月のリズムで人生は上手くいく

月の満ち欠けPDCAプログラム

人生を思い通りに生きるリズムを身につける3ヶ月

人生が思い通りに行かない理由

新月は願い事をするのに適した日です。新月の願い事は最近よく知られるようになり、毎月書いている人もいるかもしれませんね。新月の願い事には書き方があります。書き方さえ守っていれば願いは叶うのでしょうか?もちろん叶っている人もいますが、叶っていない人が一定数いることがわかりました。「新月に願い事を書いても叶わない」という事実です。

思考は現実化するという考えがあります。思い描いたことが実現するという考えですね。それはその通りです。そして、思考を現実化するために、SSS理論=「そう宣言すればそうなる」理論に則って想いを言霊に乗せます。ですが、このSSS理論を使っても願いが叶わないことがあるのです。

それはなぜでしょうか?

行動が伴っていないからです。

周りに言うだけで行動しない人がいたらどうでしょうか?「あの人は言うばかりで行動しない」というレッテルを貼られて信頼されなくなるでしょう。それは自分に対しても同じです。言うだけで行動せず、結果、望む現実がやってこなかったとすれば「やっぱり叶わなかった…」と、あなたは自分自身への信頼を失い自己肯定感は下がるでしょう。

ビジョン▶︎宣言▶︎行動▶︎現象の観察▶︎振り返り…

これを繰り返していけば、必ず思い通りの人生になっていきます。

月の満ち欠けPDCAプログラムとは

月の満ち欠けは、地球上のあらゆる生物に影響を与えています。自然の一部である私たち人間も同様です。月はおよそ28日で12星座を1周します。女性の月経周期もまた28日周期であるように、月のリズムに沿って行動していくことが人生を豊かに生きる秘訣です。

では、月のリズムに沿って行動していくとはどういうことでしょうか?

その答えが月の満ち欠けPDCAプログラムです。

PDCAは、計画(PLAN)・実行(DO)・見直し(CHECK)・改善(ACTION)の頭文字で元々は工業用語です。プロダクトを作る際に、このサイクルを繰り返し実践することで品質を向上していくというスキームです。


これは私たちの日常生活にも活用することができます。
このプログラムではPDCAを月の満ち欠けに沿って実践していきます。

スケジュール

PLAN
新月

新月からの1ヶ月の目標を設定し計画を立てます。まずやらないことリストの作成から始めます。新月は月が見えない「無」の時です。得る=やりたいことを実践していく前に、まず行動を減らすことに意識を向けリストアップします。なぜなら、スペースがないと新しいもの・ことは入ってこないからです。次に、やりたいことリストを作成します。新月の願い事と言うと「受験に合格する」とか「理想の人と結婚する」といった大きなことを書きやすいですが、このプログラムでは日常のささやかなやりたいことに焦点を当てます。なぜなら、スモールステップの積み重ねが大きな結果につながるからです。自分の気持ちに正直になり「心からやりたいこと」や「ワクワクすること」をリストアップします。

DO
新月から満月まで

新月で決めたやらないことリストから「やらない」ことを実践しながら、やりたいことリストも少しずつ実践していきます。日常生活でいつも「やらねばならないこと」を優先し、空いた時間にやろうと思っていたことがありますよね?このプログラムでは計画した「やりたいこと」を先に実践していきます。この習慣を作ることがこのプログラムの最大の目的です。新月の1週間後の上弦の月は振り返りのタイミングです。大きな目標を掲げ過ぎていたならやりたいことリストを見直します。例えば、健康のために毎日3品のおかずを作ることが目標だったなら、サラダだけは毎日作ることにするなどです。目標は楽しく余裕を持ってできることを設定します。

CHECK
満月

満月は何かが満ちる時。「完成・完了」のタイミングです。上弦の月での小さな振り返りを経て、満月はより全体的に高い視野から俯瞰してみましょう。やりたいことを整理し、新たなやりたいことが出てきたならリストに加え実践していきます。逆に計画したものの、本当はやりたいことではなかったという気づきも出てくるでしょう。そういったリストは削除することで、本当にあなたが望んでいることが見えてきます。

ACTION
満月から次の新月まで

満月でやりたいことを整理し、自分の願望や本当にやりたかったことがより明確になってきましたね。やりたいことリストは引き続き実践していきながら、月が欠けていくこの期間はやらないことを徹底していきます。「やらない」を実践するためにはどんな工夫をしますか?例えば、家事をやりたくないなら、家族の助けを借りますか?週1回代行サービスを依頼しますか?具体的な方策も考え「やらない」ことを実践していきます。やらないことは、例えば「お金の心配をしない」といったマインドレベルのことでも良いです。楽しい日常生活を送るために必要がないことを手放していく期間です。

ACTION
満月から次の新月まで

満月でやりたいことを整理し、自分の願望や本当にやりたかったことがより明確になってきましたね。やりたいことリストは引き続き実践していきながら、月が欠けていくこの期間はやらないことを徹底していきます。「やらない」を実践するためにはどんな工夫をしますか?例えば、家事をやりたくないなら、家族の助けを借りますか?週1回代行サービスを依頼しますか?具体的な方策も考え「やらない」ことを実践していきます。やらないことは、例えば「お金の心配をしない」といったマインドレベルのことでも良いです。楽しい日常生活を送るために必要がないことを手放していく期間です。

