気になることを今すぐチェック!

  • 些細なことでイライラする、、、
  • 慢性の肩こり
  • 血圧が高い
  • 動脈硬化、血栓が気になる
  • 更年期症状が気になる
  • 血糖値が高い
  • 結石ができやすい
  • 免疫が不安定
  • ストレスを感じる
  • 骨粗鬆症といわれた
  • ひざ腰の痛み
  • 心臓が弱い
  • 赤ちゃんができにくい
  • アレルギー体質
  • めまい
  • 慢性の肩こり
思い当たることありますか?
それって、
カルシウム不足と
関係あるかも…

カルシウムのはなし

カルシウムは実に多くの働きを担っています。

99%のカルシウムは骨・歯に使われてますが、1%のカルシウムイオンが私たちの生命活動にとても重要な働きをしています。

皮膚や粘膜を強化したり、神経伝達を整えたり、筋肉の収縮を制御、ホルモン分泌の調節、

免疫システムにおいて重要な役割を担っており、その他、いろいろな酵素の働きを助ける働きなど、、、その役割は多種多様です。

私たちの暮らす日本は火山国ゆえに軟水です。

もともとカルシウムが土壌に少ない土地で暮らしてきた民族ですから、カルシウムはなかなか十分に補えないという実情があります。

厚生労働省の報告によると、現代食(平成7~27年)の20年にわたる国民栄養素調査で、推奨量に対し、成人1日あたり 100~200mgの不足状態であると報告されています。

近年の野菜などにおいても昭和時代頃の栄養もないとされ、ましてや、インスタント食品やファストフードの普及により、ますますカルシウム補給が困難にあるといえますね。

カルシウムはミネラルの一つです。

昔から「ビタミンが不足すると病気になる。

   ミネラルが不足すると死んでしまう!」と言われるように、細胞活動を行うためにもミネラルは大変重要です。

例えば心臓を動かすのもカルシウムチャネルというものがあって、それにカルシウムが流入することで、心臓は動いています。

筋肉の収縮においてもカルシウムがないと腕や足は動きません。

カルシウムが不足すると

高血圧

アレルギー症状

自律神経障害

不安症

不眠

免疫低下 など

このような様々な症状を招いていきますので、カルシウム補給の大切さがご理解いただけるかと思います。

十分なカルシウムで
イライラを解消!

砂糖の多いスナック菓子飲み物やリン酸を含むインスタント食品の摂取により体内のカルシウムを追い出してしまう傾向があります。カルシウム不足になると被害者意識が強くなったりする傾向もみられます。
感情の起伏をコントロールするにもカルシウムは大きな役割を担っています。

カルシウム不足が結石の原因に

結石の成分は大部分のカルシウムとコレステロールなどの脂質で構成されています。
カルシウムは血液中では溶液として存在しているのですが、カルシウムが不足することで骨から補おうとするカルシウムが出すぎて尿などから排泄しようとします。尿中に出てくるカルシウムは骨から溶け出た悪玉のカルシウムなので硬い石になりやすいのです。

カルシウム不足が血圧を不安定に

カルシウムが不足すると血圧が高くなる。 

私たちの身体における、細胞と細胞外のカルシウム比率はおよそ1:10000ほどの濃度差があります。
微量なカルシウムイオンが細胞内に取り込まれると細胞が刺激され活動しているのです。
 
ところが、カルシウム不足が続くと、生命活動維持のため、骨から流れ出したカルシウムが血液中に多くなり、細胞内にカルシウムがどんどん流入し、それによって血管の平滑筋が収縮され血圧が上がってきます。
 
皆さんは血圧のお薬でカルシウム拮抗剤というものをご存じでしょうか?
薬理作用は平滑筋細胞内に入りすぎるカルシウムイオンを拮抗(抑える)ことで血管の緊張を緩め血圧を下げるというものです。
 
すなわち、血液中のカルシウムが減少すると、それを元に戻そうとして、骨からカルシウムを大量に利用して補います。
それによって、血液中に溢れたカルシウムが平滑筋に取り込まれることで高血圧となります。
 
このような、カルシウムの利用を行わないようするためにも、摂りこみのよいカルシウムを補いましょう。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

1 骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、長年の生活習慣などにより骨の量が減少し、骨折しやすい、または骨折してしまった状態をいいます。
 
また骨粗鬆症は、ホルモンのアンバランスも大きく影響していることもわかっているので
その影響を受けやすい女性に圧倒的に多い症状でもあります。
特に、閉経を迎えられたあとの細身の女性の方は注意が必要です!
 
