このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
045-306-6732
受付時間:9:00~18:00
トップページ
お客様の輝く未来のお手伝いをいたします。
法人設立や各種許認可などお困りごとはみうら社会保険労務士・行政書士事務所へご相談ください。

お客様の輝く未来のお手伝いをいたします

みうら社会保険労務士・行政書士事務所
045-306-6732
受付時間 9:00〜18:00
メールでのお問い合わせ
お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせ下さい

社会保険労務士

職場の安心、企業の未来を支えます

社会保険労務士
社労士とは、労働法や社会保険に精通したプロフェッショナルであり、これらに関する書類(就業規則や社会保険の手続きなど)作成や提出を代行することは、社労士にしか許されていない「独占業務」とされています。
そのため、原則的な社労士の仕事内容は独占業務とされている就業規則や雇用契約書の作成や、社会保険に関してハローワークや年金事務所などに行わなければならない書類手続きの代行(アウトソーシング)が中心となります。
メリット
コスト削減

顧問社労士と契約することで顧問報酬という固定費は発生してしまいますが、まだまだ社会保険関係の手続きは複雑なのが現状であり、また労務環境をしっかり整備していないと従業員とトラブルになった際に予期せぬキャッシュアウト(損害賠償や未払い賃金など)が発生するリスクが残ります。
これらに対応できる従業員を直接採用できればいいのですが、採用にかかる費用とその従業員に支払う給与などを考慮した場合、社労士にこれらの業務を委託した方がコスト削減に繋がるかもしれません。

メリット
労務リスクの削減

昨今では労務違反に関する取り締まりも厳格化しており、また一定規模の企業であれば労務違反が公になった際のレピュテーションリスク(社会的信用の低下)は計り知れないものがあります。
顧問社労士と契約し、自社の労務環境をチェックしてもらうことで労務トラブルが起こるリスクを未然に防ぐことができると言えるでしょう。

メリット
キャッシュフローの改善

社労士を活用することでキャッシュフローを改善することも可能です。
実は、雇用環境を改善することで受給することのできる「助成金」というものが世の中には多数存在しており、助成金は要件さえ満たせばノーリスクでまとまった現金(用途不問)を受け取ることができます。
ただし、助成金の申請は非常に複雑かつ正確な書類作成が要求されるため、自社で内製化して申請を試みるよりも、助成金に強みを持つ社労士に委託した方が安心して受給額を受け取ることができるでしょう。

メリット
労務リスクの削減

昨今では労務違反に関する取り締まりも厳格化しており、また一定規模の企業であれば労務違反が公になった際のレピュテーションリスク(社会的信用の低下)は計り知れないものがあります。
顧問社労士と契約し、自社の労務環境をチェックしてもらうことで労務トラブルが起こるリスクを未然に防ぐことができると言えるでしょう。

行政書士

クライアントをトータルサポート

行政書士
「行政書士」は、1951年(昭和26年)に成立した「行政書士法」により誕生した「国家資格」です。「行政書士」=国民にもっとも身近な「街の法律家」とも言われます。
行政書士の仕事は大きく分けて、① 官公署へ提出する書類、権利義務や事実証明に関する書類を作る「書類作成業務」、② その申請を代わりに行う「許認可申請の代理」、③ クライアントからの相談を受け、アドバイスを行う「相談業務」の3つに分類されます。
「行政書士」は国民と行政のパイプ役を担う法律の専門家として、近年ますます活躍の場が広がっています。

