このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
092-732-5536
9:30~18:00(土日祝を除く)

株式会社みとま不動産

ご相談・お見積もりは無料
福岡・山口・九州北部地域の空き家・空き地のご相談は“みとま不動産”へお任せください!
空き家を売買・活用したい方、大手の不動産会社に断られた方、まずはお電話、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

空き家問題

空き家・空き地でこのような
お困りごとはありませんか?

  • 両親が住んでいた家や土地があるが、使う予定がない。
  • 売却か賃貸か、どうするのがいいのか。
  • 相続した家が売れなくて困っている。
  • 生まれ育った実家にいつかは住みたいと思っている。
  • 転勤して住んでいない家の管理が大変。
  • 大手の不動産屋に相談したら断られた。
  • 大手の不動産屋に相談したら断られた。

福岡県の空き家の現状

福岡県の空き家の総数は約33万戸で、そのうち賃貸・売却用の住宅や別荘等の二次的な住宅が約20万戸、その他の住宅は約13万戸(平成30年調査)となっています。
全国的にも増加傾向にあり、県内では人口や世帯数の減少に伴い、今後も増加は続くと考えられ、防災・防犯・衛生・景観等の面で大きな問題を生じさせ、いわゆる「空き家問題」として危惧されています。
増加傾向にある老朽空き家の発生を抑制するため、利活用可能な空き家を活用できるうちに市場へ流通させる必要があります。

放置するリスク

空家対策特別措置法による懸念
リスクのある家を減少させ、周辺住民を保護するための空き家対策特別措置法が成立しました。
この特別措置法で一番大きなポイントは、処分を第三者が行える点にあります。
災害リスクがある古い建物や、景観を著しく損ねる建物は強制的に取り壊しができるようになり、行政処分として強制的に取り壊され、その費用は所有者に負担させられます。
資産価値が下がる
土地と異なり、家屋は時間の経過とともに劣化していきます。
特に日本では、一戸建ては木造が一般的であるため、換気が不十分な状態になったり、管理が適切になされていなかったりすると劣化のスピードは速まることでしょう。
不動産としての資産価値は、確実に失われていきます。
売却しようと思ったときには、すでに廃屋同様でまったく買い手がつかないことになるでしょう。
犯罪と災害リスク
第三者の不法占拠や犯罪者の侵入などで犯罪リスクが増加します。
不法投棄があったりすると環境悪化の懸念もあります。
さらに、建物の崩壊や放火による火災などがあれば、災害リスクにもつながります。
単に所有者の問題だけでなく、周辺住民にも迷惑をかけてしまうこともあり、見逃せない課題となっています。
老朽化による倒壊
老朽化の進行で屋根、外壁が傷んで剥がれ落ちることがあります。
また、シロアリによる土台の腐食が進むと、建物自体が傾いて倒壊の危険性が高まります。
実際に地震や台風で倒壊した例もあります。
屋根や壁が剥がれたり、倒壊したりしたことによって、周囲の建物を損傷させてしまうことも考えられます。
運悪く、通行中の人が負傷することもありえます。
資産価値が下がる
土地と異なり、家屋は時間の経過とともに劣化していきます。
特に日本では、一戸建ては木造が一般的であるため、換気が不十分な状態になったり、管理が適切になされていなかったりすると劣化のスピードは速まることでしょう。
不動産としての資産価値は、確実に失われていきます。
売却しようと思ったときには、すでに廃屋同様でまったく買い手がつかないことになるでしょう。

空き家対策特別措置法

空き家により景観が損なわれたり、衛生面、防犯面の問題を引き起こしたりする恐れがあるとして、2015年2月に全面施行された法律のことで、“空き家法”とも呼ばれています。
空き家対策特別措置法が制定される以前は、自治体が独自で空き家条例をつくるなど、個々の対策が行われていましたが、法的効力がないため、最終的な判断は所有者にゆだねられていました。
しかし、施行されたことにより、管理が適切に行われていないと思われる物件に対して自治体が調査を行ったのち、問題があると判断された場合においては“特定空き家”として指定し、所有者に管理を行うよう指導をしたり、状況の改善を促したりできるようになりました。

