平成29年度
田中洋裁教室作品展

平成29年11月18日~11月26日
中電ふれあいホール(松江市東朝日町)

ゆっくりご覧くださいませ

講師作品

初めてのドルマンスリーブですが、????です。

襟のデザインに工夫しました

茶色の大島で、着やすいコートを作りました。

声楽家(アルト)の森田先生に着ていただきたくて作りました。

友人から頂いた布地で作りました。

大島紬の半コート、裏地は帯地です。

初めての上着です。布が薄く、縫うのにとても苦労しました。

法被をといて、柿渋で染めたベストです。ポーチは古布です。

ペンケース、手縫いで仕上げました。ボタンがポイントです。

柄を活かしたチュニックです。

3WAYのワンピースです。脇が離れてて紐がついているので、脇、前、後ろで結ぶことができます。

フード付きのフード付きレインコートです。黒は紳士用の布、縞のほうは銘仙です。

銘仙でロングコートを作りました。ポイントはかわいい衿です。

お気に入りのロングBLをもう一枚作りました。

亀甲模様の着物で、サイズ自由のベストを作ってみました。

チャイナブラウス、ループがたくさんで苦心しました。きれいについたか?完成まで心配でした。

男物大島でチュニックに。ポケット、大島でパッチワークにしています。

和服道行コートを、リバーシブルコートに仕上げました。

ハイネックが好きなので、少し時間がかかったけどこのスタイルにしました。

母の着物からロングのワンピースを作りました。

孫の結婚式に来るためのドレスです。絞りの柄合わせが大変でした。

初めての8枚接ぎのワンピースです。シンプルな銘仙布で可愛い丸襟、ロマンチックな仕上がりになりました。

先輩たちの素敵な着物リメイク作品をたくさん見ていたら、私も縫ってみたくなりました.

絣生地の、とても楽しいジャンバースカートです。アクセントに代わりポケットを付けました。

初めての着物リフォームでした。襟付きボタンホール、なんとかできました。

初めての台付きシャツカラーと、布がふわふわするので縫いにくかったのですが、出来上がったらとてもうれしく思いました。

三角のアップリケがアクセントになりました。

シンプルなブラウスを作りました。後を長く、今風にしてみました。

春の風の中で、軽やかに着るコートワンピース

カフェエプロン、間違えて何回も縫いなおしました。お気に入りになりました。

絣を活かしたベストです。

初めての裏付きの服で、苦心しました。

ざっくりと着やすく、衿をポイントに、配色を紬でつないで縫いました。

襟と前身頃の花柄がポイントのチュニックを作ってみました。黒い生地に似合う柄を見つけるのに苦労しました。

長い間眠っていた生地です。

古布の絣で作りました。柄と無地のバランスを取るのが大変でした。また、ポケットの位置も考えて仕上げました。

友達から「洋裁してるからこの生地を・・・」と言っていただきました。ピンクのかわいらしい花柄で迷いながらこの洋服に。どうかしら?

布は、旅先のシンガポールで買い求めたました。お気に入りの一枚です。

友人のエプロンドレスのパターンをお借りしました。そういえば若い頃こんなマタニティードレスを着ていたなぁと懐かしく思い出しました。

初めてのワンピースです。たまたまブルーの生地があったので、シンプルなデザインで仕上げました。ジュエリーを変えて楽しみます。repellendus! Ipsam.

