時間がない!
  売上が上がらない!
    人材がいない!!

という社長のための
  幹部社員育成スクール!

見学無料

こんなお悩みありませんか?

  • 売り上げをもっとあげたい。
  • 自転車操業はやめたい。
  • 社員が定着しない。
  • 社長が一番忙しい。
  • 忙しくて次の事業にかける時間がない。
  • 幹部社員がもっとしっかりしてくれたらいいのにと思う。
  • 社員が右腕として育ってくれれば楽になるのに。
  • 社長が一人で頑張ることに限界を感じている。
  • 指示待ち&イエスマンばかりで売り上げが上がらない。
  • 自分で考えて動いてくれる社員がほしい。
  • 幹部社員がもっとしっかりしてくれたらいいのにと思う。

そのお悩みを解決します!

◎社長が一人で頑張りすぎていませんか?

必要なのはがむしゃらに頑張ることではありません。
経営者の業務は多岐にわたります。
経営判断はもとより、販路拡大、営業、接客、事務、経理、面接、部下の育成、アルバイトの面接、そして、クレーム対応まで。
 
もし、その業務に課題や問題を抱えているのなら、それはビジネスの考え方が間違っているのではなく、経営やマネジメントを前に進める
ある方法を知らないだけ。

実は、成功者の多くはその方法を無意識なり感覚なり、もしくは学ぶなどして習得しているのです。


◎経営で成功するかどうかは能力の差ではありません。

その方法を知らなければ、いつまで経っても経営は楽になりません。
新しいことにも挑戦できず、会社は衰退の一途をたどります。

 
◎私たちにお任せください。

私たちが500社以上のお客様のサポートをしてきて分かったことがあります。
それは、経営、マネジメントには成功の法則性があるということ。
マネジメントは科学であり、スキルです。
スポーツと同じく、センスや感性も重要ですが、

 ✔ どのような練習をすれば効果的に上達するのか
 ✔ 苦手なボールを打つためにはどのような戦術が大事なのか
 ✔ チームを鼓舞するにはどのようなキャプテンシーが必要なのか


法則を学ばずして、自己流で試合に臨むのは勇敢ではなく、無謀というもの。  


私たちが見出した成功の法則、それは
 ・社長の理念やビジョン、考え方や行動指針が幹部に浸透する。
 ・部下が自発的に行動するようになる。
 ・会社の軸が太くなり、体幹が強くなることで、強いチームを作れるリーダーに育つ。
 ・社長が次のビジョンに向けた行動がとれるようになる。
 ・自立型組織が作れるようになる。

これらを形にしていくためのマネジメントです。

こんな方が対象です

  • 会社組織を作ってもっと会社を大きくしていきたい。
    そのために幹部社員を育てたい。

  • No.2に経営のことを理解してほしい。
  • 自分で社員を育てられる気がしない。
  • 自己流の社員教育に限界を感じている。
  • 部下にビジョンや方針を持って仕事をしてほしい。
  • 次の事業に乗り出したいので、今の事業を幹部社員に任せたい。

  • 自己流の社員教育に限界を感じている。

私たちの思い

つまらない会社をおもしろく
人は学習し、成長し、社会に還元する生き物である。
妹はダウン症という産まれつきの病気で産まれました。
彼女は18歳になっても漢字ドリルをせっせとやっていまいした。
テストも試験もないのに、です。
なぜ勉強をしているのか妹に聞いてみると、

『大切なひとに、漢字を使って手紙を書きたいから』

と言いました。

勉強するって本来こういうものではないでしょうか。

やらされてやるものではなくて、
自分のやりたいことのために、
自ら進んで学習するものなんです。

重度の障害をもった妹でも
自ら進んで学習して成長しようとしているのに、
五体満足で産まれきた私たちが
学習も成長もせずにだらだら日々生きているのは
産んでくれた両親や、
育ててくれている国や社会に
とても申し訳ないことだと思います。


すべての中小企業に学び舎を

M・LABOでは特に幹部社員の育成に力を入れています。
会社の命運はNo.2にかかっていると言っても過言ではありません。

幹部社員が経営のなんたるかを理解し、社長の代わりに部下を仕切り、育てることができれば
社長は今の事業を任せて、新しい事業へ乗り出せます。


必然的に売り上げは上がり、会社も大きく伸びていくことでしょう。

しかし、幹部社員がいつまでも社長の指示待ち、与えられた仕事だけをこなしていたらどうでしょう?
さらには仕事がつらい、給料が上がらないと嘆き、それを社長や部下のせいにしてたら?

