「日本講演新聞」は、全国の講演会・セミナーを取材して、為になった!面白かった!感動した!という心を揺るがすいい話だけを、講師の許可を取って掲載している新聞です。

 良い情報だけを発信して29年。誰もが知っているあの人から新進気鋭のこの人まで、1300名以上が本紙の紙面を飾っています!

 私たちのこだわり 

豊かな人生経験をお持ちの方、著書を出版されている方、全国各地で講演活動をされている方を取材し、その思いを活字にしてお伝えします。
たとえば、「日本食の良さを伝えるために洋食を否定する」というようなことはいたしません。
これまで宗教家や政治に携わる方々のご講演も掲載してきましたが、いずれも「価値観に偏りがないこと」を慎重に吟味して掲載しております。
これまで宗教家や政治に携わる方々のご講演も掲載してきましたが、いずれも「価値観に偏りがないこと」を慎重に吟味して掲載しております。

 魂の編集長 水谷もりひとの想い 

読者の皆様の豊かな人生づくりのお手伝い
様々なジャンルの講演会内容を掲載しております。

読んだ方の心が明るくなったり、自分とは異なる考え方や新しい考え方、想いのこもった言葉と出会い、より豊かな人生になりますよう、願いを込めています。

そんな読者の皆様との絆を大切に、そして読者の皆様同士の絆づくりにも努めてまいります。

水谷もりひとプロフィール
㈱宮崎中央新聞社 編集長/社長

昭和34年生まれ。
学生時代に東京都内の大学生と『国際文化新聞』を創刊し、初代編集長となる。
平成元年、宮崎にUターン。
宮崎中央新聞社に入社し、平成4年に経営者から経営権を譲り受ける。
3000人以上の著名人の講演を聴く。
28年間社説を書き続け、現在も魂の編集長として、心を揺さぶる社説を発信中。

◇講演活動
企業研修・教職員研修・生涯学習等、人権、いのち、子育てなどをテーマに全国で講演中。

◇趣味
育児、家事手伝い
平成21年 宮崎に開校した俳優養成所に入所し、いろいろなCMに出演

◇著書
日本一心を揺るがす新聞の社説』『この本読んで元気にならん人はおらんやろ』『いま伝えたい!子どもの心を揺るがす”すごい”人たち』『仕事に“磨き”をかける教科書』等、著書多数

4回分、無料でお届けしています。

その後、購読するかしないかは自由です

感心するやらビックリするやら!

いつも楽しい話題を届けて下さいましてありがとうございます。
この国の中での人の生き方を知らされて感心するやらビックリするやら、世の中まだまだ捨てたもんじゃないですネ。
これからも宜しく!
広島県 A.Y様

人々に勇気を与えるもの!

この間世界の指導者には節度から外れるような言動が目立ち、またその風潮を受け入れる民意があるように思いますが、このような中で、本紙が示す姿勢は人々に勇気を与えるものと思います!
宮崎県 会社経営 M.M様

サロン内に読むコーナーを設置!

購読してから、もっとたくさんの方に読んでほしいと思い、サロン内で読んでいただけるようにしております。
お客様との明るい会話も増えました。
これからも楽しみにしております。
鹿児島県 サロン経営 K様

人々に勇気を与えるもの!

この間世界の指導者には節度から外れるような言動が目立ち、またその風潮を受け入れる民意があるように思いますが、このような中で、本紙が示す姿勢は人々に勇気を与えるものと思います!
宮崎県 会社経営 M.M様

「読む」だけでなく
   「使える」新聞に。

経営者・教師・会社員・主婦・学生など、
多様な読者層を持つ日本講演新聞。

全国の皆様が
いろいろなかたちで
本紙を活用してくださっています。
実際の活用例(一例)
  • 会社・学校の朝礼のネタに
  • 学級通信等への掲載
  • 夫婦や親子で共通の話題に
  • 職場の回覧板に同封
  • ブログやSNSで発信
  • 移動中の読書に

あなたの人生の隠し味に

たった一度きりの人生です。
人生をより豊かにする「学び」をあなたにも。
想いが一緒だった!
炎のYoutube講演家 鴨頭嘉人氏

僕は世の中に良い情報をまき散らそうと思って今までやってきました。
そんな時に水谷編集長と出会ったんです。
「世の中はネガティブな情報が多すぎる。世の中の人の心が明るくなるような新聞を創りたいと28年間やってきた」という話を聞いて僕は涙が出ました。

全く同じ想いだった!


こういう新聞を待っていました!
静岡大学大学院教授/SHIEN(支援)学会会長 舘岡 康雄氏
新聞の本来の目的は、人々に高い見識を持たせて、明るい気持ちもで生きていける情報を発信するものです。
日本講演新聞はまさに、人と人とがお互いに繋がって力を引き出しあっていく社会を創っています。
こういう新聞が21世紀を変えていける新聞です。
歴史に名を残す新聞です!
新宿調理師専門学校学校長 上神田梅雄氏
「一隅を照らす」のように有名・有名じゃないに関わらず、強い想いを持った方々を取り上げている新聞です。
私が掲載されると多くの方に「載ってましたね!」と声を掛けてもらいました。
情熱がなければとても29年も続けられるもんではありません!
感動の記事しか載っていない、素敵な新聞です
(一社)やまとの智恵実践協会代表理事 
やまとしぐさ伝承学師範
大和躾伝承学師 辻中 公

私はWeb版を購読しています。
Web版の良いところは、コラム別になった過去の記事が読めること。

ただし、電車の中で読むときには突然の涙にご注意くださいね。
こういう新聞を待っていました!
静岡大学大学院教授/SHIEN(支援)学会会長 舘岡 康雄氏
新聞の本来の目的は、人々に高い見識を持たせて、明るい気持ちもで生きていける情報を発信するものです。
日本講演新聞はまさに、人と人とがお互いに繋がって力を引き出しあっていく社会を創っています。
こういう新聞が21世紀を変えていける新聞です。
スタッフ14名、特派員は全国各地に12名で、良い情報集め・取材・編集・発行をしています。

スタッフと読者の交流会「読者会」や、読者同士が自発的に集まり感想を共有し合う「読む会」は定期的に行われています。

購読料のご案内

おすすめは「紙で読んで、WEBで保存」♪

いつでもどこでも読めます!
過去記事10年分が読めます!

紙版は郵送でお送りしております!
紙版は郵送でお送りしております!

ご自身の研鑽にどうぞ。

あたなの自信の価値を高める方法は
「学ぶ」しかありません。
日本講演新聞は「感動」と「学び」をご提供します。

チャンネル登録、フォローして
「隠れ読者」になろう!

朗読版
社説の朗読版です。通勤中…運転中...家事をしながら…ながらでお聴きください
note
過去に掲載された記事を厳選して投稿しています
Twitter
お知らせ最新動画のアップ情報自由気ままにつぶやきます
Facebook
お知らせ講演会・イベントの告知&報告、読者会ページもあります
Instagram
書籍の紹介。
次週の告知。
自由気ままに更新します。
LINE@
最新号の詳細や無料記事、特別なイベント等のご案内をしています。
LINE@
最新号の詳細や無料記事、特別なイベント等のご案内をしています。