民宿のある小さな集落「中鶴(なかんつる)」は地域を守るために多彩な活動を行っています。

メインになるのが集落営農による米作り。集落全体で農機具の共同保持や基盤の整備、直播き、栽培、景観事業など独自の活動を展開しています。

山間高冷地で清らかな水という米作りの条件に恵まれて、
周辺都市部の方々にも大評判のお米(コシヒカリ)です。

ふっくらとした炊きあがりで、一粒一粒の粘りが強く、歯ごたえのある味わいが特徴。

あなたの里山になりたい!
アウトドア派の隠れ里 
『具座』はっしん!

佐賀県三瀬村は大自然の中に日本古来の農家の、
昔からの暮らしがあり、
懐かしく心からホッとできる場所です。
先が見えない昨今ですが、
そんな三瀬村の暮らしを分かち合い、
都会の人と「里山時間」を一緒に創りたい!
そんな思いから始まったプロジェクトです。

はじめまして

農家民宿 具座(ぐざ)のおかみ、藤瀬みどりです。
 夫の早期退職を機に佐賀県初の農家民宿として「具座」を平成18年開業しました。開業以来、年間500人以上の方に宿泊していただいています。海外のお客様も年々増えて、昨年は200人近い方達が宿泊に来られました。  

 それ以外にも、石釜体験などの体験イベントに年500人のお客様がここ「具座」に来られます。来られる人とお話しをしていると「野外活動の場所をもっと整備して!」「他に無いようなアウトドア施設があったら!」「三瀬村は博多の街から近くて便利!」などの声がたくさん。  

 一方で三瀬村の田畑や山は、村民の高齢化が進んで年々遊休地が広がっています。このような遊休地にアウトドアを楽しめる場所を作ることで、街の人達が自然豊かな三瀬村をもっと楽しむことができるようになり、遊休地の活用も進むと思いました。
 このページをご覧のみなさん、「具座」の応援を心からよろしくお願いします。

三瀬村オススメの四季

春・秋

三瀬村とは

 福岡市と佐賀市の県境、標高400メートルに位置する三瀬村。県庁所在地が隣接という全国でもまれな県境のトンネルを抜けると、大きく視界に広がる"THE 田舎"。 福岡天神から50分強というドライブにバッチリな条件から、週末になるとお買い物にお食事に、そして癒しを求め県外から多くの方が三瀬村にいらっしゃっています。

 また露天風呂や家族風呂も楽しめる「三瀬温泉やまびこの湯」や、具座から20分ほど足を伸ばした所には宿泊が可能な温泉、美人の湯で有名な古湯温泉に、ラドンで有名な熊の川温泉もあります。

「農家民宿 具座(ぐざ)」とは

「農家民宿 具座(ぐざ)」は、国道263号から県道を2キロほど山間へ入った集落にあります。小さな清流に沿って蛇行する県道の両脇には、山際まで田畑が広がっており、まさに“里山の原風景”といった雰囲気。
日本の田舎を肌で感じられる場所です。

 築100年の納屋を改装した「具座」の建物内には二間の客室があり、1日2組(最大12人)までの宿泊が可能です。2022年で16周年、これまでは県外のお客様はもちろん、海外から来る方も多く、年間500人のお客様に訪れていただきました。

 外国の方の宿泊予約はインターネットの翻訳機能を使いフェイスブックのメッセージ機能や、多言語の電話通訳にも対応する県の観光アプリを使ったスマホで受け付け。予約されたお客様の多くは佐賀駅からバスを使って最寄りのバス停まで、その後に私たちが車でお迎えします。

「具座」が外国の方にも人気が出始めたのは平成29年春頃。韓国の観光連盟の方がブログで紹介され、タイのテレビドラマのロケ地にもなってからでしょう、韓国、タイ、台湾などからのお客様が増えました。またSNSを通じた「口コミ」で知名度が上がった影響もありました。おかげさまで令和元年には、海外のお客様が約200人にまで増えました。

 ところが令和2年、コロナ禍のために国内外ともお客様は激減してしまいました。

しかし
新型コロナウイルスの影響が!

現在、観光やインバウンドは
回復の見込みが立っていません。
そんな状況でも、
三瀬村の魅力を少しでもお届けしたい
という気持ちで、
今回のプロジェクトを立ち上げました。

なぜこのプロジェクトを行うのか

始めに思うことは、次の世代へも三瀬村という地域を残したいということです。
だから、村の良い現状も悪い現状もを知って欲しい。

豊かな環境はここにあります。自然の恵みもたくさんです。
しかし人口も減り続け、耕作放棄地や荒れた山林が増えています。
守らないといけない。なんとかしたいのです。

放棄地の田畑を林にして自然に戻す、そんな作業も必要。 
そして農業ビジネス展開で村に活気を取り戻すことはもっと必要!
人も、山も、田畑も変えていかないと間に合わない。

だからこそ、ソーシャルディスタンスもしっかり確保できる、
アウトドアやキャンプをテーマに、
全国のみなさんと山や田畑を整え、楽しみたい!

