モリモリ先生のドローン空撮教室
編集画面では動画は再生されません。

ドローン操縦を楽しみたい方
初心者やお子さんでも安心して楽しめドローン教室です

日本の都心部では、なかなかドローンの操縦を楽しむことができませんが、ちょっと郊外に行くと、ドローンを楽しむことができます!特に三浦半島は、東京や横浜からのアクセスは抜群!ドローン操縦だけでなく、美味しい三浦半島の食も楽しむことができます。ぜひ、ご参加しませんか?

またもう少しアクセスのよいところでということでしたら、もう少し近い江戸川の河川敷ではいかがでしょうか。場所については、ご連絡ください。
編集画面では動画は再生されません。

ドローン機材

MAVIC PRO
  • DJI Mavic Proは、高度な技術が搭載されたDJI史上最もコンパクトな最先端のフライングカメラです。コンパクトかつパワフルで、誰でも簡単に安心してフライトできるので、刻々と変わる風景を逃すことなく空から撮影することができます。
MAVIC Mini
Mavic Miniは、199 gの重さで、一般的なスマートフォンとほぼ同じ重さです。そのため、Mavic Miniは、手軽に持ち運べ、最も軽量で最も安全な重量クラスのドローンとして分類され、多くの国において特定の規制対象から免除される場合があります。日本でも、航空法の適用外のドローンとなります。
MAVIC AIR
Mavic Airは、メカニカル3軸ジンバルが本体に格納され、DJI史上最も優れた携帯性を誇るドローンとなっています。ジンバルの衝撃吸収部は三方に配置されており、抜群に安定性のある撮影を実現します。
TELLO
中国のスタートアップ企業Ryze Techが開発・販売。トイドローンでりますが、ドローンで世界シェアNo.1のDJI、そしてIntelが技術協力をしています。お手頃価格で、高性能。多くのドローン愛好者が注目している機材です。
TELLO
中国のスタートアップ企業Ryze Techが開発・販売。トイドローンでりますが、ドローンで世界シェアNo.1のDJI、そしてIntelが技術協力をしています。お手頃価格で、高性能。多くのドローン愛好者が注目している機材です。
編集画面では動画は再生されません。

ドローンレッスン費用

ドローン撮影35分

5月限定
5000
スタンダードプラン
座学15分 操縦20分

ドローン撮影30分

5月限定
4500円
ライトプラン
座学15分 操縦15分
ドローン撮影25分 超入門プラン 座学15分 操縦10分 4000円
ドローン撮影アドバンス 1時間 座学30分 操縦30分 8000円
【交通費と移動費について】
都内での講習は、交通費込での講習料
三浦半島での指導 交通費(2000円)+移動費(3000円)
松戸での指導 交通費(1000円)+移動費(1000円)

【ミニドローン】
学校施設(校庭や体育館)や大きい会議室でも撮影はできます。集合写真などにご活用ください。199gドローンは、人口集中地区でも所有者の許可があれば、飛ばすことができます(一部禁止になっているところはあります)詳しくはご連絡ください。

【交通費と移動費について】
都内での講習は、交通費込での講習料
三浦半島での指導 交通費(2000円)+移動費(3000円)
松戸での指導 交通費(1000円)+移動費(1000円)

その他オプション多数ご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください

ドローン撮影30分

5月限定
4500円
ライトプラン
座学15分 操縦15分

お問い合わせはこちらから

mori2hk@gmail.com

三浦半島城ヶ島

風光明媚な三浦半島の情景を凝縮したような景観で知られる、鎌倉時代以来の景勝地である。漁業、軍事、交通、文学に深く関わってきた多面的な歴史を持っており、大正時代に北原白秋の『城ヶ島の雨』(後述)が評判を呼ぶと、ロマンの島として全国に名を知られるようになった。大正末期から太平洋戦争終戦までは東京湾要塞の一部として砲台が存在したが、戦後は「城ヶ島公園」として開放された。現在は磯釣、磯遊びに適する行楽地として知られる他、三崎と共に海を囲み、遠洋漁業基地三崎漁港の一角を成す。

三崎との距離が約500mと近いため、歴史的にも三浦三崎の一部と言える存在である。かつては三崎仲崎岸壁より出ていた渡し舟が唯一の渡島手段であったが、1960年に城ヶ島大橋が開通すると三崎との一体化は一層進行した。



首都圏の人口集中地区について(クリックすると確認できます)

首都圏はほぼ全域人口集中地区

三浦半島は人口集中地区から外れているところが多い

編集画面では動画は再生されません。

編集画面では動画は再生されません。

編集画面では動画は再生されません。