東京で小陰唇縮小手術の実績が
豊富なクリニック

デリケートゾーンの悩みは、家族や親友にも話せないという人は多いです。ひとりで悩み続けることによって、余計に悪い考えにハマってしまう人も珍しくありません。デリケートゾーンの悩みは専門医に相談をしましょう。今回は、東京で小陰唇縮小手術の実績が豊富なクリニックについて紹介しましょう。

小陰唇縮小手術はどんな人が受けるべき?

陰唇縮小手術と言っても、どんな人が受けるべきなのか分からない人もいるでしょう。デリケートな部分だからこそ、自分が該当しているのかしていないのか分からない人も多いのです。こちらでは、小陰唇縮小手術を検討してみたい人について見ていきましょう。

・はみ出ているのは変?

小陰唇は大陰唇からはみ出ていると「これっておかしいのかも」と考える人がいます。実は、大陰唇に小陰唇がしっかり隠れている女性の方が少ないと言われているのです。そのため、はみ出ているからと言って「手術した方がいい!」というわけではありません。

 

・小陰唇が目立っている人

大陰唇から大きくはみ出ている人、小陰唇が黒っぽく見える人、排尿時に尿が飛び散る人などは小陰唇縮小手術を検討しておいた方がいいかもしれません。特に、尿が飛び散ってしまう人は、小陰唇肥大によって悪影響が出ているからです。

 

・左右の形の大きさが違う

しっかり同じ大きさじゃないといけないわけではありません。しかし、左右の大きさに差がありすぎる場合は小陰唇縮小手術を検討した方がいいと言われています。

小陰唇縮小手術を受けるメリットは?

小陰唇縮小手術と言っても、必ずしなければいけないものではありません。しかし、なぜ小陰唇縮小手術をする人が多いのでしょうか。こちらでは、そのメリットについて見ていきましょう。

 

・下着による擦れがなくなる

小陰唇肥大の人の場合、下着に擦れて痛みを感じる人もいます。小陰唇縮小手術をすることで、その擦れがなくなることで痛みから解放されるメリットがあります。

 

・イヤなニオイがなくなる

小陰唇肥大の場合、恥垢が溜まってしまうことがあります。それが原因でデリケートゾーンからイヤなニオイがしている人もいるでしょう。小陰唇縮小手術をすることで、恥垢が溜まらなくなるので、イヤなニオイからも解消されます。

 

・性行為に前向きになれる

小陰唇肥大によって、性行為に対して消極的になっている人もいます。しかし、そのコンプレックスを解消することで前向きになれるようになるのです。

小陰唇縮小手術を受ける際のデメリットやリスク

小陰唇縮小手術はメリットが多いのですが、デメリットやリスクはあるのでしょうか。デリケートな部分の手術だからこそ、そういった部分を怖く思う人もいるはずです。こちらでは、小陰唇縮小手術のデメリットやリスクについて見ていきましょう。

 

・感染

滅多にあるわけではありませんが、細菌やウイルスによる炎症の可能性があります。設備が悪いところ、清潔感のないクリニックで手術をすると感染リスクがあるので注意しましょう。

 

・瘢痕

目立つほどのキズではありませんが、手術痕のようなものが残る場合がほとんどです。肌質によっては目立たない人もいますが、人によっては目立つ場合もあるので、手術をする前に瘢痕について詳しく聞いておくことをおすすめします。

 

・予想外の仕上がり

手術後の仕上がりは、事前に医師から説明がありますが、必ずしも理想通りになるわけではありません。医師の技術や、患者の理想通りの仕上がりにはならない場合があるのです。患者の小陰唇の形によっては理想通りの形にならない場合があるので注意してください。

東京で小陰唇縮小手術の実績が豊富なクリニック

小陰唇縮小手術は、実績があるクリニックに通うようにしましょう。こちらでは、東京で小陰唇縮小手術の実績が豊富なクリニックについて見て行きます。

 

青山セレスクリニック

さまざまな美容医療に精通しているため、安心度が高いクリニックです。完全予約制で、待合室やカウンセリングルームも個室なので他の人に話を聞かれることもないので安心して下さい。

 

リッツ美容外科

美容医療で注目されている美容外科であり、クリニックの中でも知名度が高いところです。医師がカウンセリングしてくれるため、しっかりと悩みや不安を話すことができます。

 

新宿中央クリニック

幅広い美容治療に対応しているクリニックで、カウンセリングや治療、アフターケアまで担当医師が担当してくれるので、不安点などがあったらすぐに相談をすることができます。プライバシーにも配慮されているので、安心して治療してもらえます。

小陰唇縮小手術について、他のクリニックの特徴などを知りたい人は
こちらでのサイトをご覧ください。

まとめ

小陰唇縮小手術は恥ずかしいと思っている人もいますが、さまざまな悩みやコンプレックス改善のために前向きに検討してみてはいかがでしょうか。まずは、カウンセリングだけでも受けて見ることを考えてみましょう。