットワーク ペライチサイトオープンしました。

初めての方もお気軽にご登録ください。

登録、年会費一切無料
自由意志で参加できますので、ご安心です。