あなたの大切なペットが余命3ヶ月と言われたら、どうしますか?

自分が死ぬまで、ずっと一緒だと思っていた、愛犬、愛猫などのペットたち。

・・・え?なんで?今、こんなに元気なのに?

知らない間に病(やまい)は、大事なペットの身体をむしばんでいました・・・・

ペットはいつもあなたの側にいると思っていませんか?









ペットも生きています。生きていると病気になりますし、歳も取ります。

人は病気になると病院へ行ったり、薬局へ行って薬を買ったりします。でも、ペットは自分から病院へ連れて行って欲しい、薬買ってきて欲しいとは、言いません。それどころか、体のどこかが痛いとか教えてくれることもありません。

中には、弱っているところを見せないようにふるまうペットもいます。

 

普通、ペットの調子が悪くなれば、動物病院へ連れて行きます。ですが、人間の子どももそうですが、おおかたのペットは病院が嫌いです。

 

初めて行った時は動物病院で何をされるか知りません。だから平気です。でも、お尻に体温計をつっこまれたり、予防注射とか痛いことをされて、嫌いになります。また、ほかに知らない動物がたくさんいて不安になります。

だから普段から動物病院になれる工夫などしないといけないのですが、普通の飼い主さんは、そんなことはしません。

 

ですから、ペットによっては、よほど弱ってからでないと動物病院へいけない子もいます。

 

病気がひどくなってから動物病院に行っても手遅れのことが多いです。ましてや、病気のペット、それでも病院へ行くのを嫌がるペットを無理やり病院へ連れていくことで、余計なストレスを与えることになります。

 

ストレスは病気にとって、大敵です。

 

そんな風に、動物病院へいけないペット、もう尽くす手がないペットを少しでも癒すためにベッツレイキヒーリングを考えました。

安心できるおうちで、リラックスしながら施術を受けることができます。

 

ベッツレイキヒーリングを受けると

・ペットの食欲が出てくる。

・ペットの痛み、苦しみが軽くなる。

・ペットが穏やかになる。

・ペットが落ち着く。

・ペットがすやすや眠れる。

・ペットの声が聴けるので、ペットの生活の質(QOL)をあげることができます。

などの効果が見られます。(※効果はペットにより違います。)

私は、小さなころから、動物たちがいつもそばにいる暮らしをしていました。

ある時こちらの不注意で、飼っていた柴犬が交通事故にあって死んでしまいました。

その時、私は、苦しんでいる動物を救う獣医師になろうと決心しました。

しかし、動物病院で働いていた時、病院を怖がる動物が多いことに気づきました。

また、動物が嫌がるから、動物病院へ連れていく事ができない動物も多いことを知りました。

 

動物病院へ行けない動物はどうするの?

病気が重くて、獣医さんから見放された動物はどうするの?

そんな動物を飼っている飼い主さんも傷つき、苦しんでいると思います。

何か、私にできることはないのか?

 

という事で、動物たちと飼い主さんを少しでも癒してあげたい、と考え、

「ベッツレイキヒーリング」を始めました。

大切なのは、飼い主さんのご自分のペットに対する想いです。

ペットたちも飼い主さんの気持ちに応えてくれます。

 

私に、飼い主さんとペットが幸せに暮らしていくための、お手伝いをさせてください。

その一つとして、メルマガを通して、お役立ち情報等をお届けしたいと思います。

 

メルマガ登録

良かったら登録してくださいね

プロフィール

山口大学大学院農学研究科獣医学専攻修了

20数年間行政で、食品衛生と狂犬病予防に携わる

1996年より(公社)日本愛玩動物協会の活動にボランティアとして参加

2016年より 犬の家庭教師 みつの塾主宰

2018年 レイキを学ぶ

 

私はいつも、私にできる最大限をするということを考えて対応させていただいています。できていないこともたくさんありますが、個別の案件に対しては、最大限の対応をしています。できることと、できないこと、色々あります。だから、できることは精一杯させていただいています。

 

本当に、一人一人の人が、もう少し「動物を飼う」ということに対して、真摯に向き合っていただければ、世の中はもっと良くなると思います(*^-^*)