カートを見る
パラグアイのスラム:カテウラで暮らすのシングルマザーの経済的自立を支援するネイルプロジェクト

パラグアイのスラム・カテウラ

パラグアイの首都アスンシオンの郊外には都市最大のゴミ集積地があります。
カテウラと呼ばれるこの地域には、毎日約1,000~1,500トンものゴミが運び込まれています。
あちらこちらに高く積まれたゴミ山の中で、多くの女性や子どもがゴミの分別をして生計を立てています。

この地域には、雇用を求めて都市部にやってきた農民に対して住居等の対応が追いつかず、もともと湿地帯であったこの地域に「不法占拠」という形でこの地域に暮らしています。

カテウラは毎年雨季になると、近くを流れるパラグアイ川が氾濫し洪水を起こします。多くの家屋が浸水したり、時には家屋や学校は水没してしまい、カテウラに住む半数以上の住民が避難を余儀なくされてしまいます。

カテウラ出身というだけで差別を受けることもあり、仕事に就くことも難しく、経済的困難に陥るという悪循環も存在しております。

カテウラおよび住民が抱える課題

パラグアイ社会には、ラテンアメリカに特徴的なマチスモ(男性優位)思想があり、女性の社会的地位が一部の女性を除いて相対的に低いと言えます。二つの大きな戦争を経験し、成人男性の多くが亡くなったことから、人口のアンバランスが生まれ、男性が複数の女性と性関係を持つことを社会が許容してきました。
若年女性の望まない妊娠も多く、カソリックの信者が多いことから妊娠の中絶は容易ではありません。不十分な性教育も社会問題として指摘できます。子どもの父親となった男性やその家族が子どもを引き取り、子どもの世話をすることは稀であり、シングルマザー問題は社会問題の一つにもなっています。
また、カテウラでは、人々が質素な家屋に居住しているため、若い女性たちを狙ったレイプ事件も起きています。
経済的な困窮を理由から就学年数の短い女性たちは職を得ることができず、ゴミの分別などをしてなんとか収入を得ている状況であり、子どもを育てるにも経済的に苦しい状況です。
子どもたちもゴミ山で働いたりするなど、貧困のサイクルから逃れることができません。
シングルマザーの世帯や家族を殺されてしまった人々、ドラッグ中毒の若者たち、暴力やレイプ被害者、経済的・社会的理由により教育を十分に受けることができなかった人々たちは自尊心が低く、自殺未遂を繰り返していることもヒアリングより明らかになっています。



カテウラおよび住民が抱える課題

パラグアイ社会には、ラテンアメリカに特徴的なマチスモ(男性優位)思想があり、女性の社会的地位が一部の女性を除いて相対的に低いと言えます。二つの大きな戦争を経験し、成人男性の多くが亡くなったことから、人口のアンバランスが生まれ、男性が複数の女性と性関係を持つことを社会が許容してきました。
若年女性の望まない妊娠も多く、カソリックの信者が多いことから妊娠の中絶は容易ではありません。不十分な性教育も社会問題として指摘できます。子どもの父親となった男性やその家族が子どもを引き取り、子どもの世話をすることは稀であり、シングルマザー問題は社会問題の一つにもなっています。
また、カテウラでは、人々が質素な家屋に居住しているため、若い女性たちを狙ったレイプ事件も起きています。
経済的な困窮を理由から就学年数の短い女性たちは職を得ることができず、ゴミの分別などをしてなんとか収入を得ている状況であり、子どもを育てるにも経済的に苦しい状況です。
子どもたちもゴミ山で働いたりするなど、貧困のサイクルから逃れることができません。
シングルマザーの世帯や家族を殺されてしまった人々、ドラッグ中毒の若者たち、暴力やレイプ被害者、経済的・社会的理由により教育を十分に受けることができなかった人々たちは自尊心が低く、自殺未遂を繰り返していることもヒアリングより明らかになっています。



私たちミタイ基金について

パラグアイ先住民の集落において、学生と子どもたちが交流する様子。
ミタイ基金からの奨学品を受け取る子どもたち。
ミタイ基金からの奨学品を受け取る子どもたち。
(特活)ミタイ・ミタクニャイ子ども基金とは
mita’i とは、パラグアイの先住民族の言語、グアラニー語で「こども/たち」を意味します。正確には、男児(niño)は、mita’i 、 女児(niña)は、mita kuñaといいます。この基金の正式名称は、ミタイ・ミタクニャイ子ども基金となりますが、多くの皆様方よりミタイ基金として親しまれております。本基金は、南米パラグアイ共和国における非日系農村部の人々、特に子どもたちを支援するために1995年に設立しました。法人化は2014年に行いました。
パラグアイ社会
現在のパラグアイ共和国は、ボリビア・ブラジル・アルゼンチンの三カ国に取り囲まれたラテンアメリカ大陸中央南部に位置する内陸国で、南アメリカの「心臓」や「へそ」と表現をされ、人口670万人(世界銀行2012年)、国土面積が日本の1.1倍の小さな国です。メルコスール(南米南部共同市場)の結節点ともいわれ、経済成長も好調ですが、ジニ係数が高い状況で格差は拡大しています。
パラグアイの子どもたち
パラグアイの農村には、一日1.9米ドル以下で暮らす方々がたくさんいます。貧困から売春に巻き込まれる少女もいます。障害を持った子どもたちが学校へ行くことは困難です。農村にある中学や高校はインフラ整備が不十分であることも多く、また、農村部に中学校や高校がない場合は、進学を諦める子どもたちがたくさんいます。貧しさゆえに学べない。学べないから貧しさから抜け出すチャンスを得られない。インフラが整備されていないので学べない。現在の状況から抜け出すために「教育」が重要であると考え、ミタイ基金は子どもたちへの教育支援を重要な活動の一つとしています。
カテウラへの支援