そして他の地域の山里の、見本にもなって行きたいと思っています。

こんな悩みはありませんか?

毎日、遅くまで仕事して家と会社を行ったり来たり。

「週末くらいは喧騒を離れて、ゆっくりした時間を過ごしたい」
「田舎の良さを楽しみたいけど、すぐにはできない」
「アウトドアで、ゆっくり過ごせる場所が欲しい」
「ぼーっとする時間がほしい」
「疲れを癒す、うたた寝がしたい」
「趣味に没頭したい」
「家の中でゴロゴロしてると、一日を無駄にした気分になる」
「アウトドアに興味があるけど初心者で・・・」


こんなふうに感じていませんか?
三瀬村に、「具座」に来てみませんか?


空が見える休日

昔、人はみな

山や川が遊び場だった・・・

田舎体験もできる自然の中で
アナタひとりの、また家族のための
『里山』を一緒に創りませんか?
ココロのゼイタクをしてみませんか?

農家民宿 「具座(ぐざ)」は民宿。喜ばれるスタイルは変えません!

体験メニューでは「裏山の散策」から始まり、
子どもが夢中になる「カブトムシ捕り」や
「川遊び」「そうめん流し」、
かまどや五右衛門風呂の薪を使った火炊き、
田畑での収穫、ゆうげのおかず作り、
米麹を使った味噌づくりナド等などと、
とにかく盛りだくさんです。
季節やお客様の希望に応じて、
オリジナルにアレンジしています。

そう、宿泊だけでなく「石窯」でのピザ焼き体験ナドも可能。
里山の思い出づくりには自信があります。

初めてなのに懐かしい。昔から知っている。そんなところ。

特に山の散策は季節を問わず好評です。

山菜やタケノコ、キノコなども採れる春、夏。
紅葉が鮮やかな秋。冬は長靴で雪道歩き。


都会の暮らしでは味わえない、里山農家ならではの暮らし。
丸ごとココにあります。

晴れた夜には、手が届きそうなお月様と綺羅びやかな星々。
それがココにあります。

豊かな恵みや自然が
そのままで、いたるところに。
だから、あなたと創りたいのです!

 三瀬村は、ひとたび国道を離れると一気に交通量が少なくなり、空き家も目立つ、農業以外には雇用を生みだすような所はほとんど見当たらない村。高齢化は顕著ですが、それでも住民の多くは農作業に一生懸命。草刈りや田んぼの手入れ、地区の道路や農道などの整備も共同で行う、エネルギッシュな住民(オジンジャーズ)がたくさんいます。

 それでも水田跡地やその周りの傾斜地には草が生い茂って、かつて軽トラが走った山道や周囲の木々も、今は手入れが行き届きません。暗くなれば照明もなく、目立つ人工物も視界に入らないこの場所。

 いたるところに恵みや自然はあふれています。でも手をかけないままでは、あまりにもモッタイナイと思いませんか?

コロナ禍も続く今、ここには「ディスタンス」が!

1日1組限定のアウトドアパラダイス!

三瀬村の自然の中で
『あたなの里山

一緒に創りませんか?


①1日1組限定! ソロキャンプ・ファミリーキャンプが楽しめます!!

心を開放できるソロキャンプ・ファミリーキャンプしませんか?

「具座」の裏山は自然がいっぱい。でも温泉まで車で10分弱。
福岡市天神からでも50分強で来られる場所です。

整備が進めばハンモックでくつろぐことも。
40cmの積雪は真冬の三瀬ならでは。

四季折々の楽しみが、本当にたくさんあります。

②テントがなくてもOK! 1日1組限定ツリーハウス!!
 そして自転車で楽しむマウンテンバイクコースも!!

 裏山の頂上付近には、佐賀大学の学生さんに協力してもらってツリーハウスを作りました。テントがなくても山の中の空気を満喫できますよ。
 そしてオフロード自転車専用のマウンテンバイクコースも整備中。裏山をぐるりと回る約2kmの本格的なコースです。

 そしてその周辺はまだまだ整備したい場所がたくさん。里山の魅力を、これでもか!と高めていきたいと思っています。みなさんどうぞお楽しみに!

③三瀬村の恵みを全国へ

 「具座」の食材や料理をキャンプでも、ご自宅でも味わっていただきたいと思いを込めてお届け。

 お米、みそ、お漬物、ブルーベリー、ソーセージ、そして特製のどぶろくまで、どうぞ心ゆくまで味わってください。

 また「具座」で行っている体験用のキットもご用意。お箸やバターナイフが作れたり、焚き火などに使える薪もお送りします。

 三瀬村の恵みを、どこでもお楽しみいただけます!

