なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

モンテッソーリ教育で育てたいママパパへ
イライラ卒業
子どもとどう関わっていけばいのかが分かる

理想の子育ては、
3つのポイントが鍵!

こんなお悩みありませんか?

  • 子育てに自信がない。
  • 育児書をいくつも読んだけど、もう何をどうすればいいのかわからない。
  • イヤイヤ期、どう対応したら良いかわからない。
  • 子育てのイライラを何とかしたい。
  • 育児書をいくつも読んだけど、もう何をどうすればいいのかわからない。
  • 育児書をいくつも読んだけど、もう何をどうすればいいのかわからない。

色んな育児書を読んだパパママへ

育児に疲れているパパママへ

そんなお悩みが解決できます!

子どもの発達を知ると子育てが
楽しくなります

  • 子どもの成長段階を知れば解決出来ます。
  • 子どもとの関わり方、声のかけ方を知ればイライラから卒業できます!
  • 新しいタイプの育児を知ることが出来ます。
  • わが子に合った子育てを知ることが出来ます。
  • 理想の子育てを知ることが出来ます。
  • 子どもとの関わり方、声のかけ方を知ればイライラから卒業できます!


オンライン講座で学べる
3つのポイント

Step
1
モンテッソーリ教育の理念を知る

子どもに「自分を育てる力」――すなわち「自己教育力」が備わっていることを前提としています。 

子どもは「自分を育てる力を持っている」という理念からモンテッソーリ教育は始まります。

従来の教育は先生と子どもの従順関係でした。先生が子どもに教える。子どもは先生の言われた通りにする。これが当たり前の教育でした。

モンテッソーリ教育は違います。子ども・先生・環境という3つのトライアングル関係で、主に環境を大事にしてます。そして主役は子どもです。先生は黒子に徹します。

自己教育力が子どもにはあるので、大人はお手本や方法を教えるだけと考えています。そうすることで子どもは興味あることを満足するまで試行錯誤をしながら取り組むことができます。

モンテッソーリ教育の目的は「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てること」です。その前提として子どもには自分を育てる力である自己教育力が備わっていると考えています。

Step
子どもの自立を手伝う

モンテッソーリのお教室を見たことはありますか?


魅力的な教具が綺麗に整理整頓され、「やってみたい」と思う教具を手に取って、お仕事という活動を始めます。

選ぶ→お仕事をする→集中する→片づける

この流れでお仕事をしていきます。

お仕事をすることで子どもは集中します。
集中することで子どもは変化します。

たくさんの「出来た」を経験すると自己肯定感が高まります。


大人の役割は、年齢、敏感期※1に応じた教具と呼ばれるものを魅力的に準備すること。

モンテッソーリ教育は教えません。
子どもが一人で出来るようにお手伝いをします。



周りに大人が多く、K君がなにかしようとしても、お母さんや、家の人がやってくれます。

洋服を着るのも、ボタンをはめるのもみんなやってくれます。それで、自分の手や指を意識して動かす経験が少なくなっていました。

K君は、友だちが意欲的に難しい折り紙にとり組んでいるころ、横でちらちら見てはいたけれど自分でしてみようとはしませんでした。

K君は興味がなかったわけではないのです。友だちのように、三角に折って袋を開いてというように、いろいろなものに挑戦したいのですが、どうも指先がうまく動きません。

また心の中もなんとなくすっきりしません。「できない」という劣等感にもなってきます。

だからといって「さあ、やってごらん、がんばりなさい」といわれても、ではいったいどうしたらよいのか分かりません。

そこで、先生はK君に折ることの基本を見せてあげ、毎日何十枚も繰り返してさせてあげました。

自分の目と自分の神経を使って、経験をたくさんすることが必要だったのです。

一ヶ月ほど取り組んだ後、笑顔が出てきました。「できた!」という実感を持ったのです。

子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント(講談社 1990年)より引用

※1敏感期とは
「ある特定のこと」にたいして、感受性がとても高まる時期。敏感期のときは、その「ある特定のこと」を、苦労なく吸収することができる。

Step
3
いい子になる邪魔をしない

「子どもは自分を育てる力を持っている」
大人はこの理念からくる行動をします。

例えば、次の日が子どもの遠足日だとします。
遠足となると、準備物がいつもよりたくさん用意する必要がありますね。

親がすべて用意してませんか?
親が用意すれば、忘れ物もなく、時間もかからず、整理整頓されてカバンの中に入れることが出来るでしょう。

モンテッソーリ教育では『出来ることは自分でする』が基本

お仕事(活動)について少し触れますね。
モンテッソーリ教育のお仕事は完璧にすることを目的としていません。

例えば日常生活の練習の分野にある「洗濯をする」お仕事は、

大人の「洗濯をする」は汚れものを綺麗に洗い上げ、干すこと ですね。

子ども「洗濯をする」というお仕事は、
汚れものを綺麗に洗い上げることを目的にはしていません。。

■石鹸を使い、アワアワにして洗濯ものを洗う。
→石鹸はツルツルするので、どう持てば上手に出来るのだろうかと考えます。上手く泡立てるにはどうすればいいのか考えます。

■洗濯板を使ってゴシゴシ布を擦り合わせる
→上手く擦り合わせると汚れが取れることを学びます。

■洗濯物を絞る
→絞るを何度も練習できます。

■水を入れる
→どこまで水を入れたらいいのか、集中して水を上手く運ぶにはどうすればいいのかを学びます。



お仕事をする過程に「学ぶこと」がたくさん隠れています。
子どもの「お仕事」の目的は、お仕事をする過程の中にある学ぶことを何度も繰り返し
「一人で出来た」という成功体験をたくさん経験することです。


遠足の話に戻します。
大切なことはカバンの中に完璧に準備物を入れるではありません。

モンテッソーリ教育のお仕事という活動の目的は
過程を大切にすること。

つまり、遠足に必要な準備物を自分で用意する過程の中で「出来た」という経験することが大事なのです。

成功体験をたくさん経験出来ると、「自己肯定感」が高まります。

この過程にいい子になるチャンスがいっぱいなのです。

Step
子どもの自立を手伝う

モンテッソーリのお教室を見たことはありますか?


