change the future

未来は変えられる!
「心と身体と食のシンポジウム」
in
スポーツガーデン香椎

【第三回 心と身体と食のシンポジウム】
㏌スポガ香椎開催決定!

3月24日(金)開催決定!
<シンポジウム>
受付18:00~
開始18:30~20:30終了予定
<二次会>
21:00~22:30予定
<場所>
福岡市東区千早3丁目6−37
<連絡先>
092-661-6112
シンポジウム
参加費:無料
懇親会
参加費:4,000円

ご予約・お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

生産性課題大国日本!

いよいよ国が動きだした!
「働き方改革」の本当の意味は?
労働時間を削減しよう!
時間当たり生産性改善
夫の家事&育児で出生率が変わる!
11年間内第二子出生確率
0時間⇒約1割!
6時間以上⇒約8割!
少子化の本当の原因を知る!
長時間労働の現状

2011年12月24日
東京は出産ラッシ!産院予約も取れなかった!何故か?
日本企業⇒長時間労働
美徳?文化?サムライ精神?
単に一番褒められる働き方
タイムリミットまで2年
団塊世代Jrが握っている」

M's未来会とは?

文字通り未来を予測し行動する会。

2017年もまもなく1ヵ月が終わろうとしています。
~激動する世界経済~
成長は鈍化し、
変化は加速していく。

世界も荒れた2016年!
ABCDショックから見る
2017年の注目すべき人と言動!
米国・トランプ大統領
英国・メイ首相
中国・習近平国家主席
要チェックですね。

そして、2017年【丁酉(ひのととり)】
どんな一年になるか?

【丁=ひのと】は火の弟!
丙とは違って優し気な火だが
内に秘めたパワーは相当なモノ。

【酉=とり】は金(五行の木火土金水の金)の中心!
包容力+柔軟さがあるため
2016年に派手に動いたことが
今年の時流になっていく…

あのトランプ大統領のTPP離脱や
NAFTAの高関税の話題も、
あのメイ首相のEU離脱発言も…
時代の風土となっていくと言う事とも取れます。

そして…発想が時代に味方され
小さく独特(オリジナリティ)なことが
ITにおいて一挙に広まるとも言われています。

「企業」より「人」
「マニュアル」より「個性」
「合理的」より「人間的」
「モノ」より「心」の時代!!
全ては自分自身!
周囲に自分を合わせるのではなく
自分のための人生を考える一年とも言われています。

そして…
先進国の高齢化!
日本の経済は
消費マーケットは縮小をし続け
課題マーケットは拡大を広げていきます。
生産性課題大国である日本!
そして〝価値観の変化〟です。
若者の働く価値観が変わっているのです。

そんな日本で大きな課題がもう一つ…
それが社会保障費の増加!
1997年47兆円!
2000年78兆円!!
2016年118兆円!!!
2025年150兆円!!!!
高齢者は75歳から」発言は
何を意味するのでしょう?

第一回心と身体と食のシンポジウムは
お陰様を持ちまして
2016年12月26日(月)に
無事開催することが出来ました。

第二回心と身体と食のシンポジウムは
お陰様を持ちまして
2017年1月26日(木)に
無事開催することが出来ました。

とても興味深いお話を出すことになると思います。
ぜひ、お一人でもお誘いあわせの上
ご参加くださいませ。

森部氏より
私たちは当然ですが、
・超高齢社会
・新生児が100万人を切った少子社会
・生産年齢人口が減り高齢者が増え、
全体としては人口減少が
急速かつ確実に進む社会においては、
次世代を大切に育てていくべきでしょう。


戦国武将的に言うなら
一騎当千の人材を一人でも多く輩出する社会を
作らなくてはいけません。

本来そういうことは国が行うべきですが、
欲や権威や利権にまみれた集団を
変えることは
不可能です。

まして人の一生は有限であり、
その中で精力的に活動できるのは
極めて短いと言わざるを得ません。

そこで社会システムが変わるのを待つのではなく、
有志で変えられる部分を変えるしかないと言えます。

砂漠に水を撒くのではなく、
砂漠に居住可能な家を立てるのです。

全員を救うことはできませんが、
全員に「夢」や「可能性」を示すことは可能です。

そのために必要な考え方や行動について
「今日からできる方法」を具体的に提示したいと思います。


中村氏より
未来の子供達のため
今大人がやれる事!
やらなければいけない事!

凝り固まった脳を一度壊すことも必要です。

思い込みは
時として子供達の未来を壊してしまう!


今の自分は大丈夫なのか

一度立ち止まって考えてみましょう。


我々の元には今、
様々な危機的情報が日々飛び込んで来ています。

間違った情報が蔓延する中、
正しい情報を知り現状を話し合いましょう!
何が課題かを洗い出し、
突破口を見つけ一気に開拓へ!