婦人科などにおけるホルモン療法は、ホルモンの減少を緩やかにすることで不定愁訴の軽減や骨密度にも有効とされますが、その他に漢方では、ホルモンを司る栄養素として黒いもの(黒ゴマ、黒ニンニクなど)を薬膳として少しずつ取り入れることもよいとされています。
コツは少しずつを続けることですね。
 
食事の是正は栄養価の少ないこの時代に難しいのですが、やはり「食事」はとても大切です。 
できるだけ好き嫌いせず、バランスの良い食事に努めましょう!

また、吸収の良いカルシウムサプリメント摂取はもちろんですが、良質のたんぱく摂取、その他、亜鉛などの補給も視野に入れるとよいと思います。
 

2 骨強度は骨密度と骨質で決まる

骨粗鬆症改善を改善するには、骨密度をあげるためにカルシウムだけをたくさん摂り入れれば良いといった単純なものではありません。

骨密度改善の治療を行って、充足率100%を達成しても、石灰みたいに硬い骨では、尻もち程度のちょっとした衝撃で崩れてしまったという話はよくあることです。

骨の強度は骨密度(70%)+骨質(30%)で決まってきます。

赤ちゃんや若者の骨は、しなやかさが伴うので、多少負荷がかかっても折れにくいのです。

すなわち、骨量だけでなく骨質もとても大切です。

鉄筋ビルを考えたらわかりやすいと思いますが、ビルを建てるのにコンクリートだけでできないですよね。 必ず、コンクリートの中に鉄芯がしっかりと入れられてます。

これによく似て、私たちの骨もカルシウムだけでなくコラーゲン(タンパク質)が加わって初めて、そのしなやかさが保てます。

ただ、コラーゲンそのものを摂取しても体内で一旦アミノ酸に分解されてタンパク質に合成されるため都合よくコラーゲンに再合成されるとは限りません。

よって、総合アミノ酸の形で補うことの方が、不足している部位に身体が必要に応じてコラーゲンを生成していくのでより効率的になると思われます。

柔軟性のある骨創りを目指しましょう!


 

カルシウム不足が続くと動脈硬化を起こしやすくなる

動脈硬化の主な原因として、酸化脂質やカルシウム沈着による血管の石灰化(骨化)することはわかっています。
カルシウム不足が継続すると、心臓や脳、筋肉などの活動に欠かせない血液中のカルシウム濃度を維持しようとして、骨からカルシウムを利用しますが、過剰に溶けだしてしまうため、細胞や平滑筋などの組織内に必要以上のカルシウムが存在してしまいます。
 
これによって骨から溶け出したカルシウムは血管内に沈着しやすく、やがて血管を硬くし、破れやすくしてしまいます。
 
すなわち、カルシウムが不足すると、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。
カルシウムって、骨や歯の問題だけではないんです。

カルシウム不足とめまい

めまいと言えば、貧血や自律神経失調から起こるメニエールが一番に連想しますが、カルシウム不足との関連性も指摘されています。

 耳の中にある三半規管は平衡感覚を維持する機能を持つ器官で、その手前に耳石器という器に耳石という小さな結晶が乗っており、これが耳石器の上を移動することで私たちは、傾きや加速度などを感知しています。

 耳石は常に代謝されて、新しい耳石がつくられています。 耳石は炭酸カルシウムで出来ており、カルシウム不足の場合これが剥がれやすく、三半規管を刺激することでめまいを生じます。

 直接のデータがあるわけではないのですが、骨粗鬆症の方がめまいを発症する場合が多く、骨粗鬆症薬の服用により、再発しにくくなったというデータがあることからもカルシウムを積極的に摂取することは大変有効と考えられます。

カルシウム不足による頭痛

【種類】

頭痛には主に大きく緊張型頭痛と片頭痛の2つに分けられます。

緊張型頭痛は頭を締め付けられるような痛みがダラダラ続くのが特徴で主に首筋や肩の筋肉の凝りや精神的・身体的ストレスが原因で起こるとされています。

一方片頭痛はこめかみにズキズキとした痛みが起こり、ひどくなると吐き気を伴う場合もあり、比較的女性に多く、脳の血管が拡張した際に周辺の神経を刺激するためにおこるとされています。

緊張型頭痛の場合は軽い運動で緊張をほぐしたり、首元を温めると軽減でき、片頭痛は逆に冷やしたり、こめかみを抑えると楽になるといった傾向があります。

【主な原因】

多くは筋肉の緊張による血行障害によって引き起こされていますが、これにはカルシウム不足が関与しています。

カルシウム不足の状態が続くと、生命維持に必要なカルシウムの血液中濃度を正常の約1%に維持するために副甲状腺ホルモンが分泌され、骨からカルシウムを溶かし出して血液中のカルシウム濃度を維持しようとします。