現地の団体JuvenSurと協働しながら、約3年にわたってカテウラで活動を行なっています。
「教育」「健康」「職業訓練」をテーマとして掲げ、昨年7月にはクラウドファンディングを通じて資金をいただき、4ヶ月に渡る生活改善プロジェクトを実施しました。
https://readyfor.jp/projects/cateura-mitai

パラグアイ社会
現在のパラグアイ共和国は、ボリビア・ブラジル・アルゼンチンの三カ国に取り囲まれたラテンアメリカ大陸中央南部に位置する内陸国で、南アメリカの「心臓」や「へそ」と表現をされ、人口670万人(世界銀行2012年)、国土面積が日本の1.1倍の小さな国です。メルコスール(南米南部共同市場)の結節点ともいわれ、経済成長も好調ですが、ジニ係数が高い状況で格差は拡大しています。

私たちはこのような活動を行っています!

ー学校建設や校舎の整備ー
ー職業支援・自立支援ー
ー日本やパラグアイでの講演会・コンサート・ワークショップなどの開催ー
ー日本やパラグアイでの講演会・コンサート・ワークショップなどの開催ー

ネイルプロジェクトについて

カテウラで暮らすシングルマザーへの就業支援
スラムで暮らす女性の仕事は、ゴミの分別や家政婦などであることが多いため、肺などの病気にかかるリスクや雇い主からの暴力のリスクを負っています。また、女性の賃金は男性よりも低いため、女性が経済的に自立することは容易ではありません。しかし、女性がネイル細工という手に職をつけることで、中間層以上の女性たちを対象にネイル細工をすることが可能になります。一回の施術で30,000グアラニー(約5.5ドル)を稼ぐことができ、彼女と子どもたちの生活をするために必要な最低限の所得を女性たちは得ることができるようになります。ネイル細工のキットはコンパクトであるため、持ち運びが容易であり、女性の足で中間層以上の層の人々の家を回ることができます。
このプロジェクトを通じて達成させたいこと

カテウラの女性(含むシングルマザー)60名がネイル講習会に参加し、技術を学ぶとともにコスト計算やマーケティングを学んでもらいます。

そして、その知識を生かしその中から少なくとも5名以上の女性たちが自立してネイル細工を職業として、安定した収入を得ることができることを目指しています。

このプロジェクトを通じて達成させたいこと

カテウラの女性(含むシングルマザー)60名がネイル講習会に参加し、技術を学ぶとともにコスト計算やマーケティングを学んでもらいます。

そして、その知識を生かしその中から少なくとも5名以上の女性たちが自立してネイル細工を職業として、安定した収入を得ることができることを目指しています。

ご支援はこちらから!

今回のネイルプロジェクトを実施するにあたり、90万円の資金を必要としています。

寄付【3,000円コース】


3,000円

寄付【10,000円コース】


10,000円

マンスリーサポーター


月額
1,000円

マンスリーサポーター


月額
1,000円
代表からのメッセージ

みなさま、はじめまして。ミタイ基金(正式名称:特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金)代表理事の藤掛洋子でございます。

ミタイ基金のランディングページにお越し下さり誠にありがとうございます。
ミタイ基金は、子どものたちの教育やジェンダー問題の解決に取り組むために日本とパラグアイ(2018年度よりボリビアも開始)を中心活動している団体です。団体設立は、私が1993年~1995年までパラグアイの農村部において青年海外協力隊(JOCV)として活動させて頂くとともに、パラグアイの方々から多くの学ばせて頂きましたことが始まりです。構造的には貧困の中で生活される村の方々ですが、心の豊かさは目を見張るばかりで、私は誠に多くのことを村の方々から学ばせて頂きました。農村や都市スラムなどで生きる社会的「弱者」の人々が主体的にかかわり、よりよい社会を作ることができるような制度・モデルを作ることが私たちの目標であり、子どもたちやわかものたちが多くの学びを深めることができる包括的な教育を届けることが私たちの最終到着目標です。
ミタイ基金のメンバーができることはとても小さなことです。支援者の皆様方のお力添えがあって初めてこれらの活動は成り立っております。これまでのご支援に改めて心から感謝申し上げますとともに、引き続き皆様方のご指導・ご鞭撻を賜りたくここに謹んでお願い申し上げます。

特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金代表理事 
 藤掛洋子
(横浜国立大学・大学院教授)


よくある質問

Q
支援の仕方はどのような方法になりますか?
A
クレジットカード(VISA・マスターカード)、コンビニ決済(ファミリーマート・ローソン)からご都合の良い方法をお選びいただけます。
Q
支援の仕方はどのような方法になりますか?
A
クレジットカード(VISA・マスターカード)、コンビニ決済(ファミリーマート・ローソン)からご都合の良い方法をお選びいただけます。