精子提供ボランティアのいろは

■精子提供とは?
妊娠を希望しているけれど不妊で難しいカップルの場合、原因が男性側の精子にあるケースは少なくありません。また、結婚はしたくないけれど子供は欲しいという女性もたくさんいますし、女性同士のカップルだと子供が欲しくても精子がなければ妊娠することは不可能です。そうした精子のニーズに合わせて利用できるのが、精子提供というサービスです。

精子提供のサービスを利用することで、これまでは妊娠をあきらめていた女性でも、赤ちゃんを授かることが可能となります。精子バンクによっては、提供された精子を冷凍保管し、ニーズに応じて女性へ提供するという方法もあれば、精子提供者がバンクへ登録し、ニーズに合わせて女性へ提供するという方法もあります。精子バンクの中には精子提供者の血液型や年齢を始め、身長や体重、体型などを選べるサービスもあり、より希望に近い精子を利用しての妊娠もできます。

■精子バンクの種類
日本国内における精子バンクには2種類あり、日本産婦人科学会へ登録されている医療機関が運営する公的バンクと、民間組織や個人が運営するバンクとに分類できます。

公的バンクは、夫婦でなければ利用できない条件があるとともに、精子提供者の血液型しか指定できないというルールがあります。自身で精子提供者を選べないため、子供を何人か授かりたい場合でも、同じ男性から精子の提供を受けることも難しいでしょう。

こうした公的バンクがカバーしていない部分を網羅しているのが、民間の精子バンクです。夫婦ではなく、子供が欲しい独身女性や女性同士のカップルでも利用することが可能です。どんなサービスを提供するかはバンクによって異なりますが、精子を提供してくれる候補者と事前に面談ができるサービスもあります。これは、面談することによって自分の希望により近い精子を選べるというメリットがあり、人気です。また民間の精子バンクなら、同じ提供者から複数回の精子提供を受け、複数人の子供を持つことも可能です。

■ネットで精子提供を受けることも可能?
近年では、精子提供サイトが増えていて、ネットで精子の提供を受けることも可能となっています。この場合には、サイトの運営者が精子提供者となるケースが多いため、利用の際にはあらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

公的な精子バンクと民間機関とでは、それぞれメリットとデメリットが異なりますし、運営状態も異なります。そのため、どの精子バンクを利用するかを決める際には、慎重かつ冷静になり、複数のサービスを比較検討した上で決めることを、おすすめします。
■精子の提供法は1つだけではない
精子提供の方法には、人工授精やシリンジ法、そしてタイミング法などがあり、それぞれ妊娠する確率が異なります。妊娠する確率という点で最も可能性が期待できるのは人工授精で、その後はタイミング法、そして最も妊娠率が低いのはシリンジ法という方法です。

民間の精子バンクにおいては、事前に精子提供者と面談できるサービスなどがあり、誰が精子を提供してくれるのかを知ることができます。そのため、幅広い選択肢から選べることが多いです。しかし公的機関では精子ドナーを選ぶことはできないため、選択肢は相手が分からないような方法のみに限定されるのが一般的です。

■タイミング法とは?
タイミング法とは、女性が排卵するタイミングに合わせて、精子提供者と性行為を行うという方法です。メリットは、他の方法よりも新鮮な精子を提供してもらえる点がある他、より自然な形で妊娠できるという点も挙げられます。

しかしタイミング法は、精子提供者と性行為をしなければいけません。そのため、既にパートナーや配偶者がいる女性にとっては、精神的に抵抗がある可能性もあります。お互いに納得した上でタイミング法を選ぶことが、後からトラブルを引き起こさないためにはとても重要です。

■シリンジ法とは?
シリンジ法とは、先端部分が針ではなくシリコンとなっている注射器を使い、スポイトで吸い上げた精子を膣の中に注入するという方法です。タイミング法と比べて精子の鮮度は落ちてしまいますが、基本的には男性が射精した直後のタイミングで女性の膣へ挿入するため、精子を冷凍保存すると言った作業は行いません。精子を提供する男性と、提供を受ける女性が、同じタイミングで作業を行わなければいけませんが、精子バンクによってはお互いが顔をあわせずに済むような配慮がされていることが多いです。精子提供者との性行為に抵抗がある場合には、シリンジ法を選択すると良いでしょう。

■医療機関では提供精子を使った人工授精も可能
精子バンクの中には、医療機関が運営している機関が少なくありません。しかし、すべての精子バンクが医療機関というわけではありません。精子提供のサービスを利用して、最も高い確率で妊娠することを望むなら、医療機関で提供精子を使っての人工授精という方法も検討してはいかがでしょうか?

医療機関での人工授精は、医療行為として治療を受けることができます。しかし、不妊治療を受けている夫婦でなければいけないなどの条件を課す機関が多く、精子提供を希望する女性すべてが利用できる訳ではないというデメリットがあります。
詳しくはこちら
https://mirai-tobira.com/