遠隔モニタリング用
水中カメラ

ネットワークを通じて24時間定点観測できる
海水・淡水対応ネットワーク水中カメラ

水中を常時モニタリング

水中を監視するネットワークカメラがあれば、いつでもどこでも水の中の映像を確認することができます。
例えば、トラックで活魚輸送する場合に、ドライバーや管理者が水槽の中をいつでも確認することができます。
生簀の底や水中設備の様子をダイバーが潜らなくとも24時間確認できます。

高画質配信を支えるハードウェア

優れた防水性能
優れた防水性能と耐腐食性を備えます。環境に応じたカスタマイズにも対応します。
オリジナルコンピュータボード
独自開発した産業用コンピュータボードを採用し、安定した映像配信が行えます。
最適なレンズを選択可能
お客様の用途にあわせ、高画質高性能のレンズから、コストを抑えたレンズまで、ご要望に合わせて選択頂けます。
最適なレンズを選択可能
お客様の用途にあわせ、高画質高性能のレンズから、コストを抑えたレンズまで、ご要望に合わせて選択頂けます。
クラウドサービス

専用のクラウドサービス上にログインすることでPC、スマホからいつでもどこからでも水中映像を確認できます。

また、複数台のカメラを一元管理する事もできます。

情報漏洩を防ぎます
専用のログインページを備え、他社への情報漏洩を防ぎます

諸元表

項目 仕様
防水性能
最大水深 50 [m]
静止状態
カメラ性能
1290万画素, F値1.2, 焦点距離6mm 広角レンズ
標準仕様
電源
DC 10 ~ 60 [V]
バッテリー可
ネットワーク
Cat5e 1Gbps, カスケード接続可
RJ45コネクタ
延長距離
最大 100 [m]
オプションにより延長可
本体サイズ
W180 ✕ D150 ✕ H130 [mm]
標準仕様
重量
約 5 [kg]
表示したいテキスト
照明
LED照明
オプション
電源
DC 10 ~ 60 [V]
バッテリー可
↓↓↓ お気軽にお問合せください ↓↓↓

お客様の声

漁業

A男 さん
潜らなくても生簀の中の様子が見れてたすかります。
使い方も簡単で、気になる時いつでも魚の様子を確認できるのはいいですね。

漁業

A男 さん
潜らなくても生簀の中の様子が見れてたすかります。
使い方も簡単で、気になる時いつでも魚の様子を確認できるのはいいですね。

よくある質問

  • Q
    電源が近くにないけど使えるの?
    A
    12Vのバッテリーを利用する事ができます。
  • Q
    装置は大きくありませんか?重くはありませんか?
    A
    標準モデルの場合、防水カメラ本体の重量は約5kgです。
  • Q
    装置は大きくありませんか?重くはありませんか?
    A
    標準モデルの場合、防水カメラ本体の重量は約5kgです。

お問い合わせはこちら

お電話でもお気軽にお問い合わせください
019-618-3408
受付時間 9:00〜18:00(土日祝を除く)
メールでのお問い合わせ
会社名 炎重工株式会社
住所 〒020-0633 岩手県滝沢市穴口57-9
電話番号 019-618-3408
メールアドレス info@hmrc.co.jp
住所 〒020-0633 岩手県滝沢市穴口57-9