ものすごい食いつき!?獣医も絶賛するわが子のようにかわいい愛猫のために作られたキャットフードがスゴい!!

どんなキャットフードを買ってきても全然食べてくれない…
ふっくらした方がかわいいからたくさん食べてほしい…
食欲がないと病気になったと勘違いしてクリニック代がバカにならない…

などなど、単純にキャットフードを食べないというだけで色々な問題を抱えている愛猫家の方は多いのではないでしょうか。

実は私もそんな悩みを抱える1人でした。
これが、私の飼ってる猫のシンちゃんです。

ものすごく可愛くて大好きなのですが、全然キャットフードを食べてくれず病気になってしまわないかずっと悩まされていました。

テレビCMで有名なもの、ペットショップで人気のものを買ってきて食べさせようとしても全然食べてくれませんでした。

魚などは好きで食べてくれるのですが、さすがに魚はコストが高く毎日あげることは難しいですし、部屋のにおいや食べた残骸が散乱して部屋が汚れてしまうのが本当に嫌でした。

どうすればいいんだろう…と悩んでいたところ、キャットフードを食べさせる裏技とも言うべき情報をSNSで知り合った同じ愛猫家の方から聞くことができ、それを実践してみたところ今までになかった驚きの食いっぷりを見せてくれたんです!

これは後で分かったことなのですが、その裏技は猫を専門とした多くの獣医の方に推薦されるほどの方法だったんです。

その方法は…

あるキャットフードに変えるだけ

です。

魚以外でこれだけの食いつきを見せてくれるなんて思ってもいなかったので、本当に嬉しく、そして病気になってしまわないかという不安が解消できたのがすごく嬉しかったです。

なぜ前のキャットフードを食べてくれなかったのか?

同じキャットフードなのに、なぜこうも食いつきが違うのか…。

人間から見れば見た目もにおいも似たようなものにしか思えないのですが…。

味については人間は食べることが出来ないので何とも言えないですが、もしも味が問題だとしたら、これまで色んなキャットフードを試してきたのでさすがにどれかは美味しいと思ってくれたのではないかと思います。

…そう考えると、新しくしたキャットフードは何が違うのか気になってしまって色々調べてみたら驚愕の事実が発覚したんです!

それは…

キャットフードの中には猫に有害な原料が含まれているものもある

ということです。

『猫に有害な』というのは愛猫家にとっては聞き捨てならない言葉…と通り越してショックを受けてしまいました。

全然食べてくれない愛猫が、どうしてもお腹が減ってしまって食べたら、それが有害な原料が入っていたら…きっと抵抗力もなくなってすぐに病気になっていたんじゃないかと…そう考えたらキャットフードってものすごく大切なんだと気付かされました。

ところで、キャットフードに含まれる何の原料が有害なのかというと…

麦類(小麦、大麦)、とうもろこし、米、玄米などの穀物類は猫の体には合わないそうです。どう合わないかと言うと、食べるとアレルギーや下痢、猫によっては肥満の原因ともなってしまうそうです。

人間が日常的に食べるものばかりなのでキャットフードの成分表を見ても全く気付きませんが、猫にとっては有害なので絶対に気を付けて下さい。

また、人間が口に出来ないような賞味期限が切れた肉などをキャットフードの材料として使用するようです。

他にも、酸化防止剤、着色料など色味を良くする為の添加物も人間と同様に発がん性や病気の原因となってしまうようなので注意が必要です。

では、有害物質の含まれていないキャットフードは無いのかというと、…あります。

ありますが、そのようなキャットフードはセレブ御用達の高級品となり、1万円ほどするようなものもあるそうです。

いくら愛猫といえど、魚と同様、そんな高級キャットフードを買うなんてさすがに出来ません。

そこでSNSで知り合った愛猫家の方から教えてもらったのが、獣医も推奨すると言われる「モグニャン」だったのです。

このモグニャン、一体何がスゴイのかと言うと、そういった猫に有害な原料が一切含まれていないんです!

高タンパクな白身魚を63%も使用し、サツマイモをはじめとする良質な炭水化物を摂取できるので、食べ物による健康被害はほぼ無いと言って良いと思います。
もちろん、猫にとって有害となる穀物も一切含まれていません!