引越しでベッドを運ぶのって不安ですよね?

引越しでいちばんの悩みとなるのが「ベッド」ですよね?
新居の物件探しや契約などに追われているうちに、迫ってくる引越し。 引越し業者を探すか、自力で引越しするかも決めないとなりません。

そんな頃、急に襲ってくるのが「ベッドをどうするか?」という大問題。

「あれ、そういえばこのベッドって、どうやって運ぶの?」

「ベッドの解体はできるの?」

「そもそもベッドは新居に収まるのかな? まさか吊り上げ!?」

「もしかして、ベッドを処分するしかない?」

などなど、ベッドの取り扱いに不安になったり、焦ったりすること、ありますよね?

これから引越し業者を探そうとしている人。また、自分で車を借りて引越しをしようと思っている人。


いずれにしても、いちばんの大物「ベッド」をどうするかは重要な問題です。いまのベッドを新居へ持っていくのか、あるいは処分して新しいベッドを買うのか。ベッドのサイズはシングル、セミダブル、ダブルですか? はたまたクイーン、キングサイズ??それによってトラックやレンタカーの大きさが決まってきますし、引越しの費用はもちろん、そもそも自力で引越しできるか否かが決まってきます。 

まずは、いまの家にベッドを運び込んだ時はどのような方法でやったのか、その時のことを思い出してみましょう。

引越しの「無料一括見積りサービス」で業者に相談を!

これから引越し業者を探そうとしている人。
また、自分で車を借りて引越しをしようと思っている人。

 

どちらの方も「できるだけ安く引越したい」「おトクに引越したい」という気持ちは同じですよね?

 

おトクに引越すために、必ず利用していただきたいのが、「引越しの無料一括見積りサービス」です。

極端な話、引越し料金に「定価」はないようなものです。
もし自分で業者に電話をかけて見積もりを依頼した場合、もし自分が業者の立場だったら、定価、あるいは高めの金額を伝えないでしょうか?
「この人、他社と比較せずうちだけに頼むんだ」と思われたら、こちらが不利になりますので、できれば避けてください。

 

その点、この「無料一括見積りサービス」を使えば、大手から中堅どころまで最大10社から一度に見積もりをとることができます。
複数社での競争となるため、他社に負けない安い金額を出してくることが期待できますし、「A社は○円だった」と伝えることで、こちらに有利な値下げ交渉をすることもできるんです。

 

担当者さんが見積もりを作成する際に、荷物の量や、ベッドや大型家電のサイズなどをきかれます。
そこで心配なベッドのことをきいてみましょう。
電話だけではわかりかねる場合、訪問によって荷物のボリュームを把握する場合もありますが、その場合も費用は一切かかりません。
引越しでの、ベッドの解体や運び込みの流れを確認するチャンスにもなるでしょう。

 

いま、引越しの「無料一括見積りサービス」は、引越しの常識。
利用者が選んだおすすめ引越し業者ランキングも掲載されていますので、業者選びの参考にしてみてください!
詳細はこちらから!!

自分で引越しする際の注意点

引越しって本当にお金がかかりますよね?

 

費用をおさえるために、自力で引越しをしようとする人も多いです。
でもいま、引越し業界は先ほどの「無料一括見積りサービス」の普及などで、値下げ合戦になっているのが現状。
レンタカーを借りて自分で引越しをしようと思ってたけど、見積もりをとってみたら、意外と安かった、そんな声も多いんです。

 

自力で引越しをしようと思っても、レンタカー代やら、いろいろと費用はかかりますし、ダンボールやガムテープ、梱包材、軍手・・・などなど、細かい道具を用意するのもけっこう面倒なものです。

いちばん気をつけてほしいのが、慣れない引越し作業で壁などに「傷」をつけてしまうこと。


ベッドなどの大きな家具を運ぶ際に部屋に傷をつけてしまったら、敷金の返金額が少なくなってしまいますよね。
また、エントランスや廊下、エレベーターなど、公共のスペースにも決して傷をつけないように注意する必要があります。
場合によっては、敷金ではまかないきれない修繕費を請求されることも…。

 

業者さんは、引越し作業の前に廊下やエレベーター、壁、床などを汚したり、傷をつけてしまう可能性のある場所に「養生(ようじょう)」と呼ばれるクッション性の高い防護シートやブルーシートを貼っているのをご存知でしょうか?

自力で引越しをする場合も、少なくとも「養生」はしないと、特に新居では近隣方から非常識な目で見られてしまうかもしれません。
ベッドの他にも、冷蔵庫や洗濯機、エアコンなど大きな家電製品の取り付けなど、本当に自分でできるか不安な面も。

 

引越しの一括見積もりをとってみて、思っていたより安く済みそうなら、ここはキッパリと業者さんにお任せしてしまうのもひとつの方法です。
上記のような様々な準備や気苦労から解放されると思えば、かえって安いかもしれません。

 

なんといっても見積もりは無料ですので、まずは気軽に見積もりをとってから考えてみてはいかがでしょうか?