特定空き家に指定されるポイント

  • 倒壊など著しく保安上危険となる恐れがある
  • 著しく衛生上有害となる恐れがある
  • 適切な管理がされていないことによって著しく景観を損なっている
  • その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である
  • 著しく衛生上有害となる恐れがある

早期の対策が重要

空き家に認定されてしまうということは、倒壊の恐れがある・人や物に被害を与える可能性が高い危険な建物であると判断されたということです。ご自身にとっても認定させてしまうと、固定資産税が大幅に上がる・命令に従わなければ強制撤去の可能性があります。
実際に認定を受けた・強制撤去が行われたことがニュースで報じられており、認定を受ける事は他人事ではありません。

みとま不動産の特徴

トータルでサポートいたします!

空き家・空き地の最適診断
空き家・空き地の最適診断
物件を拝見し、売却・賃貸・リフォーム・管理など、専門スタッフが最適な提案をいたします。
売却・賃貸サポート
売却・賃貸サポート
無料査定はもちろん、売却・賃貸のお手伝いをいたします。
リフォームサポート
リフォームサポート
古くなった家を、住みやすい環境に変えるリフォームのサポートをさせていただきます。
管理サポート
管理サポート
遠くで管理できない空き家の管理もご相談ください。
管理サポート
管理サポート
遠くで管理できない空き家の管理もご相談ください。

ご相談の流れ

STEP
1
お問い合わせ・ご予約

ご相談は無料ですのでお気軽にお問合せください。
その際、ご相談内容をお伝えいただけますとスムーズに進みます。

STEP
2
ご来店・出張訪問

お客様に直接事務所にご来店いただくか、現地もしくはお客様のご都合のいい場所まで出張訪問いたします。
福岡・山口はもちろん、空き家が全国的に多い北部九州地方に出張可能です。
お客様のお悩み・ご相談内容をしっかりとヒアリングさせていただきます!

STEP
3
ご提案

お客様から伺った内容を元に、最適な提案をさせていただきます。

STEP
4
物件調査・価格査定

実勢価格をご提案するために、不動産の調査をさせていただいた上で、不動産の査定を行います。
お客様が納得されていない場合、ご契約を進めることはございませんのでご安心くださいませ。
査定までは、一切費用がかかりません!

STEP
5
媒介契約・お手続きの開始

お手続きの内容と査定内容にご納得いただければ、正式なご契約となります。
ご契約後は手続き完了とサポートを含め、専門家にお任せ下さい。

STEP
2
ご来店・出張訪問

お客様に直接事務所にご来店いただくか、現地もしくはお客様のご都合のいい場所まで出張訪問いたします。
福岡・山口はもちろん、空き家が全国的に多い北部九州地方に出張可能です。
お客様のお悩み・ご相談内容をしっかりとヒアリングさせていただきます!

株式会社みとま不動産

ご相談・お見積もりは無料
福岡・山口・九州北部地域の空き家・空き地のご相談は“みとま不動産”へお任せください!
売買・活用したい方、大手の不動産会社に断られた方、まずはお電話、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

会社概要

株式会社みとま不動産

住所 福岡県福岡市中央区天神三丁目2番4-201号
TEL 092-732-5536
FAX 092-732-5537
代表 三笘 健二
免許番号 福岡県知事(1)18615
加入団体 (公社)福岡県宅地建物取引業協会会員
(一社)全国賃貸不動産管理業協会
(一社)九州不動産公正取引協議会加盟
リンク ホームページ
FAX 092-732-5537

代表挨拶

株式会社みとま不動産
代表取締役 三笘 健二
私たちの日本の不動産は、深刻な問題に直面しております。
弊社は、少子高齢化、人口減少社会にともなう空き家問題、相続不動産の運用や処分、空室が目立つ賃貸アパート、マンション等の管理運営でお困りの方に貢献したいという思いで設立いたしました。
私がこれまで培った不動産業30年のノウハウをもとに少しでも多くのお客様にお役に立てるよう日々成長していく所存です。
今後も何卒宜しくお願い申し上げます。

お問合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信