動画制作ならここにお任せ!動画制作会社ランキングin2019

参考にしてね!

動画の制作会社がたくさんあってどこがいいかわからない!

  • とにかく高品質がいい!
  • 料金が安い方がいい!
  • とにかく高品質がいい!

そのお悩みを解決します!

ここでは動画制作会社のなかでも特にオススメできる動画制作会社を作者独自の視点でご紹介!

Shibuya Movie

シネマティックな動画制作を検討される際は特にオススメ!格段に良いセンスで見ている人を魅了できる動画が制作できます。

ダブリュ

CM制作からWeb動画まで幅広く対応できるのが強みです!

TAO

こちらは名古屋の動画制作会社さん。関西方面で動画制作をご希望のクライアント様は一度相談してみる価値あり!

映像制作にセンスは必要不可欠?センスの磨き方

映像制作に欠かせないのが「センス」です。よく「センスが良い」といいますが、クリエイティブの世界ではこの「センス」がとても重要になってきます。とはいえ、センスは簡単に手に入るものではありません。また同じクリエイターでも、職種によってセンスはさまざまです。では、映像の場合はどんなセンスが求められるのでしょうか?一番のポイントは「タイミング」です。

映像クリエイターには「タイミング」が重要
映像で人々に感動や驚き、喜びを与えるために欠かせないのが「タイミング」というセンスです。タイミングのセンスと言われてもいまいちピンとこない方もいるかもしれませんが、たとえば映像に乗せる音楽を流すタイミングや効果音、言葉などが挙げられます。これらが程良いタイミングで入っていると、見ている側はとても心地良く感じます。このタイミングのセンスは簡単に手に入るものではなく、それこそ生まれ持っているセンスがなければ難しいでしょう。それでも、繰り返し映像を撮るにつれて、徐々に「見る人にとって心地良いタイミング」が分かるようになってきます。また、センスは磨くことができます。どんなに生まれ持ったセンスを持っていても、そのままにしていれば輝きません。「自分にはセンスがない」と諦めてしまうのではなく、センスを磨くことでその人にしかない魅力的なセンスが生まれますし、多くの人に認められるようになるでしょう。

どのようにセンスを磨くべきか
一般的にいわれているセンスの磨き方は、「多くのものに触れる」ことです。映像に限らず、さまざまな業種のいろんなモノに触れることで、どんどん感性が磨かれていきます。ですから、どんなことでも良いので積極的に触れるようにしてください。次に、「オリジナル性を持つ」ことです。どんなにいろんなモノに触れても、ただ真似をしているだけではセンスは磨かれません。そこから得た感覚をインプットしたら、オリジナルで挑みましょう。

大切なのは、勉強するよりも実際に心と体で感じることです。特に映像の場合は視覚的なものですから、目で見て感じたこと、経験したことがセンスに繋がります。基礎も大事ですが、多くのモノに触れて、経験して、そしてインプットしたことを再現していきましょう。

目標とするクリエイターを見つける
いろんなモノに触れて心と体で感じることも大切ですが、自分にとって「目指したい」と思えるクリエイターを見つけるのも良いかもしれません。誰でも「尊敬する人」「憧れる人」がいると思いますが、そういった人を見つけることでその人のセンスを参考にします。要するに「師匠」と呼ぶ存在です。もちろん、目指したいクリエイターは著名人でも良いですし、無名の人でもかまいません。尊敬している人のセンスはとても参考になり、そこから新しいセンスが生まれることもあります。ただ注意してほしいのは、「真似」にならないことです。良いものを吸収し自分の力にすることと、まるっきり真似してしまうのとでは意味が違います。そこを間違えないようにセンスを磨いていく必要があります。

このように、センスを磨くための方法は様々ありますが、初心者の人が一から始めるとなると、どうしても時間がかかります。あまり時間もかけられないけど、センスの良い映像がほしいというときは、プロの制作会社へ依頼するのが一番です。