4つのオリジナルシート

新月の目標設定シート

月の満ち欠けに沿ったPLAN、DO、CHECK、ACTIONの計4枚のシートを使ってプログラムを進めていきます。

新月からの実践シート

新月で計画したことをこのシートを使って満月まで実践していきます。

満月の振り返りシート

満月はCHECKの時。このシートを使って2週間の振り返りをします。

満月からの改善シート

満月からの欠けていく月の時はACTIONの時。このシートを使って満月での振り返りを踏まえて次の新月までの2週間、実践していきます。

このプログラムを受けると

1. 風の時代の生き方にシフトできる

これまでの地の時代は足りないという不足感によって行動してきました。風の時代は充足感にフォーカスしワクワクで生きていく時代です。どんな時もブレない自分を保ち日々のワクワクに目を向けて生きていくことが風の時代を軽やかに生きていくポイントです。やりたいことを実践していくこのプログラムは、風の時代仕様に価値観と行動を変容させるための最適なメソッドです。

2. 自分軸で生きるようになる

私たちは日々、仕事や子育てなどに追われ忙殺されています。日々の時間の早さに流され、あっという間に1ヶ月経っていることもありますよね?「時間があったらやろう」と思っていても結局は後回し。隙間時間にやりたいことをやるのではなく、やりたいことを先にやると決めるのです。このプログラムは、自分軸で生きる=やりたいことを最優先にできるようになるための時間管理術でもあります。

3. クリエィティブ脳になる

風の時代は働き方も大きく変わり、個人で仕事をすることがスタンダードになります。会社などの組織に属して決まった時間に出退勤し、言われたことをこなす雇用の働き方から自ら仕事を生み出していく自由な働き方に変わっていきます。必要なことはクリエィティブであることです。このプログラムを通して「ねばならない」思考から脱却し、自由な働き方・生き方を実現するためにあなたの中の創造性を目覚めさせます。

3. クリエィティブ脳になる

風の時代は働き方も大きく変わり、個人で仕事をすることがスタンダードになります。会社などの組織に属して決まった時間に出退勤し、言われたことをこなす雇用の働き方から自ら仕事を生み出していく自由な働き方に変わっていきます。必要なことはクリエィティブであることです。このプログラムを通して「ねばならない」思考から脱却し、自由な働き方・生き方を実現するためにあなたの中の創造性を目覚めさせます。

占星術と心理学の専門家によるサポート

月の満ち欠けを利用した手帳やワクワクリストを作る手帳はたくさんあります。でも実際は「書けない」「活用できていない」という声をよく聞きます。このプログラムは自分一人では中々実践できない方に向けた伴走型のプログラムです。

公認心理師(カウンセラーの国家資格)を持ち、のべ10,000人のカウンセリング経験を持つ占星術師 牧野真希子が、ホロスコープを見ながら受講生それぞれに助言しながらプログラムを進めていきます。

お客様の声

A.R.様(30代男性)

やりたいことを書き出したりはこれまでもやっていましたが、とくに時期を考えていませんでした。 そこで、新月の日にやってみるとどうなるのだろうと思い、サッとノートに「月の売上50万円」と書きました。すると、2日後に49.5万円の契約が。 あと、お皿洗いの仕事をすれば達成できそうです(笑) これだけでも充分な成果だと思いますが、PDCAプログラムのよい所は「書いたけど実現しなかったことに向き合える」ということだと思います。理由を考えて「やっぱりやりたくなかった」もあると思いますし「こうしたら叶いそう」に気づくこともあると思います。 そしてそれを「新月という毎回同じ位置で計画する」から理由を見つけやすいということも感じました。 気分が高揚しているときの計画と落ち着いている時の計画が変わるように、状態が変わると前提が変わります。 そうなると計画を立てる状態が変わるので「何を変えればよくなるのか」が見えにくくなるなと。同じ状態で振り返り繰り返すから、着実に階段を上れて最後は「叶う」んでしょうね。 引き続き「新月に書いては振り返る」を続けたいと思います。

参加費

単月/3ヶ月コース *

● 単月 22,000円

● 3ヶ月コース 55,000円
行動が習慣化するのは3ヶ月と言われています。確実に変わりたい方は3ヶ月コースをおすすめします。

 ※ 単月/3ヶ月コースともに4枚のPDCAシート付き

PDCAシートのみ購入 *

● 3,300円

4枚のPDCAシート+作成例シートをPDFで送付します。


※ お支払方法はpaypalによるクレジット決済のみです

今すぐ受講する方は

最後に…

牧野真希子より皆さまへメッセージ

風の時代は、自由・創造・コミュニケーションの時代です。
風は能動的なエネルギーです。他人や状況に流されずに自分軸を持って生きることが求められます。「個」としての自立をベースに、同じ想いを持つ仲間と協働していく時代でもあります。

風は目には見えませんが空気は伝わります。あなたが日々をワクワク生きていれば、自ずとそのワクワクは空気感染しあなたに共感する仲間が集まってきます。あなたが変われば周りも変わっていきます。

月の満ち欠けPDCAプログラムを通して、やりたいことをする人生を実現していきましょう。行動すれば必ず変わります。

1ヶ月後の未来の自分に会うことを楽しみに一緒にプログラムを進めていきましょう!