カートを見る
両親の離婚を経験した子どものドキュメンタリー映画
親の離婚を経験した一人の女性が、結婚し一児をもうけるも離婚。
1歳の時に別れた息子を想い続け12年の時を経て息子に会いに行くことを決断する。
息子のそばに行ったとき、彼女がとった行動とは?

Cast

りえ
親の離婚を経験し、親となって自らも離婚。
あゆみ
親の離婚を経験し、NPOを立ち上げ活動。
ゆか
親の離婚を経験し、あゆみと共に活動する。
りえの母
りえと14年ぶりの再会を果たす。
棚村教授
家族法を専門とする早稲田大学の教授。
青木教授
心理学を専門とする大正大学の教授。
青木教授
心理学を専門とする大正大学の教授。

ご覧いただいた方の声

過去の上映会で映画を見ていただいた方からの感想です
とてもいい映画です。日本の多くの人に観てもらえるといいなと思いました。ありがとうございました。
父・母・子どものバランスがすごく良かった。トラウマに気づくことが出来た。映画を見るまで気づかなかった。
子どもにとってはどちらも家族に変わりはないため、家庭環境は変化しても親の意見だけでなく子どもの意見にも耳を向けタイミングをみて会えるようにサポートしていくことは大切だと改めて感じました。
映画の中で主人公の女性の方が徐々に成長していく姿がとても頼もしく思えた。自分と境遇がかぶるシーンが多く全体を通して励ましをもらえた。
映画の中で主人公の女性の方が徐々に成長していく姿がとても頼もしく思えた。自分と境遇がかぶるシーンが多く全体を通して励ましをもらえた。

Trailer


多くの方に見ていただくため、ご寄付をお願いいたします

映画は自費にて合同会社KINTSUGIが制作しています。
映画を見ていただいた方からは続編の制作の声も頂戴しております。
より多くの方に見ていただくため、映画へのご寄付をお願いいたします。ご寄付いただいたご志金は、映画の制作・上映会の開催に充てさせていただきます。
  • 一口
  • 5,000円

お問い合わせ

映画に関するお問い合わせは、NPO法人ウィーズで受け付けております。
上映会開催ご希望の方もこちらのフォームよりご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信