この際、副甲状腺ホルモンには骨を溶かし出して血液中にカルシウムを供給する働き以外にも血液中のカルシウムを細胞内に押し込んでしまう働きがあることから、平滑筋に繰り返し押し込まれることで血管が収縮し痙攣が起きてしまいます。

このようなことからカルシウム不足になると血管が収縮し、血行不良が発生しやすくなり頭痛や肩こりが起きやすくなります。

糖尿病との関連性

糖尿病とは体の中で糖類をはじめとする様々な栄養素をエネルギーに変えることができなくなる病気です。

糖尿病の人の尿を調べてみると、カルシウムイオンや亜鉛などのミネラルが多量に見いだされることから、血糖値の高めの方は、これらのミネラル欠乏すると考えられています。

糖尿病の方がなぜ、カルシウムが必要かというと、不足しているインスリンが有効的に使われるように、細胞から引き出す手伝いをしているのがカルシウムイオンだからです。

カルシウムは取り込み
にくい栄養素!?
だから!
吸収が良く、体内利用
されやすいものを選び

ましょう!

こちらの写真は、それぞれの代表的なカルシウムの溶解試験のものです。
各種同量(1000mg)のカルシウムを200mlの水溶液にて溶け具合を実験したものです。
他のカルシウム成分と比べ、カルエイトのL-型発酵乳酸カルシウム(右)は非常に溶けやすいことがわかります。

カルシウムはリチウム、カリウムに続き、3番目にイオンになりやすいとても反応の良いミネラルです。

そのため、サプリメントなどでも飲み方のコツとして、お茶で飲まないようにと言われたこともあるかと思います。

これはお茶に含まれるタンニンと結合しやすく吸収を邪魔されるからとされていますが、カルシウムはイオン化(溶けている状態)されて初めて体内に取り込まれます。

昔からカルシウム補給にお魚を食べるとよいといわれていますが、魚のカルシウムは吸収しにくく、むしろタンパク質補給とも言えますね。それほどカルシウムは摂取しにくい栄養素なんですね。

牛乳においては豊富なカルシウムを含む食品の一つでもあるのですが、牛乳に含まれるカゼインというたんぱくがおよそ80%ほど占めており、胃のペプシン(たんぱく分解酵素)により凝集(固まる)され、その後ゆっくりと分解されてくるため、牛乳のカルシウムの吸収は腸の下部あたりで行われます。これを拡散吸収といい、たくさんのカルシウムが流れ込みます。

一見よさそうに見えますが、一気に血中カルシウム濃度が高まると、身体はバランスを保とうとして余分なカルシウムを体外に排泄しようとします。

これが、牛乳にたくさんのカルシウムが含まれるのに、たくさん飲んでも骨量が増えない大きな理由とされています。

すなわち、ここで注目すべき点は、量の摂取ではなく、摂りこみ方が大切です。

カルシウムといえども多量に入りすぎると身体は興奮して身体のバランスを乱してしまいます。

素早く吸収されると余分なカルシウムを入れないように体を守るセンサーが働き身体バランスを保つのです。

なのでカルシウムは素早く吸収できるものであることが大切とわかります。

当社がメーカーと共同開発したサプリメント「カルエイト」は、L-型発酵乳酸カルシウムを採用しています。

L-型発酵乳酸カルシウムは、WHO(世界保健機関)もその安全性と有効性を認めている成分です。

骨密度をキープして、いつまでもご自身の足で歩けるしあわせに感謝しましょうね!


L-型発酵乳酸カルシウム
 カルエイト

商品開発に向けて当社の想い
カルシウム剤は適切な量が適切に吸収され利用されるものでなければならない!
商品特徴
L-型発酵乳酸カルシウム
水に非常に溶けやすいカルシウムです。小魚の骨(リン酸カルシウム)と比べて3800倍、漢方薬に使用される牡蠣殻やサンゴ、卵殻などの炭酸カルシウムと比して6800倍の水溶率を誇ります。

マグネシウム
心臓や血管などの循環器官や神経、筋肉機能を維持し骨の代謝を助けます。さらに体内の各種酵素の働きを円滑にすることでエネルギー産生にも働きかける栄養素です。

ビタミンD3
本来カルシウムは腸からの吸収がとても難しい栄養素です。ビタミンD3は、カルシウムが腸管吸収されやすいように補助する働きがあります。さらに骨量アップに寄与するだけでなく、免疫強化や糖尿病、アレルギー疾患、乾癬、うつ病や統合失調などにも有効であるといわれているスーパービタミンです。
健康相談受付中!
お電話ください!
商品に関するお問い合わせは
こちらから…
078(954)8181
営業時間 10:00 - 18:00 不定休 
※休業日はホームページのカレンダーからご確認いただけます