魅力的な教具が綺麗に整理整頓され、「やってみたい」と思う教具を手に取って、お仕事という活動を始めます。

選ぶ→お仕事をする→集中する→片づける

この流れでお仕事をしていきます。

お仕事をすることで子どもは集中します。
集中することで子どもは変化します。

たくさんの「出来た」を経験すると自己肯定感が高まります。


大人の役割は、年齢、敏感期※1に応じた教具と呼ばれるものを魅力的に準備すること。

モンテッソーリ教育は教えません。
子どもが一人で出来るようにお手伝いをします。



周りに大人が多く、K君がなにかしようとしても、お母さんや、家の人がやってくれます。

洋服を着るのも、ボタンをはめるのもみんなやってくれます。それで、自分の手や指を意識して動かす経験が少なくなっていました。

K君は、友だちが意欲的に難しい折り紙にとり組んでいるころ、横でちらちら見てはいたけれど自分でしてみようとはしませんでした。

K君は興味がなかったわけではないのです。友だちのように、三角に折って袋を開いてというように、いろいろなものに挑戦したいのですが、どうも指先がうまく動きません。

また心の中もなんとなくすっきりしません。「できない」という劣等感にもなってきます。

だからといって「さあ、やってごらん、がんばりなさい」といわれても、ではいったいどうしたらよいのか分かりません。

そこで、先生はK君に折ることの基本を見せてあげ、毎日何十枚も繰り返してさせてあげました。

自分の目と自分の神経を使って、経験をたくさんすることが必要だったのです。

一ヶ月ほど取り組んだ後、笑顔が出てきました。「できた!」という実感を持ったのです。

子どもは動きながら学ぶ 環境による教育のポイント(講談社 1990年)より引用

※1敏感期とは
「ある特定のこと」にたいして、感受性がとても高まる時期。敏感期のときは、その「ある特定のこと」を、苦労なく吸収することができる。

パパママに聞いてみました

お子さまにどんな大人に
なってほしいですか?

1歳男の子のママの願い
子どもにどんな大人になって欲しいですか?
やりたい事を貫き通せる力と情熱を持った人間
2歳女の子のママの願い
子どもにどんな大人になって欲しいですか?
心優しく、自分自身の能力を発揮して社会に貢献できる大人
3歳男の子のママの願い
子どもにどんな大人になって欲しいですか?
人に流されず自分の好きなことをやってほしい
4歳男の子のママの願い
子どもにどんな大人になって欲しいですか?
前向きな思考にチェンジして、前を見て進める大人
5歳男の子のママの願い
子どもにどんな大人になって欲しいですか?
自分も周りも認め大切にできる、自分のやりたいことを自信を持ってできる大人
3歳男の子のママの願い
子どもにどんな大人になって欲しいですか?
人に流されず自分の好きなことをやってほしい

こんな風に子育て中のパパママには素敵な願いがあります。
皆さんの願いは何ですか?

その願いを叶えるために
必要なことを一緒に考えて
実践してきます

それがモンテッソーリ式
オンライン講座です

オンライン講座を受けると

  • 子育ての成長段階を知れます。
    子どもを知れば子どもを理解出来、イライラすることが軽減されます。
  • 子どもの関わり方、声のかけ方を知れます。
    子どもをよく観察することで、子どもの「やってみたい」に気づけます。
  • 新しいタイプの育児を知れます。
    モンテッソーリ教育の主役は子どもです。
    子どもが一人で出来るようにお手伝いすることが出来ます。

  • 子どもに合った子育てを知ることが出来ます。
    子どもをよく観察することで、子どもの強みを知り、子ども良いところを伸ばしていけます。
  • 理想の子育てを知ることが出来ます。
    子育てに余裕が出ると、パパママは笑顔になれます。
  • 子どもの関わり方、声のかけ方を知れます。
    子どもをよく観察することで、子どもの「やってみたい」に気づけます。

子どもはみんな違います。
誰一人同じはいません


悩みを解決する教科書はありません

子育ての悩みを解決する方法は
専門家に話を聴いてもらうこと

お教室に来ている
1歳の男の子がいるママが
言っていました。

『この場所があるから心が
軽くなります』


モンテッソーリ式オンライン講座は
子育ての悩みを解決し、ママ・パパを笑顔にします


パパママが
モンテッソーリ教師となり、
子ども達の「やりたい」を
大切にします

人格が形成されるのは乳幼児期

この時期は木の成長で例えると
根っこの部分

最も大切な時期なのです

強い根を張り、
たくさんの葉や実をつけてほしい

子育て中のママ・パパにお聞きします

将来、お子さまにどんな大人になって欲しいですか?

まずはオンライン体験レッスンで
お試し下さい

「一人で出来た」を
たくさん経験させてあげると、
自己肯定感が上がります。


オンライン体験レッスンでは
お子さまとの関わり方の
ポイントを学びます。

パパ、ママが
モンテッソーリ教師です



まずは
オンライン体験レッスンを
受けてみませんか?