結婚式用の打掛の布を使ってスカートドレスを、上着は名古屋帯で製作しました。

何年たっても一人立ちできません。これからもよちよち歩きですがよろしくお願いいたします。

初心者での綿入れは大変でした。たまたま男物の長じゅばんがあり、裏地に使いました。

半世紀の間タンスで眠っていた羽織を、娘のチュニックに仕立ててみました。

友人からいただいた布で作りました。布が上質で縫うのに苦労しましたが、なんとか作品になりうれしく思います。

絞りの着物が、着やすいコートになりました。

明治生まれの母の着物で作りました。

平成28年度
田中洋裁教室作品展
作品展にようこそ

平成28年11月19日~11月29日、中電ふれあいホール(松江市東朝日町)で開催の作品展に展示の作品を、製作者のコメントとともに掲載しています。


2016年11月19日 講師  田中 武子

講師作品


1
パンツジャケット


2
ブラウスとベスト

洋裁をはじめて最初の作品です

3
上着


4
シャツブラウス

2枚袖に挑戦してみました。

5
アンサンブルワンピース

明治のおばあちゃんの形見の着物を、私のといっしょに、お出かけ用に作ってみました。

6
和服リメイクのワンピース

ちょっとしたお出かけ用に、シンプルなワンピースを作りました。

7
プリントブラウス

布が薄く、とても縫いにくかったです。

8
コート

叔母からのプレゼントの着物で作りました。

9
ベスト

義母の着物から作りました。紬の布が針に負担でした。

12
ドレープのブラウス

前のドレープの縫い方が面白いブラウスに、ベージュ系Tシャツとパンツを合わせました。

13
若々しい印象を与えるチュニック

スカーフ止めのタブは、レーザーひもで手作りしました。

14
キルティングコート

ウールからおしゃれなコートができました。お出かけするのが楽しみです。

15
チュニック

リバーシブルのニット生地、大人可愛いチュニックです。教室への入門4作目の作品です。

16
ロングコート

ウールの着物でチャイナ風コートを作りました。
胸元のボタンを工夫しました。
薄ピンクの横縞をランダムにしてみました。

17
ワンピース

初めてワンピースを作りました。何もわからないスタートでしたが、先生に手とり足とり教えていただき、なんとか完成しました。コンシールファスナーなど、やったこともないことに挑戦しましたが無事に出来上がってとてもうれしかったです。

18
ワンピース

自分でキルティングして着やすい洋服にしました。

19
孫(2歳)のチュニック

初めての洋裁です。

20
ロングベスト

男物の着物からロングベストを作製し、アクセントに明るい着物生地を縦に入れ込みました。クルミボタンで可愛らしくしました。

21
チュニック

太い糸の布地を利用して、裾は糸を抜いてフリンジにしました。

22


23
ワンピース

大島紬で前のコサージュと側のボタンでアクセントをつけました。

24
チュニック

シンプルなデザインですが、洋服地にかすりをあわせる事で楽しい一着になりました。絣の柄あわせがポイントでした。

25
ワンピースとベスト

さらさらした布のワンピースです。上下切り替えが斜線のため、20枚の型紙パーツが必要でした。ベストはほどいた着物の布で作りました。

26
コーディガン

一枚羽織っておしゃれに変身?

27

初めての洋裁
裾のカーブがうまくできました。

28


29
チュニック

母が40年前に作ってくれた道行コートから作りました。大きな柄で難しかったです。

30
作務衣

色合いが気に入り取っておいた若いころの着物で再生しました。冬に着るととても暖かです。

31
ロングベスト

型紙と出来上がりのイメージがわからなかったのですが、習うことにより理解できました。

32
チュニック

着物リメイクです

33
シンプルワンピース

初めてデザインから起して型紙を作りました。自分の好きな色、デザインで作るのは本当に楽しく、うれしかったです。

34
柄合わせのカバン

頑張ったところ、工夫したところは、ポケットの布を切るところを斜めに切ったところ、持ち手を縫うときに、ミシンに送るところを頑張りました。
(小学5年生男子の作品)

36
チュニック

手持ちの生地で作成したので生地があまりなく、少し短くなったけど、すごく暖かいです。

37
浴衣で作った上下

上着をバイアスにしたので、斬新なデザインになりました。(講師評)

38
衿の形が可愛らしいチュニック

衿とポケットの塩梅を先生に見ていただきました。
柄の配置が大変でした。

39
作業着パンツ

男物の着物から作りました。作業着用に大きなポケットを付けました。

40
ウールジャケット

製図から仕立て始めてみての作業で、時間がかかりました。衿付けが大変難しかったです。

41
ジャケット

いつもこの時期が来たら傑作を製作しようと思いながら・・・。母親の着物だったので、それはそれで又懐かしく楽しみでもありました。

42
スーツ

義妹から江戸小紋の反物のプレゼント。かわいらしく作ってみました。

43
ワンピース風チュニック

今年2月に入学した新米です。
細かいところには目をつむってください。

44
バラと蝶の和風ドレス

帯を三本使い、和風のドレスに仕立てました。
赤、緑、黒、金、銀、色の組み合わせを楽しみながら製作しました。

45 


47
母の羽織から作ったロングベスト

うるしの入っている織物で柔らかく、衿の縁取りが大変でした。

48
想い出の着物からのコート

母が自分で紡いだ糸で作った着物が、真綿のように軽くて暖かいコートになりました。

49
ブラウス

ループを初めて作り、苦労したけど勉強になりました。

50 


51
ラグラン袖のコート

ベーシックな布地で着やすいラグラン袖のコートにしました。

最後までご覧いただき
ありがとうございました