ミュージックプラネットは怪しいのか?

新人アーティスト発掘プロジェクト「MUSICPLANET」で、新規オーディションが開催されています。


日頃、音楽活動をしている人は、気になっていると思います。この記事では、そんなミュージックプラネットが怪しいのかについて調べてみました。


オーディションを通過すると第一線で活躍しているプロデューサーがあなたのオリジナル楽曲を制作します。

そのあと、CD制作や音源配信・ライブ活動など行う事ができ、アーティストという夢を叶えることができる、というプロジェクトです。どうですか?夢のような話ですよね。


自分がプロの方たちのバックアップを受けて、音楽活動をしているところを想像するだけでワクワクしてきますよね。


でも、MUSICPLANETってぶっちゃけどうなの?怪しくない?と不安になる方もいると思います。

当然と言えば当然ですよね。だって、会社に何のメリットも無いのに、そんなサポートをどうして出来るんだ?と考えるのが自然でしょうから。

そこで、まずはミュージックプラネットの所在地や運営会社を調べてみました。

あまり名前を聞いたことがない会社だと、誰でも心もとなくになりますよね。

だから、初めにMUSICPLANETを運営している運営企業を調査してみる事です。

SNSが普及して、誰もが情報発信をする事が可能なようになった現在、なにか過去に問題があれば、インターネットですぐ見つける事ができます。

また、グーグルのストリートビューを使えば、事務所所在地にある建物を確認することもできます。

そして、調査してみると、過去にトラブルがあったという書き込みは特にありませんでした。

加えて、オフィスが入っているビルも、私が見る限りでは怪しいという雰囲気は感じれなかったです。

これに関しては人によって感じかたが異なると思いますので、自分自身でチェックしてみた方が良いでしょう。

続きはこちらのブログにて書いています。

合わせて読んでみて下さい。>>ミュージックプラネット  評判