こんなことは、ありませんか?

  • 予算書を見ていて、保健福祉分野予算の伸び率に驚く
  • 国が制度を改正した真意が、お金がないので地方への負担の押し付けだと分かる。
  • 組織改正は、保健福祉分野ばかりなので、やはりこの分野が問題なのだと分かる。
  • 基金の取り崩しや公債発行の頻度が増えており、資金繰りが厳しいことが分かる。
  • 特別な贅沢はしていないが、預金残高がびっくりするくらい少ない。
  • 危機感のない同僚を見ていて、自分だけが間違っているのでは?と不安にかられる。
  • 職場を見渡すと既婚者が半分で、子育てをしている人間が少数派である現実から
    少子高齢化社会がどういうことか分かってしまった。
  • 10年年金が開始されたときに、自分が年金受給年齢になっても支払原資がないことが分かった。
  • 予算書を見ていて、保健福祉分野予算の伸び率に驚く

「でも、、、」
こんな風に思っていませんか?

  • 投資は怖いから、財形貯蓄に預けよう。
  • 家族が働きに出ればいい。
  • 節約しよう。
  • 再任用で働こう。
  • 昇進試験を受けよう。
  • 借金してまで、不動産運用をするのは怖い。
  • 投資は怖いから、財形貯蓄に預けよう。

怖くて当然。
でも、副業ができない公務員が
なぜ不動産運用は、許可されているので
しょうか?

理由1 銀行が唯一認める素人でも成功できる事業であるから
理由2 不動産運用は、利他的な事業であり、公務員の中立性を損なわないから
理由3 小さな金額から始められるから
理由4 仕事の合間にできて、無理なく続けられるから
理由5 実はやっている人間が、山ほどいて禁止できないから
理由3 小さな金額から始められるから

初心者でも、できるようになる
コツを無料で大公開
「購入前から黒字確定の不動産の見つけ方講座」

この5つのステップで、分かること。
  • ステップごとにテーマが決まっていて、「次に自分が何をすれば効率的に成果につなげられるのか」を具体的にイメージすることができる。
  • 不動産投資を行っていく上での基本的な事項が分かるようになる。
  • どういう物件を購入すべきかという選別基準が分かるようになる。
  • 不動産業者との付き合い方、融資の受け方などが、分かるようになる。
  • 購入後の管理、売却といった出口戦略まで分るようになる。
  • ステップごとにテーマが決まっていて、「次に自分が何をすれば効率的に成果につなげられるのか」を具体的にイメージすることができる。

お客様の声

30代 男性
地方公共団体

役人の思考を分かっていただいた上での運用方法だったので、安心して物件購入ができました。

40代 女性
国家公務員

国家の財政状態を目の当たりにしていますので、不動産を購入することにしました。初心者でしたが、次に何をするべきかが分かりとても助かりました。

30代 男性
外郭団体

自分が間違えていなかったことが分かり良かったです。

たった
5ステップでできる
「購入前から黒字確定の不動産の見つけ方
講座とは?

STEP

1

未来予想図を作ろう

大家さんになるだけで満足しそうですが、一体、いくら運用収入が欲しいですか?意外と迷ってしまいます。収入は、どのようにしますか?
まずは、未来予想図をつくりましょう。

STEP

不動産の運用の仕組みを作るためには?

iphoneの仕組みは知らなくてもいいですが、家賃がどのようにあなたに入ってくるのかは知りましょう。

STEP

物件を見極める目を作るためにやるべき、たった一つのこととは?

ネットで検索すれば、星の数出る物件数。本屋に並ぶ「不動産投資術」の数々。
「いい物件」とは一体何なのか?
見極めるためにやるべきたった一つのことをお伝えします。

STEP

お金を借りる前に借りたいものとは?

あなた一人では、不動産運用を行うことができません。
物件を紹介してくれる不動産事業者、税理士などの協力が欠かせません。
どういう方と付き合うべきかをお伝えします。

STEP

購入は終わりではなく、スタート

念願のテナント入居も決まって、うれしさもひとしおです。
おめでとうございます。
そして、あなたへの宿題が出されました。


STEP

1

未来予想図を作ろう

大家さんになるだけで満足しそうですが、一体、いくら運用収入が欲しいですか?意外と迷ってしまいます。収入は、どのようにしますか?
まずは、未来予想図をつくりましょう。

講師プロフィール

不動産黒字確定コンサルタント
植村 裕(うえむら ひろし)

公益関係の仕事をする中で、無年金の高齢者、ひきこもりの高齢化という福祉の現場の状況を見て、将来がかなり見通し暗いことを知る。

勤めながら、別な安定的で継続的な収入を得るための方法を模索する。

「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んで不動産投資に興味を持つ。

その後、5000万円の新築土地付きアパートと5000万円の借地権アパート、4000万円の中古土地付きアパートを1年のうちに購入することに成功する。

現在では、資産1億円を超えて、不動産「投資」ではなく、計算通りの金額が入金される「運用」を達成した。

また、不動産の知識を高めるために各種勉強会に参加する中で、不動産投資をされていく方々には、「水面下物件」という言葉に惑されたり、家賃収入は得たもののトラブルに備えて、無駄な貯蓄で苦労をしている人が多いことに気づく。

その中で、不動産購入や運用の方法の相談を受けるようになった。

相談者の問題を解決するために、自身の過去の経験やのスキルを使い、独自の「物件購入判定術」を開発。

その後、かつての自分と同じ立場の人間を応援すべく公務員専門不動産運用コンサルとして活動開始

不動産運用コンサルは、単なるコンサルではなく、物件購入判定の見極め方を伝えて、自分自身で判断できる運用と運用後のあり方までを提案している。

クライアントの多くは、はじめての不動産購入で相談できないで悩まれていた男性。購入へのセカンドオピニオンとしてコンサルを受けて安心して購入決意を決めた女性などが多数。

特に力を入れていることは、子育て世代への複数収入源確保の協力。節約ではなく、収入を増やすという当たり前のことを応援して、子供が「大きくなったら、こんな大人になりたいな」と思ってもらえる親を増やす。


東京都在住 妻と二人の子供と暮らす