会社は衰退の一途をたどるでしょう。

人は学び続けることで進化します。

自ら進んで学び、会社の発展に大きく貢献する幹部社員の育成をM・LABOは全力でサポートいたします。

お客様の声

お客様の声(その他)

研修への参加をきっかけに、目標設定シートの活用が始まりました。
継続的に自主的な取り組みが提案されることを期待しています。
製造業|代表取締役 40代男性
研修を受けながら、社内ルールの見える化に取り組んだ。
日報や面談で従業員の意見を汲み取るようになってから、社内の雰囲気が明るく
なった。
製造業|副社長 50代男性
伝え方の大切さ、難しさ、相手の話を聞くことの大事さを知り、 意識して人と接するようになりました。 周りの社員からも、最近変わったねと言われる事がありました。
介護事業|幹部 40代女性
同じ職場でも、少し見方を変えるだけで、今まで気づかなかった事を知れます。
それぞれのするべき仕事が明確になり、いいチームワークになると思います。
美容業|幹部 40代男性
自社以外の方と話すことにより、周りのことが見えるようになったと思います。
研修内容もとても勉強になります。自分とは違う考え方に出会い、とても刺激になります。
情報通信業|幹部 20代男性
今までの自分の目線が低いことに気付いた。
これからは目線を上げて社内の課題を探し、社長にも解決策を提案していきたいと思う。
飲食業|店長 30代男性
研修を受けながら、社内ルールの見える化に取り組んだ。
日報や面談で従業員の意見を汲み取るようになってから、社内の雰囲気が明るく
なった。
製造業|副社長 50代男性

スクール風景

講師紹介

松尾淳一 MATSUO JUNICHI
株式会社マネジメントデザイン代表取締役
組織変革アドバイザー&マネジメントコンサルタント

セールス、マーケティング、 販売から人事、マネジメントに至るまで幅広い実務を経験。 1,000人を超える部下を指導した経験は、実践から得た”使えるメソッド”としての評判が高い。時代の変化とともに、職種を問わない再現性のあるノウハウが多くの企業の助けとなっている。

近年の講演/プロジェクト実績 株式会社資生堂・西武ホールディングス・バンダイナムコホールディングス・第一三共株式会社・YKK株式会社・パナソニックエイジフリーショップス・株式会社ドコモサポート・株式会社HOYA・福岡市役所・横浜市役所・愛知銀行労働組合 など。中小企業含め支援実績多数。

現在、7社の経営顧問も担当。

私たちのスクールにかける思い


スクール見学日程

M・LABOスクール 第7期
日 時

2019年11月13日(水) 13:30~17:30

上記時間帯のうち1~2時間

場 所

サン・オフィス名古屋 758号室

Adress
名古屋市中村区則武2-3-2
(各線「名古屋駅」西口より徒歩3分)

参加費用 無料
お問合わせ info@management-labo.com
お問合わせ info@management-labo.com
M・LABOスクール 第8期
日 時

2019年11月7日(木) 13:30~17:30

上記時間帯のうち1~2時間

場 所

サン・オフィス名古屋 758号室

Adress
名古屋市中村区則武2-3-2
(各線「名古屋駅」西口より徒歩3分)

参加費用 無料
お問合わせ info@management-labo.com
お問合わせ info@management-labo.com

スクールカリキュラム(抜粋)

成果をあげる為の21世紀の組織づくり

・社会の変化とマネジメントの進化
・成果とは何か?会社理念の浸透と落とし込み
・組織とは何か?役割分担と組織図の考え方
・情報共有と報連相の正しいやり方

成果をあげるリーダーのセルフマネジメント

・プレイングマネージャーの正しい仕事術
・リーダーが身に付けるべきセルフマネジメント
・タイムマネジメントと仕事への優先順位
・リーダーの仕事とは何か?

成果を上げる部下を育てる方法

・評価基準と行動基準
・人を動かすマニュアルとは?
・褒め方と叱り方
・成果を上げるための3つのポイント
・部下とは何か?ダイバーシティインクルージョン

組織を確実にGOALへと導くリーダーの仕事

・組織で成果を上げる仕組みづくり
・成長制度、マニュアル作成、労務管理…等
・PDCAの回し方と継続のさせ方
・社長の代わりに会社を動かす