武蔵てらこや

学校では学べないことを大学生と地域の大人が子ども達へと提供していく。
子ども達自身が”自ら気づける学び”を感じることの出来る、そんなプラットフォームを作る。
「1年分の感動を一日で与える」

基本情報

設立年:2011年

活動場所:埼玉県 川越市・新座市
     東京都 文京区

構成人数:20人

スタッフ:立教大学、青山学院大学、
     日本女子大学などの大学生

活動ペース:2~3ヵ月の間隔で主催事業を開催
      その他、地域の催しを主管にて運営

武蔵てらこやのミッション

  • 学校では得ることの出来ない”学び”を提供する。

  • 様々な知恵を持った人々との”交流”を提供する。

  • 子ども達が自ら学びたくなる”環境”を提供する。

武蔵てらこやのバリュー

1, 当事者意識の創出 ヒトーモノーコト
 ・社会性を持ったコンテンツでヒトとの繋がりを知る 
 ・様々なワークショップを用いてモノやコトへの興味を培う

2, 学校では学べない内容の提供 座学ではない学び
 ・生きる過程で必ず必要になる学び
 ・感性を駆使したアウトプットをする経験

企画のモデル(例)

食育事業

食を楽しみ、食を学ぶ。
食べる以外に隠された”食”という魅力を一緒に探していく。食への関心を高めていくとともに、「いただきます」「ごちそうさま」といった食に対して感謝の心を培う。

地域密着事業

自分の地域を追求する。
自分が育った地域をどこまで知っているのだろう。どこまで関心の輪を広げたのだろう。住んでいるだけじゃもったいない。地域を知り、理解する。いつか人に伝えられるように。

季節体感事業

今日は何の日。
古来より続く日本の伝統。いつもは楽しんでいるだけの特別な日を、意味や由来を知り、心から楽しむことで、さらに特別な日に。今日という日を自分事にする。

次回の企画予定・・・12/4(日)

参加をご希望される方は
までご連絡くださいませ。

スタッフ紹介
松本 未来
学生代表
中森 雅人
学生副代表
高木 美優
学生副代表
入沢 健
大人理事
入沢 健
大人理事