【坐骨神経痛】
何もできずに我慢だけ
続けていませんか?

『とにかく腰・お尻の奥が痛い』
『足が痺れて重い』
『運動どころか、体を動かすのも痛くて億劫』
『湿布や痛み止めも効かなくなっている』

このような症状にお困りのあなたへ。

日常生活への深刻な影響。
辛い痛みがいつまでも変わらない理由とは。

①痛みの本当の原因を特定できていない。 「痛みの本当の原因が特定できていない・分からない」と施術のポイントは違ってきます。今の対処があなたの痛みに効果をもたらしていない様であれば、原因にアプローチできていない可能性があります。人によって原因が違うため、間違った対処法は悪化を招きかねません。
②痛みの原因をケアする方法を知らない。 ご自身の原因を知ることが出来たら、もう一つ大切な事があります。「ご自身で症状をコントロールする」ということ。その為に不可欠なのがセルフケア(病院で言うと処方箋です)です。食前食後にお薬を飲むように、こまめにセルフケアをすることで症状の戻りを最小限にします。日常生活に少し症状が出てきたとしても、セルフケアを行うことで痛みが取れるという状態にしていく事ですが、しかし、その方法を教わっていなければできるはずもなく痛みのぶり返しに悩まなければいけません。
③生活習慣を変えなければいけないが、具体的にどのように変えるべきか知らない。 症状が落ち着いてきたら、「症状が再発しないようにする」ことです。痛み・痺れ等の症状は主に、長時間同じ姿勢・同じ動作の繰り返しで起こる慢性疲労による症状です。言い換えれば、「姿勢習慣病」「作業習慣病」なのです。その為再発を防ぐためには、正しい姿勢や体の使い方を覚えて、日常生活での負担を減らしていく必要があります。しかし、その正しい姿勢や自身にあった体の使い方を教えてもらっていないとそれも出来ないという事になります。
③生活習慣を変えなければいけないが、具体的にどのように変えるべきか知らない。 症状が落ち着いてきたら、「症状が再発しないようにする」ことです。痛み・痺れ等の症状は主に、長時間同じ姿勢・同じ動作の繰り返しで起こる慢性疲労による症状です。言い換えれば、「姿勢習慣病」「作業習慣病」なのです。その為再発を防ぐためには、正しい姿勢や体の使い方を覚えて、日常生活での負担を減らしていく必要があります。しかし、その正しい姿勢や自身にあった体の使い方を教えてもらっていないとそれも出来ないという事になります。

「坐骨神経痛」。徒手検査で原因を調べる。

体は全身繋がっていて、結果的にそこに痛みが出ているだけで原因は他にある事がほとんどです。
例えば、
◆股関節が硬いせいで腰痛になる。
◆肩甲骨が動かないせいで膝が痛くなる。
◆足首が硬いせいで首が痛くなる。
◆お腹が硬いせいで坐骨神経痛になる。
◆手首が硬いせいで五十肩になる。
◆首が硬いせいで足が痺れる。など。
このような事は日常茶飯事です。しっかりと「その痛みの原因」を見つける事が、改善への早道なのです。そして、その原因を見つけるのに、徒手検査は非常に有効です。中々改善しないとお悩みが深刻な方は、当院で「徒手検査」を受けてみてください。

「坐骨神経痛」お悩み相談
通常1回7,000円(税抜)+初診料2,000円(税抜)を
初めてご来院の方・坐骨神経痛でぉ悩みの方限定で1,980円(税込でご案内いたします。
(メールでご予約の方は、お名前・希望の日時をお入れください。折返しご連絡いたします。)

予約する
092-805-7777

このような方が対象です。

  • 色々な事を試しているが、一向に痛みが良くならない。
    マッサージ・電気治療・痛み止め・湿布・・・。その時は良いが、またすぐに痛くなる。などを繰り返されている方。
  • 痛みが強くなり、日常生活に深刻な支障が出始めた。
    痛みへの対処が思うほどの成果を上げられず、痛みが強く・長引いてきたなどで、日常生活への支障が深刻化してきたと思われる方。
  • 痛みのためにやりたいことも出来ず我慢している。
    痛みで思うように体を動かせず、やりたいことも思うように出来ない。このようなストレスは体の回復を妨げる二次的な原因にもなります。
  • 強い痛みで辛いが、休職は出来ない。お困りの方。
    坐骨神経痛の痛みは、体全体が重く動かす事も嫌になるほどの痛みを感じる人が多いです。しかし、仕事や家事は変わらずこなさなければいけない。痛みを我慢しながら続ける事だけでも大変なのに、それがいつまで続くのか・・見通しの立たない事にいら立ちや不安が重なっている方。
  • 強い痛みで辛いが、休職は出来ない。お困りの方。
    坐骨神経痛の痛みは、体全体が重く動かす事も嫌になるほどの痛みを感じる人が多いです。しかし、仕事や家事は変わらずこなさなければいけない。痛みを我慢しながら続ける事だけでも大変なのに、それがいつまで続くのか・・見通しの立たない事にいら立ちや不安が重なっている方。

見つけたい「根本原因」とは。

例えば、坐骨神経痛やヘルニアと診断された場合、腰椎の第4番・5番に問題がある事が多いのですが、これは画像にも写し出される原因です。しかし、それが原因と落ち着くのは早急です。なぜなら、腰椎第4番・5番を悪くしている原因が体のほかにあるという事です。その部分こそが、治療のポイントとなる、「根本原因」です。
多くの場合、2~3か所、治療ポイントとなる部位が見つけられます。