行政書士の仕事

許認可申請のプロフェッショナル
許認可申請のプロフェッショナル
飲食店を始めたい、建設業を開業したい、農地に住宅を建てたい・・・など、このようなケースでは、許可や認可を得る必要があります。
官公署に申請する書類は膨大なものになります。
そこで、許認可申請のプロの視点でスムーズに行なわれるよう、相談から書類作成、提出代理までを行政書士が行ないます。
ビジネスコンサルタント
ビジネスコンサルタント
行政書士は会計記帳、決算、財務諸表の作成など会計業務に携わることができます。
中小企業に対して法務的観点から幅広いアドバイスが行えます。
また、近年では電子申請の開始によりIT対応の申請が増加しています。
予防法務のスペシャリスト
予防法務のスペシャリスト
弁護士は、主にトラブルの「事後紛争解決」に携わるのに対して、行政書士はトラブルを未然に防ぐ「予防法務」として個人と企業をサポートします。
権利義務・事実照明に関する書類(決算書・内容証明書・遺産分割協議書・各種契約書など)の作成、提出はすべて行政書士のなし得る仕事です。
予防法務のスペシャリスト
予防法務のスペシャリスト
弁護士は、主にトラブルの「事後紛争解決」に携わるのに対して、行政書士はトラブルを未然に防ぐ「予防法務」として個人と企業をサポートします。
権利義務・事実照明に関する書類(決算書・内容証明書・遺産分割協議書・各種契約書など)の作成、提出はすべて行政書士のなし得る仕事です。

ご契約までの流れ

Step
1
お問い合わせ

まずはお気軽にお電話もしくはフォームよりお問合せください。
予約システムからの直接予約も大歓迎です。
ご相談内容やご要望を簡単にお伺いしたうえで、無料相談の日程を調整させていただきます。

Step
2
無料相談

当事務所へご来社いただくか御社にお伺いし、直接お話を伺います。
お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。
当事務所のサービス内容についてはもちろん、その他気になることがございましたら、どうぞ気兼ねなくご相談ください。

Step
3
お見積り

サービスにお申込みいただいた場合の、金額をお見積りいたします。
当事務所では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。
お見積り内容について一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

Step
4
ご契約

お見積り内容にご同意いただけましたら、ご契約へと進みます。
改めて、お申込みいただくサービス内容・ご契約内容についてご説明をいたしますので、書類に署名・ご捺印をお願いいたします。
ご契約が完了しましたら、サービス提供を開始させていただきます。

Step
4
ご契約

お見積り内容にご同意いただけましたら、ご契約へと進みます。
改めて、お申込みいただくサービス内容・ご契約内容についてご説明をいたしますので、書類に署名・ご捺印をお願いいたします。
ご契約が完了しましたら、サービス提供を開始させていただきます。

お客様の輝く未来のお手伝いをいたします

みうら社会保険労務士・行政書士事務所
045-306-6732
受付時間 9:00〜18:00
メールでのお問い合わせ
お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせ下さい

代表挨拶

代表

社会保険労務士・行政書士
三浦伸子

社会保険労務士を目指そうと考えたのは、夫が工務店を始めたことがきっかけです。
何か私にもできることがないかなと思い、社会保険労務士の資格を取得しました。
我が家がそうであったように、建設業に携わっている個人事業主様の中には、法人化のタイミングで建設業許可を受けたいと考えられる方は少なからずいらっしゃると思います。
建設業許可はその分野での国のお墨付きをもらうということなので、社会的信用、そして仕事の幅も広がるので、建設業に携わる方の目標のひとつではないかと思います。
ただ、会社設立にしても、建設業許可にしても手続きはかなり煩雑です。
そこで、煩わしい手続き等のお手伝いを私におまかせいただき、本業に集中していただければと思います。
ご要望があれば、会社設立に伴い、従業員の方々がいらっしゃる会社様の労働保険および社会保険関係の設置等のお手伝いもさせて頂けます。
社会保険労務士と行政書士の2つの資格を活かし、新しいことを始めたい方をサポートして行きます。

事務所概要

事務所名 みうら社労士・行政書士事務所
所在地
横浜市中区西之谷町18-6-201
代表者 三浦 伸子
TEL 045-306-6732
FAX
045-319-6906
取扱業務
会社設立書類作成、社保関係書類作成申請代行、建設業許可書類作成申請代行、道路使用許可書類作成申請代行、給与計算業務、労働保険年度更新、健康保険算定届、労働保険各種届出、社会保険各種届出、助成金書類作成申請代行、就業規則作成
リンク
所在地
横浜市中区西之谷町18-6-201

お問い合わせフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信