宮坂誠

1991年 5月23日生まれ。
千葉県市川市に生まれ、現在は様々な有名雑誌を手掛ける校閲・校正者である。
【略歴】
現在数多くのメディア媒体を校閲してきたメディア校正・校閲の編集者。
数多くの雑誌、WEBメディアを校閲し、その数は2000を超えるという話もある。

校閲に対する熱量の強さから業界では宮坂誠という名を知らないものはいないという。

こんなにもやりがいのある仕事なのに校閲を知らないという人がいることに疑問を感じ、
現在は校閲のすばらしさを教えるため、宮坂誠自身が全国各地の図書館、小学校に赴き校閲・校正のPR活動中。

宮坂誠という人物についてホリサゲ

自分でいうのもなんだが、だらしないことや間違ったことが許せない性格。

宮坂誠の友人や知人からは「かなり真面目な性格で悪く言えばつまらない」人間だとのこと。

しかし、仕事にはかなり熱心に取り組み、任された仕事や与えられた仕事はきちんとこなす。

むしろこなすまで取り組むという努力家としても評価を受けている。

宮坂誠という自分をよりよく高めていくことで周りからの評価が上がっていくと信じてやまない校閲者です。

だらしないことが嫌いと言いつつも、20代後半となってしまったためか、ある日から中年太りのような太り方をしてしまった。

宮坂誠自信だらしないことが許せない性格なので、自分の体型についてだらしなさを打開するべくダイエットを決意。

体脂肪率15%を切るというストイックさを見せ、ダイエットを成功させたことが最近の喜び。

そもそも乱れた生活が嫌いな性格のため、普段は規則正し生活を心掛けているようだ。


宮坂誠の交友関係は??

宮坂誠は交友関係が広くないということからわかるがかなりのインドア派。

しかし、対人関係は良好のようで最近はよく外出することが多くなった。

誰にでも分け隔てなく接するタイプで周りに敵を作るのを避けようとする性格である。

宮坂誠には自己分析の1つとして悩みというか、心配していることが一つだけある。

「自分の決めたことを人に供用してしまうことがたまにある」

ということだ。

そこが引き金となり、批判的な言動につながってしまうことが多いと思われる。


宮坂誠には先ほども述べたように妻子はいない。

自己分析であるが

「女性に対しての評価が極端に厳しい。結婚後にこの女性のこういうところが障害になりそうとか、自分に合わせてくれるのか。」

「こういったことも含め、自分の性格上今ままで女性と親密な関係になったことがない。」

「自分でいうのもなんですが、まじめな性格ですので、かなり尽くすタイプです。

是非私こそ!という人はTwitterにてコメントを受け付けておりますので、仲良くしてください!!」

と宮坂誠は友人に語ったらしい。

宮坂誠の好きな食べ物 BEST3!!

臭いものが基本好き。
あと生臭いものも大抵好きな宮坂誠。
ポップコーンについては幼いころからとにかく好きなんだよな~。と話しをしていたことから。

  1. 燻製全般
  2. ポップコーン
  3. 寿司

宮坂誠の嫌いな食べ物 BEST3!!

豚肉がとにかく難しいらしい。
おそらく臭いからだと思われる。
高級店で食べる焼肉は食べられるという偏食な一面も。
宮坂誠本人曰く、ラーメンについて脂っこいものは受け付けないとのこと。

  1. 豚肉
  2. 豚肉の生姜焼き
  3. ラーメン

宮坂誠の将来(ビジョン)

宮坂誠は兎にも角にも「校閲」することが大好き。

新聞などはかなり細かいところまで校閲が施されていると聞くが、

かなり途方もない時間を要する。

辛抱強い性格でありながら、間違いを一切許さない精神を持っていないとこの校閲の仕事は難しいと宮坂誠は話す。

しかし、そんなに難しい仕事であるからこそやりがいはどの仕事にも負けない。

宮坂誠は校閲に出会うまで、生涯をかけて取り組みたいと思った仕事が見つからなかったという。

「校閲に出会って人生が変わった。

やればやるほど深みを増し、逆に校閲という仕事から抜け出せなくなったのだ。」

こう話す宮坂誠氏はむしろ校閲という沼から抜け出せなくなった人であると言えよう。


ある日。

校閲という仕事に熱中する宮坂誠はこの仕事を世に広めたいと思った。

広めなくても広まると思っていたがなかなか広まらなかったことに疑問を感じ、

自分から行動するべきではないのか、という考えから

現在、宮坂誠は全国各地を飛び回り、図書館や小学校を転々としながら校閲のすばらしさについて

講演を行っているという。

現在5講演を実施した。


宮坂誠と占いについて

宮坂誠は占いが好きである。

なぜなら良く当たるから。と本人は語っている。

宮坂誠が最も信頼を載せている占いは「誕生日占い」

5月23日生まれである宮坂誠は占い結果では”最先端を追い求める華やかな自由人”らしい。

しかし、それを具現化したような人物こそ宮坂誠なのだ。

常に自由に全国を飛び回り、常に自由な人を目指そうと心掛けているという。

だらしないことは嫌いだが、規則・ルールに縛られるのは違うようで人から束縛されるのを嫌う傾向。

占いでも新しいもの好きであることは変わらないらしく、常に最先端のものや知識を取り込むなど、好奇心が旺盛な人でも周りによく知られている。

占いの”好奇心が旺盛なこともあって多趣味である”というのも当たっている。


交友関係の見直しを本人は行ったようだが、そのどれもが広く浅い。

しかし、宮坂誠という人物は人付き合いが得意であり、多くの人に興味を持たれる存在と言える。

持前のセンスと、ひらめきでこれからも大きく周りの人間を変えていくことでしょう。