もう日本は、安心・安泰・安定ではありません!
今、福岡で、九州で、日本で、アジアで、
世界で起きている現実を向き合い、
なぜそうなっているのか?
何が原因で起きているのか?
情報を共有しながら
これからの予測を含めて語り合い、
動き出せる方は動き出しましょう!

事業計画、企画書、プレゼン、マネタイズへの道、
そしてセミナー&講演等々
参加者の皆さまと一緒に出来る事を広げて行きます!
いよいよ2017年戦略が動き出しました!
ぜひ、一緒に進めましょう!!

M's未来会主宰
森部昌広
中村弥和
吉田 勝

私たちの思い

「食」「心」「身体」
全てのバランスが「生命」を育んでいます。

知能を持ち、
社会創造ができる人類だからこそ
「心」のありようが重要なのですが、
その「心」は「脳」であり、
「脳」の容れ物が「体」ですから、
体を鍛えることは特に重視すべきだと思います。

物事には矛盾があると
本物として認められないと思っていまして、
大事なものを入れる容器が汚れていたり、
壊れていたり歪んでいたら、
「本当にそれは大事なのか?」と思うのです。

立派なことを言う人は多いのですが
(悪いことではありませんが)、
本物の人物は人口の1%もいないかもしれません。

この有様を変えていくことが
未来の創造に繋がると考えています。
本物の大人を増やして、
背中で子供達を導くといったイメージですね。

スポーツの世界で言うなら、
タバコを吸ったり、
お酒を飲んで弛みきった体で
子供達を怒鳴りながら鍛えている?指導者には
消えて欲しいということです。

医者の不養生も無い方が良いです。
説得力に欠けます。
難しいことですが、
そういう思いでリードしていきたいと考えています。

伝え続ける事…

身体は「入れ物」です!

ただ、本当に現代で食に関しては、
良いものばかりを取ることは
とても難しい現状もあります。

忙しく時間のない方には大変な作業にもなり、
続かない人も増えてしまいます。

私達としても完璧を追い求めるのではなく、
気付く事を願ってます!

情報をきちんと受け取ることが出来れば、
少し変わる!
それが一番だと。

影響力はとても大事ですから、
発信する人達がまずどうなのかが
本当に大事なのです!!

こんな方、お待ちしております

    • 世界潮流の情報」を持っている&待っている方
    • 子供たちの食」が非常に危険だと感じている方
    • 心の病がより深刻」になっている事を感じている方
    • 」が「精神疾患」に大きく関わっているのをご存じな方
    • スポーツビジネスの可能性」を感じている方
    • 日本の危機感」を「本気」で持っている方

開催概要

福 岡
名 称 【第三回 心と身体と食のシンポジウム】
㏌スポガ香椎
日 時 2017年3月24日(金)18時30分~20時30分終了
受付:18時~(遅れる方は必ずご連絡ください)

懇親会は20時30分~22時(自由解散)
スポガ香椎1階ジミーズさんにて
飲み放題
肉食べ放題
場 所 福岡市東区千早3丁目6−37
2階ボウリングフロアMTGルーム
主 催 M’s未来会
共 催 スポーツガーデン株式会社
参加費用 シンポジウム=無料
懇親会=4,000円
お問い合わせ m.yoshida@tkgroup.co.jp
(M’S未来会 吉田まで)
参加費用 シンポジウム=無料
懇親会=4,000円

M'S未来会実行メンバー

森部昌広
☆九州共立大学経済学部 特別客員准教授 経済・経営学科
スポーツビジネス領域主任 サッカー部部長
☆一般社団法人全日本コンディショニングコーチ協会代表理事
☆一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事
☆株式会社GET専務取締役
☆iMb株式会社取締役 
中村弥和
☆教育ジャーナリスト(TBS教育担当)
☆予防医学教室LICフレグランススクール代表
☆大、高、中、小、幼稚園でのゲストティーチャー他
講演多数
☆あさひクリニック予防医学教室GREEN AIR責任者
☆女性自身 教育評論家コメンテイター
出版物・「学校のなぞ」「マーナビ」「子供たちのこころをつかむちょっと良い話し方」雑誌寄稿多数。
吉田 勝
☆スポーツガーデン株式会社取締役部長
☆笑顔のイベントプロデューサー
☆地域活性イベント、学生支援イベント、
トップアスリートイベント、アーティストイベント、
ボランティア事業他実績多数
☆数字分析×スポーツビジネス未来集客戦略を得意とする。
ファスティングを実施して食の大切さを痛感すると同時に、子供たちへの食が危険であると認識。必要な情報を必要な方へ伝えたいという強い思いを持つ。