石垣島パイナップル農作業ボランティア募集 in 2020

自然農法でパイナップル栽培をする、"考える農家”こと“脳家”では、
パイナップルの収穫・農作業をしたい仲間を募集します!
都会の喧騒から離れ、島の太陽の下で思いっきり汗をかいて
心のオアシスを見つけませんか?

こんな方におすすめ!

  ✔︎ 沖縄の海が好き!自然が好き!
  ✔︎ 農業体験をしてみたい!
  ✔︎ パイナップル畑を見てみたい!
  ✔︎ 都会の喧騒から離れて癒されたい!
  ✔︎ 観光+αの思い出を作りたい!

こんな体験ができます

・パイナップル収穫体験(コロナウイルスにより中止)
・パイナップルの苗植え(2020年10月頃を予定)
・パイナップル畑の雑草取り(無農薬のため常時)
・パイナップル畑の耕運  など

※ご参加時期によって、作業内容は変わります。
←収穫体験の様子

参加者の声

パイナップルの収穫作業を2週間やってみて、毎朝7時~お昼過ぎまで作業をし、東京でのオフィスワークな日常では味わうことのできない達成感汗をびっしょりかくことの感動、そして収穫したその場で食べられる自然の甘みたっぷりのパイナップルの味にやみつきになりました。 観光ではなく仕事する場所のような所としていつでも帰れる場所ができ、まさに心のオアシスを見つけられました!
東京都 会社員 Hさん
脳家さんに出逢うまでは、パイナップルは木に実る果物だとばかり思っていました。いざ畑へ行くと、そこにはビックリする光景が広がっていました。収穫体験を通じて、パイナップルの育つ過程や環境、品種が沢山ありそれぞれ味わいに個性があることなど、初めて知ることばかりでした。
この体験をさせて頂いたことをキッカケに、様々な場所へ出向き生産者さんのお声を聞くのが好きになりました。
千葉県 飲食店経営 Mさん
脳家さんに出逢うまでは、パイナップルは木に実る果物だとばかり思っていました。いざ畑へ行くと、そこにはビックリする光景が広がっていました。収穫体験を通じて、パイナップルの育つ過程や環境、品種が沢山ありそれぞれ味わいに個性があることなど、初めて知ることばかりでした。
この体験をさせて頂いたことをキッカケに、様々な場所へ出向き生産者さんのお声を聞くのが好きになりました。
千葉県 飲食店経営 Mさん

募集要項

・募集期間
 2020年6月〜9月下旬頃まで
・活動期間
 2020年10月上旬〜下旬頃までの間で参加可能な日程
・作業内容
 収穫・苗植え・草むしりなど
 ※時期やその日の天候によって作業内容が変わります。
・応募条件
 18歳以上であればどなたでも可
 ※日陰がほとんどない畑での作業や、パイナップルの小さなトゲ、
   背の高い雑草に触れることが多くなりますので、ご不安な方はご遠慮ください。
   原則、長袖・長ズボンでの作業をお願いしております。
 ※集合場所までの交通費、宿泊費はご自身でご負担いただきます。
・持ち物
   長袖、長ズボン、ゴム製の軍手、タオル、帽子、飲み物
 ※沖縄の日差しは強いので、首に巻けるタオルやつばの広めの帽子を推奨します。
 ※パイナップルにはトゲがありますので必ず長袖、長ズボンをお持ちください。
 ※長靴は脳家にて用意します。
・応募方法
 本ページ下部にある「応募・お問合せ」からお願い致します。
・その他
 石垣市内から畑までのアクセスは、離島ターミナル付近の指定集合場所から
 車で送迎予定です。
 ※参加者人数が多い場合には別途検討させていただきます。

よくある質問

  • Q
    作業時間はどのくらいでしょうか?
    A
    沖縄の暑さを考慮し、朝8時頃開始、正午頃解散を想定しています。
    ※沖縄の天気は変わりやすいため、雨の場合は前日、もしくは当日朝に検討し、ご連絡致します。
  • Q
    集合場所まではどのように行けば良いでしょうか?
    A
    集合場所は、離島ターミナル付近のお店前や駐車場を予定します。
    参加者には事前に詳しい場所をお伝えしますが、観光地エリアのため離島ターミナルまでバスや徒歩でお越しいただければと思います。レンタカーでも可能ですが、駐車場探しや駐車料金は自己負担となります。
  • Q
    集合場所まではどのように行けば良いでしょうか?
    A
    集合場所は、離島ターミナル付近のお店前や駐車場を予定します。
    参加者には事前に詳しい場所をお伝えしますが、観光地エリアのため離島ターミナルまでバスや徒歩でお越しいただければと思います。レンタカーでも可能ですが、駐車場探しや駐車料金は自己負担となります。

脳家オーナー紹介

本村 修
大学卒業後、5年後に独立し、今や当たり前になっているセレクトショップの前身をオープン。アメリカと日本に職場を持ち、まだ日本にないものを見つけブランドを輸入する"エージェンター"として会社経営をする。
しかしながら、なんと無く仕事に疲れ、今までやった事のない農業をしようと思い、北軽井沢でキャベツ農家でボランティアをし、次に石垣島にパイナップル栽培をしに赴く。

参加者の方へのメッセージ

みなさん初めまして。脳家オーナーの本村です。
コロナ禍によりそれぞれのご苦労や思いがあるかと思いますが、そのような中で、医療と農業はインフラである、と言われるくらい、これからはより「食」の重要性が増し、担い手が失われつつある農業が大切になります。

都心で働きながらも石垣島でパイナップル栽培を出来るような農業や次の世代に繋がるような体制確立を目指していますので、まずは体験しに来てみてください。きっと新しい何かを見つけられると思いますよ。

脳家ボランティアの応募・お問合せ

いただいた応募・お問合せにつきましては、
3営業日以内にご返信させていただきます。