費用の使い方

 東屋の第2次整備(外壁や窓)・・・30万円
 東屋の備品整備(テーブル、椅子、折り畳み式2段ベッド)・・・30万円  
 キャンプ場整備(東屋の給排水施設など)・・・100万円
 犬も泊まれるような避難所の整備・・・150万円
 マウンテンバイクコースの第2次整備(立木の伐採や看板設置)・・・60万円
 トレッキングコースの整備(立木の伐採や看板設置)・・・30万円
 その他の経費・・・30万円

リターンについて

ただいま、検討中です。応援ページで、皆様にご意見をいただきながら、決まりましたらご報告いたします。

最後に一言

 農家民宿具座は、野菜や山菜などの生産から収穫、加工、料理と「おもてなしの心は自給自足にあり」をモットーに国内外のお客様を受け入れてきました。田舎ならではのリラックスができる環境と、多彩な体験を提供してきています。

 今までお客様から「美しい自然に囲まれている」「星空ってこんなに広かったの?」「村の人達が温かく親切」「多彩な体験ができた」等などの、うれしい感想を聞くことができました。

 そう言った体験などを、インスタグラムやフェイスブックで発信していただくことも、とても増えました。裏山の散策や五右衛門風呂といった、「具座」ならではの体験が喜ばれていると自負しています。都会では体験できない『ココロとココロの近さ』、そして『喧騒との距離』『自然との近さ』が魅力なのでしょう。

 コロナ禍の今は、以前通りに自由に行き来はできません。でもお客様が体験することをSNSなどを通して発信し続けたいです。また返礼品などを通して『体験』に近いことをお届けできればと願っています。

 基本は民宿。これまで喜ばれてきた「おもてなし」のスタイルは変えません。そこに加えて、増えている耕作放棄地を有効に利用、野外活動の地域作りをして民宿のお客様にもアウトドア志向の人達にも喜んでもらう、ひいては三瀬村の新しい農村ビジネスにしていきたい、そう考えているのです。

 都会の人も三瀬村の人も、求めているものは同じだと信じています。アナタと一緒に創りたいのです!どうぞよろしくお願いします!

スケジュール(予定)

2020年12月20日(日)クラウドファンディング開始

2021年1月28日(木)クラウドファンディング終了

2021年2月上旬から、順次リターンを配送

三瀬村『具座』のからのごあいさつ

「具座」のばあちゃん 藤瀬チトエ

私は具座のばあちゃん、藤瀬チトエです。

 令和2年9月20日で89歳になりました。週に3日はひざ痛のための病院通いと3日間はゲートボールをしていますが、一番やりがいのあるのは野菜作りです。この歳になっても100坪の畑で50種類の野菜を栽培しています。

 14歳からの野菜作りで季節の移ろいを敏感に感じ取って、種蒔きや手入れの時期を逃すことはありません。時には漬物にしたり乾燥したりして保存食も工夫してやっていますが、佃煮などの原材料が多いときには分量を量ったりする作業など間違えることが多くなったので「チトエ婆ちゃんの虎の巻」に記録して見ながら面倒な作業をしています。

 民宿のお客様が私の顔を見て「婆ちゃんの作った○○を美味しくいただきました」と声をかけて下さいます。

 今の一番の楽しみは曾孫のはなちゃんと遊ぶことです。私は老化が早くて、はなちゃんはスクスクと育っていて、歩く速さが逆転しました。でも可愛くてたまりませんね。長い人生の中でも今が一番幸せ。皆様どうぞよろしくお願い致します。

「具座」主人 藤瀬吉徳

農家民宿具座(ぐざ)の主人こと、草刈りおじさんの藤瀬吉徳です。

 勤め先を50歳で早期退職し農業に専念しましたが、ほどなく田舎の小さな農業だけでは食べていけないことに愕然としました。その後、カミさんと共に具座を始めて、たくさんのお客様に恵まれました。また田舎の農業を楽しくしたいと農業機械や農道、水路など環境整備も、地区の仲間と進めて来ました。

 しかし最近になってはたと!環境整備で農業がやりやすくなっても、子や孫の後継者は田舎に残らないのです。足りないのは、楽しくて普通に稼げるような、三瀬村に合った仕組みだと思い当たりました。

 そのために三瀬村の豊かな環境を活用した、野外活動の聖地をたくさんの方々と作り上げたいのです。

 私達夫婦はすでに還暦を超えて田舎の高齢者になりました。でも前向き思考だけは山盛り。夢はアウトドア志向の人々の憧れをつくって、豊かな田舎暮らしのモデルになること。

 田舎のしがない高齢者でも、熱い想いと行動力を振り絞れば出来るんだと胸を張りたいのです。みなさんのご支援をいただければ、一緒にデッカイ夢がつかめるんだと示したいんです。 みなさんの応援が必要です。心からよろしくお願いします。

