なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

毛利一文のオススメ作品
~詐欺編~

映画やドラマを見るのが趣味。年間100本以上はチェックする毛利一文のオススメ作品紹介ページです。
今回は詐欺や詐欺師が活躍したり、ラストにどんでん返しが待っているような作品をまとめました。
映画やドラマの魅力
こうした作品たちは、大まかに様々なジャンルに区別することができますよね。例えば洋画と邦画、としても分けられますし、アニメか実写か?、フィクションかノンフィクションか?
もちろん、アクションかコメディか、ミステリーかSFかファンタジーかなど内容で分けることもできます。たいていの場合一本の作品は複数のジャンルにまたがり、恋愛アクション系、SFミステリーなど組み合わせは様々。「今日はこういう作品の気分だな」とその時の気分に合う作品が必ずある。
ぼくの場合、詐欺師が活躍してまんまと騙す!ようなジャンルが特にお気に入りです。こうした自分のお気に入りジャンルがあるのは良いですよね。
自分もその作品の世界に入り込んだような気持ちになることができ、コロナで大変な今だからこそ映画業界には頑張っていただきたいと思っています。

もっと詐欺師活躍系の作品を知ってもらおうと、毛利一文のお気に入りの作品をこのページでご紹介していきます!「今日は何を見ようか?」と迷った時にでも参考にしてみてくださいね。

詐欺系映画のおススメ


映画はサクッと2時間前後で完結するので見やすくて、一気に感情移入できるのでおすすめ。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち

2017年製作/130分/PG12/タイ
カンニングによるオーシャンズ11?実話をもとに制作!
アクション映画を見ているようなテンポの良さが気持ち良いです。たかがカンニングの話なのに手に汗握るドキドキが味わえるのは誰しもがこの子たちの年代を通り、感情移入できるからでしょう。まるでオーシャンズシリーズを見ているかのようです。シリーズファンの方は是非。
展開も精工でとても面白かったです。若手俳優たちの洗練度は素晴らしく日本ものの役者陣ももっと頑張らなくてはと思いましたね。
タイではカンニングがビジネスになり得るのだといいます。経済格差や学歴格差も巧みに描いています。

マッチスティック・メン

2003年製作/116分/アメリカ
改めて詐欺の恐ろしさを考えさせられた。
スリルやドキドキハラハラという感じではないですが、事前情報何も無しに見て欲しい作品。
ニコラスケイジの普段あまりやらないような役が非常にかっこよかった。主人公と一緒に詐欺をやっているかのような感覚にもなれるので良かった。
映画のテンポや挿入歌や雰囲気も良い作品。一応サスペンス系ではあるが気楽に見られるので是非。

詐欺師系おススメ漫画


隙間の時間にパッと開いて読むことができる。何度も何度も気軽に読み返すことができるのも魅力。

闇金ウシジマくん

2004年~2019年/小学館/真鍋昌平
詐欺に殺人、ドラッグとアングラ系漫画の決定版
言わずと知れた人気漫画。山田孝之主演でドラマは全3シーズン、映画は4本のアングラ系漫画のトップ。
見ていて目を背けたくなるような描写もあるが、人間にとって大事なことを教えてくれる。闇金からカネを借りるな、ギャンブルをするな、ヤクザに関わるな、など当たり前のことだけど、生きているとどうしても分からなくなってしまう時がある。
そんなときにこの漫画を読むと「おっと、いけないいけない、まっとうに生きねば」と大切なことを思い出させてくれる。

ハンマーセッション!

2006年~2009年/講談社/小金丸大和・八津弘幸
詐欺師の経歴を活かした衝撃的授業(ハンマーセッション)とは?!
超一流詐欺師がひょんなことから学校の教師に成りすます。受け持ったクラスは問題児だらけ。普通の教師にはできない詐欺師ならではの衝撃的授業を繰り広げていく。
2010年にはドラマ化もされた人気作品。
実際に詐欺をおこなうシーンはないものの法律や心理学に精通している主人公が思春期の生徒たちにどう向き合っていくのか、みどころです。
毛利一文のオススメ作品いかがでしたか?

詐欺(だまし)系の作品はついつい引き込まれてしまうようなものばかり。
みなさんも是非観てみてくださいね。
またおすすめがあれば随時更新していきます!