ビジネスマンのための「道徳」の教科書『モラルBIZ』

「モラビズ研修」で人間力を向上させよう!!

あなたの職場は大丈夫ですか?

指示待ちの人材が多い……
離職率が高い……
職場の雰囲気が悪い……
頼れる上司がいない……

「モラビズ研修」を始めませんか?



「モラビズ研修」とは……

月刊誌『モラルBIZ』(略して「モラビズ」)をテキストに使った、従業員のビジネスモラルとモラールを高める研修会です。年間5万人が受講する社会人へのモラル研修やセミナーの、90年におよぶ実績をもとに、実際の職場で起こりうる、報・連・相のトラブルや職場の人間関係の悪化など、実際の職場で起こりうる問題をテーマとして取り上げています。

参加する一人ひとりが、毎回のテーマについて自分の考えをまとめ、話し合う「モラビズ研修」を定期的に実施することで、従業員一人ひとりの「自分で考え、話す力」が育まれるほかに、同僚の考え方も理解できるようになるため、職場の雰囲気もよくなり、定着率も高まります。

「定着率が悪い」「指示待ち人材が多い」「会社の空気が悪い」そんなことで悩んではいませんか?
その悩み、社会人対象のビジネスモラル研修「モラビズ研修」で解決を目指しましょう!!

「モラビズ研修」は、次のような悩みに効きます

離職率を下げたい

定期的に「モラビズ研修」を行うことで、従業員のモラルとロイヤリティが高まり、定着率が高まります。

指示待ち人材が多い

「明日から職場で何ができるか」と落とし込んで考えることで、自分で考えて行動できる人材が育ちます。

社風をよくしたい

従業員一人ひとりが、他人を思いやって行動するようになるため、「働きやすい」職場風土が醸成されます。

「モラビズ研修」
の進め方

モデルプラン
(60分研修の場合)

STEP

1

Thinking(5分)

本編を読む前に、今回のテーマを踏まえて「シンキングノートPart1」(P.10)の設問に答えを書き込み、自分の考えをまとめましょう。

STEP

2

Reading(15分)

本編(P.12~23)を読みましょう。参加者が1人当たり2ページ分を声に出して読む「輪読」か、誰か1人が全編を読み上げる「朗読」、インターネットサイト「モラビズネット」の音声データを再生する「音源再生」などの方法がありますので、事情に応じた形でお読みください。

STEP

3

Thinking(10分)

本編を読み終えたら「シンキングノートPart2」(P.24)を活用して、設問ごとに感じたこと、思ったことを書き込みましょう。

STEP

4

Discussion(20分)

3~5人ほどのグループをつくり、そのグループ内で1人ずつ「シンキングノート」に書いた内容を発表します。1人が発表した後、ほかの人はそれに対しての意見や感想を述べ合い、それが終わったら、次の人が発表します。時間内に全員が発表できるように心がけましょう。

STEP

5

Sharing(10分)

各グループで1人、代表者を選びましょう。代表者はグループディスカッションの内容を発表し、全体で「気づき」を共有しましょう。

STEP

1

Thinking(5分)

本編を読む前に、今回のテーマを踏まえて「シンキングノートPart1」(P.10)の設問に答えを書き込み、自分の考えをまとめましょう。
上記の60分以外にも、10分、30分と学べるバリエーションがあります。
詳しくは、モラロジー研究所出版部の営業課までお問い合わせください!

TEL:04-7173-3332  E-mail:morabiz@moralogy.jp

「モラビズ研修」5つのメリット

1.「まんが」で
  スムーズな導入を!



活字を読まなくなったと言われる20~30代の世代でも「まんが」なら抵抗なく読めるもの。

『モラルBIZ』本誌では、ストーリーの冒頭部分を「まんが」化することで、「モラビズ研修」の主対象層である20~30代が「読んでみよう」と思えるつくりにしていますので、企業での「モラビズ研修」をスムーズに行えます。

2.書いて、話すから、
  身につきます



「モラビズ研修」では、毎回のテーマに対する自分の考えを「シンキングノート」に書いて、それにもとづいて話し合いをすることで、一方的に講師の話を聞く研修会よりも高い学習効果が望めます。

3.「モラビズ研修」は、
  講師いらず!



「モラビズ研修」は、話し合い中心の研修ですので、講師を立てなくとも開催できます。定期的に研修会を行う際に課題となる講師の選定や依頼などの手間ナシに開催できる研修会です。

4.毎月の研修会が
  大差をつくる



「モラビズ研修」は、社員の人間性を高める研修です。人間性というものは、一朝一夕には高まりません。だからこそ、いち早く社員の人間性を高めることが、会社の差別化につながります。後追いで他社が同様の研修を始めても、御社が「モラビズ研修」を止めない限り、その差が埋まることはありません。

5.かかる費用は300円!
  ※1か月、1人当たり



一般的な研修会の費用は、3000円~数万円というところではないでしょうか。「モラビズ研修」にかかる費用は、1人当たり本誌代の300円のみです。自社で行えば、会場費もかかりません。月1回、1人当たり300円で開催できるのが「モラビズ研修」です。

研修テキスト
『モラルBIZ』
について

「モラビズ研修」
専用テキスト

月刊誌『モラルBIZ』は、「モラビズ研修」に特化した研修用テキストです。

年間5万人が受講する社会人へのモラル研修やセミナーの、90年におよぶ実績をもとに、実際の職場で起こりうる、報・連・相のトラブルや職場の人間関係の悪化など、実際の職場で起こりうる問題をテーマとして取り上げ、ストーリーに仕立てています。

「モラビズ研修」参加者は、主人公の気づきや成長のストーリーを読みながら、ビジネスモラルの重要性について学べます。

[基本情報]
サイズ:A5判 
ページ数:44ページ 
定価:300円

「モラビズ研修」
サポート制度

●体験会の司会進行は本誌発行元にお任せください
 (公益財団法人モラロジー研究所出版部発行)

●当日使用するテキストは、体験会に参加される人数分、無料でお持ちします

●研修の体験会開催は、1団体1回のみとなります。2回目以降は、ご自身で研修の運営、テキストをお求めください。

「モラビズ研修」のお申し込みはコチラから

必要項目をご記入ください。申込後、担当者から詳細についてのご連絡をいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

問い合わせはこちら

04-7173-3332

お気軽にお問い合わせください。
(受付時間 10:00~17:00 土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせも受け付けております。
(24時間、365日受付)

morabiz@moralogy.jp