「具座」のおかみ 藤瀬みどり

農家民宿具座(ぐざ)のおかみ、藤瀬みどりです。  

 今回、私達で「具座」をテストケースに始めたいのです。今、自分達だけでできることは少しずつ準備しています。民宿のそばに東屋や石釜を作ったり、裏山の遊歩道を整備したり、周辺の田畑や山のあちこちにアジサイやヤマモミジを植栽したり。でもそれだけでは、やっぱり足りないと感じていました。  

 クラウドファンディングで、夢に近づけるようにもっと周辺の整備を進めたいと思っています。みなさんの応援を、心からお願いします!

「具座」の息子 藤瀬大喜

農家民宿具座の息子、藤瀬大喜です。

 九州産業大学芸術学部美術学科工芸コース卒で造形作家をやっています。 主に粘土で造形したものからシリコンで型を取り、樹脂を流し込んだフィギュアと、金属を流し込んだ工芸品の2種類の造形物を作る仕事をしておりました。

 でもコロナ禍で仕事内容が変わり、今は企業の依頼による原型制作が主な仕事になりました。
(具体的な製品については守秘義務がありますのでお答えできません!汗)

 具座では裏山のマウンテンバイクコースなどを担当して活動しております。よろしくお願いします。

藤瀬大喜の妻 藤瀬成子

藤瀬大喜の妻の藤瀬成子(セイコ)です。

 2020年7月で結婚して5年目になります。土日は一昨年生まれた娘の子守に追われながら、平日は佐賀市で勤めています。

 趣味は音楽・ドラマ・映画鑑賞と、iPadでお絵かき、Switchでブレワイをすることです。よろしくお願いします。

藤寅合同会社代表 藤原一宏

 藤寅合同会社、代表の藤原一宏です。普段は、主に「旬菜舎さと山」の運営のお手伝いをさせて頂いています。

 今回、私の故郷でもある「三瀬村」で「農家民宿具座」のご夫婦さんが熱き想いと行動力で、田舎の未来に向けて孤軍奮闘していらっしゃるのを見て、ズドン!と心撃たれました。そこで私も仲間に入れて頂き一緒に「馬鹿者」となり、クラウドファンティングを立ち上げることに。また私の初クラウドファンティングコンサルでもあります。

 これからその夢の実現に向けて、皆様のあたたかい応援と、大きな協力が必要。どうぞよろしくお願いします。

 それから夢の実現に向けて「よそ者」さん「キレ者」さん「若者」さんも募集していきます。お気軽にメッセージください~お待ちしています。私たちと一緒に佐賀県三瀬村にアウトドアの聖地づくりを楽しみましょう!!

 ps:写真は、具座さんのミツバチ小屋の中から取りだした蜂蜜(巣蜜)です。こんなに甘いとは驚きです~!これが本来の蜂蜜の味なんだと実感しました。こんなレアな体験も楽しめますよ!(笑)

クリエイティブ 大島一樹

 クリエイティブを中心にお手伝いしている、大島と申します(写真中央のヒゲオヤヂ)。

 三瀬村はすでに20年ほど通っているところになります。いろいろお知り合いも増えましたが、人だけでなく本当にイイところだな〜と思っています。出来れば住みたいのですが、車で20〜30分のところに住んでいるのでナントカがまん?

 特に、みつせポップジャムという音楽イベントは、2004年の立ち上げのときから関わってきました。今まで続いている、私としては最長のイベントなのです。あ、写真は昨年のみつせポップジャムで、出演者との記念写真。

 三瀬村を、具座さんを、もっともっと広めたいですし、そこで暮らす方々のお力になりたい、そんな想いです。

 あなたとご一緒に応援していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!
Prduced by 
Crowdfunding Research Institute Co., Ltd.
クラファン総研(株)Miki Noguchi

Prduced by 
Crowdfunding Research Institute Co., Ltd.
クラファン総研(株)Miki Noguchi

起案者情報

農家民宿 具座

【住所】佐賀県佐賀市三瀬村藤原1097
【電話】0952-56-2649
 公式ページ http://guza-mitsuse.com/

旬菜舎さと山

人・物・文化の交流拠点
旬菜舎さと山農家レストランでは、佐賀県の安心安全な食材を使用して 近所の料理自慢のおばちゃん達が愛情込めてつくるお袋の味。

【住所】:佐賀県佐賀市富士町下合瀬山神739-1
【電話】:0952-57-3101
 公式ページ http://sa-to-yama.jp/


リスクと課題 

コロナの状況に変化が生じた場合には、政府の指示に添います。
農家民宿 具座  
〒842-0302 佐賀県佐賀市三瀬村藤原1097
TEL(FAX) 0952-56-2649