森谷式翻訳術
森谷祐二氏について

今回は森谷式翻訳術を監修した森谷祐二氏についてご紹介します。

森谷祐二氏はプロの翻訳者として活動しながら、同じ道を志す人への指導も行っています。

翻訳の仕事に興味がある人であれば、森谷祐二氏がどんな人物で、どのような指導をしているのか気になるところでしょう。

森谷祐二氏の経歴や実績、翻訳の考え方、さらに監修する森谷式翻訳術で学べること、口コミ・評判などについてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

森谷祐二氏とはどんな人物?経歴や実績は?

まずは森谷祐二氏とはどのような人物なのか調べてみました。

経歴や実績、考え方から人物像をご紹介します。

 

・森谷祐二氏の経歴

現在はアメリカ・カリフォルニアで生活しながら、翻訳の仕事をしている人物です。

元々は会社員だったそうで、リストラや働きすぎにより入院し、死を間近に感じた経験をしています。

過労で入院した時、今の人生を見直す必要性を感じ、その際に出会った仕事が翻訳でした。

好きな時に好きなだけ働ける自由な環境と、英語を使った仕事がしたいと気付き、翻訳者を目指して翻訳スクールに入学します。

しかし、長い期間をかけてもなかなか成果が出ず、翻訳者を諦めようと思ったこともあるそうです。

そんな時、自分の中で欠けていた問題点に気付いてからは翻訳会社の試験にも通過し、翻訳者デビューを実現しました。

 

・実績と年収について

森谷祐二氏は翻訳会社の試験通過後、わずか3ヶ月で月収100万円も稼いだ実績があります。

大手企業からの翻訳依頼が殺到する、年収1,000万円も稼ぐ実力者です。

 

・翻訳に対する考え方

森谷祐二氏は、翻訳について文化や背景に適した言葉で訳すことを重要視しています。

例えば、同じシチュエーションでも会話する人の関係性次第で、言葉のニュアンスは変わってきます。

翻訳も原文が示す意図やイメージ、コンセプトなど示すことを理解し、状況に合わせた訳文が必要だと考えているのです。

森谷式翻訳術で学べることは?

森谷式翻訳術は翻訳者を目指す人のために、森谷祐二氏が開発した翻訳ノウハウです。

一体どのような特徴があるのか、また具体的に何を学べるのか解説しましょう。

 

・森谷式翻訳術では短期間で翻訳スキルが身につく

森谷式翻訳術を学ぶことで、なんと最短3ヶ月で翻訳者になれるだけのスキルが身につくそうです。

このスピードは業界でも最短・最速と話題になっています。

しかも、森谷式翻訳術では英語力を底上げすることも可能です。

英語は好きで得意だけど仕事で使えるレベルかどうかは不安という方も、安心してレベルアップできます。

 

・できる人が少ないトランスクリエーションをマスターできる

森谷式翻訳術の最大の特徴はトランスクリエーションに特化している点です。

トランスクリエーションは通常の翻訳よりもクリエイティブな翻訳をする技術を示します。

原文をそのまま訳すというよりも、意訳するという意味合いが強いです。

意訳を加えることで言葉に訴求力を与えられます。

そのため、特にマーケティング目的の文章では強みとなるスキルです。

ただ、現状トランスクリエーションを使える翻訳者は少ないと言われています。

トランスクリエーションは訴求力の高い訳文ができるスキルなので企業のグローバル化が求められる現代では需要が高く、翻訳会社からも重宝される傾向があります。

また、特殊な翻訳スキルということもあり、報酬も高い傾向にあるのです。

開講したばかりの森谷式翻訳カレッジについて

森谷祐二氏は新しく森谷式翻訳カレッジというスクールを開講しました。

このスクールでは森谷式翻訳術のカリキュラムを受けられるようになっており、6ヶ月と短い期間で翻訳者を目指せます。

ここからは森谷式翻訳カレッジの特徴やコースの種類についてご紹介しましょう。

・完全オンラインで好きな時に勉強できる

森谷式翻訳カレッジは動画講義による完全オンラインのスクールです。

通学式のスクールだと平日の日中や定期的に登校して授業を受けなければならず、社会人やパート・家事で忙しい主婦は入学が難しいでしょう。

しかし、オンラインスクールなら空いた時間を活用して勉強ができるので、仕事や家庭との両立が可能です。

・フォロー体制もバッチリ

動画講義だと不安という方も多いでしょうが、森谷式翻訳カレッジではグループチャットを用意しており、そこに講師へ質問することが可能です。

現役翻訳者の講師がアドバイスしてくれるので、疑問を残さずに済みます。

さらに、森谷祐二氏や特別講師によるライブ講座も定期的に開催されています。

・訳文と履歴書の添削が受けられる

ZOOMを使い、訳文の添削をしてもらえるので現状でダメな部分がわかり、講師と一緒に分析して解決することが可能です。

弱点を見つけてすぐに克服できる体制が整っている点も、成長速度を速めてくれる要素につながっています。

さらに、翻訳会社の選考で提出する履歴書の添削も受けられるので、安心して就活ができます。

・3つのコースから選べる

入学する際は通常コース(298,000円)とマンツーマンコース(498,000円)から選ぶことになります。

マンツーマンコースを選ぶと個別カリキュラムを作ってもらえ、他には個別チャットでの質問や個別指導、添削サービスの受け放題など通常コースよりも手厚いサポートを受けることが可能です。

森谷裕二・森谷式翻訳術の評判は?

“今やってるのは主にアニメとかドラマの英訳。
好きなことで稼げるなんてほんと夢みたいやw
森谷式翻訳術。ほんとはあんま教えたくないねんな…”

引用元:https://www.britishkodalyacademy.org/english-teaching-materials/moriya-style-translation/#i-21

 

森谷式翻訳術で学んだ後、アニメやドラマといった映像関係の英訳で活躍しているそうです。

好きなことを仕事にできた喜びが伝わってきます。

森谷式翻訳術では基礎から学べ、またトランスクリエーションはマーケティング分野以外でも使えるので身につけば翻訳の仕事の幅を広げられるでしょう。

 

“森谷式翻訳術を実践し始めて半年ほど経ちますが、ようやくコツが掴めるようになり、納得できる翻訳ができるようになりつつあります。
翻訳といってもトランスクリエーションのように、正解がない多種多様な表現は人の個性が出て面白いですね。
副業に興味があるけど、何をしたらいいのか分からないという方は、試してみてはいかがでしょうか。
自分には合わないと思っても、英語力はあって損がないので、失敗することはないと思いますよ。”
引用元:https://www.alfaquarium.com/#40

 

初めは難しいと感じる部分もあるかもしれませんが、一つずつ学んでいけばトランスクリエーションのコツを掴んでいけるようになります。

森谷式翻訳術を学ぶことで、翻訳する人によって表現の個性が異なるトランスクリエーションの面白さに気付けるでしょう。

英語や翻訳スキルはあっても困らないので、何か副業をやってみたい人にも森谷式翻訳術はおすすめです。

まとめ

今回は森谷式翻訳術を開発した森谷祐二についてご紹介しました。
大手企業からの依頼も多く、年収1,000万円の実績を持っている人物なので、そんな人が監修した森谷式翻訳術では実務的なスキルが身につくと期待できます。
口コミ評判も良く、さらに森谷式翻訳カレッジのサポートは充実しているので安心して受講できるでしょう。
翻訳の仕事に興味がある方は、森谷祐二さんの活躍や森谷式翻訳カレッジに今後も注目してみてください。