受講生の声

  • H.A(大学2年生)

    収入の蛇口を増やすためには知識収入と権利収入が重要であると知りました。大学生という時間を有意義に使えるうちに知識を増やしなるべく早い段階で労働収入以外の蛇口を作り出したいと思いました。

  • T.S(大学2年生)

    お金は人を幸せにした対価という言葉が印象的でした。これは働いていく中で忘れてはならない考え方であると感じます。また、労働収入しかよく分かっていなかったので、権利収入や知識収入にも目を向けてみたいと思います。

  • Y.M(大学2年生)

    お金があって当たり前ではないから、愛し尊敬し感謝の気持ちを持つなどのマインドセットを、まず整えていこうと思いました。その上で、アルバイトのような労働収入だけでなく、権利収入、知識収入などを考えられる戦術や戦略を考えていきます。

  • T.S(大学2年生)

    お金は人を幸せにした対価という言葉が印象的でした。これは働いていく中で忘れてはならない考え方であると感じます。また、労働収入しかよく分かっていなかったので、権利収入や知識収入にも目を向けてみたいと思います。

  • T.O(大学4年生)

    お金が欲しい、好きだと思っていてもそれに対する自分の知識のなさに気がつきました。お金を稼ぐ、ということに関して、単純に考えないで蛇口を増やすという新しい考えを持つことができました

  • T.S(大学2年生)

    お金は人を幸せにした対価という言葉が印象的でした。これは働いていく中で忘れてはならない考え方であると感じます。また、労働収入しかよく分かっていなかったので、権利収入や知識収入にも目を向けてみたいと思います。

  • M.K(大学3年生)

    労働収入以外にも、知識収入、権利収入という言葉があることを初めて知りました。

    大学生活の中で知識収入や権利収入に挑戦していきたいと思いました。

  • T.S(大学2年生)

    お金は人を幸せにした対価という言葉が印象的でした。これは働いていく中で忘れてはならない考え方であると感じます。また、労働収入しかよく分かっていなかったので、権利収入や知識収入にも目を向けてみたいと思います。