ゴミ屋敷の掃除業者・
回収業者の選び方

ゴミ屋敷は、近隣住民とのトラブルにもなるし、健康や安全上の不安もあるため、早めの解決が必要です。掃除や片づけを考えている人は、自分だけで済ませる方法だけでなく業者も検討してみましょう。ゴミ屋敷の掃除を請け負っている業者なら、スピーディーに解決できます。

ゴミ屋敷のタイプ

・戸建て住宅の「ゴミ屋敷」
一戸建て住宅でゴミを貯めてしまった状態は、従来の「ゴミ屋敷」であり、ニュースなどでも最初に取り上げられたものです。ゴミが住居の中に貯めこまれ、さらに庭や玄関先などまであふれだしていることもあります。家の中だけで収まりきらなくなると、外部からもゴミ屋敷であることが発見されます。
 
戸建てのゴミ屋敷の特徴は、自分の出したゴミや自宅で古くなった持ち物だけでなく、外部から拾ってきたものまでため込む傾向が高い点です。また、見た目や臭いなどで外から分かりやすく、社会問題としてクローズアップされやすくなっています。
 
・集合住宅の「ゴミ部屋」
一戸建てでのゴミ屋敷化とともに進んでいるのが、マンションや団地などの集合住宅の一部屋で起こるゴミ屋敷化です。正確にいえば「ゴミ部屋」と呼べます。戸建て住宅でのゴミ屋敷化と同様に、部屋中がゴミで埋まり、足の踏み場もなくなり、悪臭を放ちます。
 
マンションや団地などの1室でのゴミ部屋化は、戸建てのゴミ屋敷とは違い、密閉空間で起こります。悪臭は外部に漏れにくく、ゴミもドアの外まであふれることはあまりありません。そのため、徐々にゴミ部屋になっていくことを隣人でも気づきにくくなっています。また、ゴミの種類は自分の出したものに限られ、外から持ち込みことは少ない点も特徴です。ため込むというよりも捨てるのが面倒、やる気がしないという方向性が強くなります。

ゴミ屋敷は掃除すればよいわけではない

ゴミ屋敷やゴミ部屋は、現代人の孤独や精神的な問題などが関係していると考えられます。ゴミを貯めること自体も健康被害や火災のリスクなどを高めますが、そもそもゴミを貯める行為がメンタルの問題から発生しているとも言えそうです。
 
そのため、ゴミ屋敷は一時的な掃除や廃品回収によって解決しないこともあります。ゴミを捨てればいいというだけでなく、利用者の気持ちに寄り添う姿勢が大切です。また、片付いた部屋が再びゴミで埋まらないように、その後のアフターケアが必要なこともあります。
 
さらに、人によってはゴミの掃除を依頼したことを周りの住民に知られたくないと感じることもあるでしょう。ゴミ屋敷掃除はこうした住んでいる人のこまやかな心情も理解してくれる業者にしてもらいたいものです。

ゴミ屋敷の掃除業者・回収業者を選ぶヒント

・取り扱い品種・サービスが豊富
ゴミ屋敷の掃除やゴミの回収を依頼するなら、取り扱えるゴミの種類やサービス内容が豊富な業者の方が安心です。長年ため込んだゴミは、自分でも全て把握できないことも多いものです。
 
そのため、実際に片づけていると思いもよらないものが出てくるかもしれません。また、片づけた後の床や壁、押し入れなどがひどい劣化や虫の被害を受けていることもあるでしょう。そんな時でも、対応できるゴミの種類やサービスが充実していれば、対応できないと言われることなくスムーズに片付きます。
 
特にほしいサービスとしては、大型の不用品回収やゴミ回収後のクリーニング、水回りやトイレなどの清掃、害虫駆除や消臭などのケアです。また、不用品の買取を行ってくれるなら、支払う費用を抑えられて助かります。
 
・対応までのスピード
ゴミ屋敷の掃除や回収では、対応スピードも重要です。申し込みから掃除の実施まで時間がかかるとためらいやおっくうな気持ちが出てくる恐れがあります。また、急に人を呼ぶことになったなど、急ぎで依頼したい人もいるでしょう。できれば即日対応できて、自分の都合の良い時間に合わせてきてもらえる業者が助かります。
 
・アフターケアがあることも
業者によっては、ゴミの片づけをした後に一定期間のアフターケアサービスを受けられることがあります。また、ゴミを回収した後のお部屋を自分でも片づけやすい状態にしてくれる、ゴミを貯めないためのアドバイスをしてくれる業者もあるようです。

おすすめのゴミ屋敷の掃除業者は?

・不用品回収業者「べんり屋Station」
粗大ごみや引っ越しゴミ、危険物ゴミなどを回収する専門業者です。どんなゴミでも対応できる幅広さとリーズナブルな価格が魅力となっています。即日対応可能で、作業日を指定できます。
 
・親身な対応の業者「片付けられない.com」
ADHDなどで片づけられない人に寄り添い、ゴミを貯めないアドバイスもしてくれる業者です。回収後のアフターフォローもあり、ゴミ屋敷から抜け出したい人の支えとなります。

ゴミ屋敷の掃除やゴミ回収についての詳しい情報を知りたい人は
こちらもクリックしてみてください。

まとめ

ゴミ屋敷やゴミ部屋は、近隣住民の批判の対象となりやすく、健康や安全面でも不安が多いものです。
とはいえ、自分だけでは抜け出せないこともあるため、掃除を思い立ったら専門の業者に相談してみましょう。
自分を追い込まず、専門家に頼ることも大切です。