また上記の様に、画像に写されるものばかりではありません。体は筋膜が1枚のボディスーツの様に覆っていますが、この筋膜のどこかが捻じれることによっても痛みは発生します。どちらにしても、痛みがあるという事は、原因も必ず体の中にあるという事で、その原因を見つけ適切な対処を施す事が出来れば、改善への道は開けます。
※筋膜とは・・筋肉をはじめ、骨や内臓などを覆う膜組織のこと。この筋膜がある事で、力を入れた時に筋肉が上手く滑り、体全体が連動して動くことが出来るのです。筋膜が固くなることで筋肉も硬くなり、コリや痛みの原因となり体全体に影響が出ます。

『痛みの戻りをなくす』

体の体温がだいたい毎日同じな様に、体は常に同じような状態を保つという事が体のDNAの中に組み込まれています。これを「生体の恒常性」といいます。体の悪い状態が長く続くと、体はその状態を保とうとし治療をしても「もどり」によって、悪い状態へと引き返そうとします。
体は日頃の姿勢・作業習慣を記憶する(筋の形状記憶)
例えばデスクワークが多い方は、ももの裏・股関節回り・骨盤周りなど硬くなる筋肉が決まってきます。重い物を持ち上げる作業が多い方は、腕や胸部・股関節などが硬くなります。それを脳が記憶して「普段からこの筋肉をよく使うから、常に硬くしておこう」という反応が起こっています。
その為治療の最初の段階では、ほぐしても又硬さがもどってくる、という事が起こります。

「痛いところ」ではなく「原因」に対しての施術
「腰が痛いので腰を押す」「肩がこるので肩を揉む」ではなく、原因に対し施術を続けることが「もどり」をなくす為の大前提です。
「原因」に対してのセルフケア
これが病院で言う「処方箋」になります。食前・食後のお薬を飲むように、お伝えしたセルフケアを小まめに続けることで、「もどり」がなくなってきます。当院が指導させていただくセルフケアは、来院時は勿論ですが、それ以外でもLINEを使用し、「分からなくたった・こういった場合どうすればよい?」などの1対1の質問にも院長が必ず対応させていただき、不明な点を解消していきます。併せて、LINEから動画もお送りしますので、それを見て行うことも出来継続していく事をサポートします。
日頃の姿勢・クセを治す
痛み・シビレなどの症状は主に、長時間同じ姿勢・同じ動作の繰り返しで起こる慢性疲労によるものです。言い換えれば、「姿勢習慣病」「作業習慣病」です。当院では、最終的に「もどり」をなくす為に、姿勢を直したり、動作を工夫でき、体の負担を減らせるよう指導していきます。
食生活・ストレスへの対処
内臓疲労による「もどり」があるケースでは、普段飲食しているもの、食べる時間、量などを調整する必要があります。ストレスが溜まりやすい方も、ストレス反応が出やすい部位というのが決まってきます。その部位に対する施術と、対処法も一緒に考えていきます。
日頃の姿勢・クセを治す
痛み・シビレなどの症状は主に、長時間同じ姿勢・同じ動作の繰り返しで起こる慢性疲労によるものです。言い換えれば、「姿勢習慣病」「作業習慣病」です。当院では、最終的に「もどり」をなくす為に、姿勢を直したり、動作を工夫でき、体の負担を減らせるよう指導していきます。

「坐骨神経痛」お悩み相談
通常1回7,000円(税抜)+初診料2,000円(税抜)を
初めてご来院の方・坐骨神経痛でぉ悩みの方限定で1,980円(税込でご案内いたします。

予約する
092-805-7777
院長  田口 将吏(たぐち しょうり)
【所有資格】
 ・国家資格 柔道整復師
 ・高度腰痛治療 AKA療法認定師
 ・テクノジムキネシス認定トレーナー
症状は一人ひとり違う。
だから多角的な視点が大切

これまで多くの患者様より、お身体の痛み・不調のご相談を頂いて参りました。積み重ねた臨床経験から「これをやれば治る」「ここが全ての原因だ」という事はなく、様々な視点から身体の状態を調べ、個人差に応じたアプローチを施す事で回復していくものだと実感しています。

LINEでご予約

LINE@登録後、「友達追加」してください。
「お名前」「ご希望のお日にち」「時間帯」をお送りください。こちらから折返しご連絡いたします。

ハスノハナメディカルケアオフィスの情報

ハスノハナメディカルケオフィス

住所 福岡県福岡市西区元浜1丁目39-4
TEL 092-805-7777
Mail hasunohana-seikotsuin@outlook.jp
Mail hasunohana-seikotsuin@outlook.jp

「坐骨神経痛』お悩み相談
通常1回7,000円(税抜)+初診料2,000円(税抜)を
初めてご来院、坐骨神経痛でお悩みの方限定1,980円(税込)でごご案内します。

お電話でも気軽にお問合せ下さい。
(平日午前10時~午後19時)
092-805-7777

「坐骨神経痛」お悩み相談ご予約・お問合わせ
(ご予約の方は、問い合わせ欄に希望日時をお入れください。)

ご予約・お問い合わせはこちらのフォームよりお送りください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。