未来基金ながさき設立準備会
TEL. 095-827-4852(県民ボランティア活動支援センター内)
わたしたち「未来基金ながさき設立準備会」は、

長崎県内の地域課題に取り組むNPO、市民活動を支えるため


新たな資金循環システム「コミュニティ財団」立ち上げを宣言します。


















~未来基金ながさき設立準備会とは~

私達が住んでいる長崎は、歴史と、文化と魅力が詰まった場所です。

今、30年間の平成が終わり、次の30年、50年を見据えて、私達の暮らしや地域の課題を誰が、どのように向き合い、何を残し、何を変えていくのでしょうか。

その課題を、地域や市民、企業やNPO等の組織、行政を含む多様な担い手と共に考え、行動する地域を、私達は目指したいと考えています。

その際、もう一つの要素が資金です。従来の個人・法人の寄付金や会費に加え、遺贈・相続の寄付や、新しい資金(社会的投資、休眠預金)の活用等、地域が使える資金、選択肢を増やすために、コミュニティ財団という「地域を良くする仕組み」を設立したいと考えています。

長崎の今と未来を大切に想い、出来ることをしてみたいと思う方、長崎にコミュニティ財団を設立するための賛同金のご協力をお願いします。
未来基金ながさき設立準備会では、財団設立に向けた賛同金を募っています。
私たちの目指す財団は、これまでの長崎には無かった

新たな資金循環システムを構築し、社会課題へ挑戦する基盤をつくることです。

その財団設立のためには基本財産として最低300万円が必要です。

長崎のよりよい未来への第一歩を形づくる賛同金を募集しています。


~財団設立賛同金振込先~

1口 5,000円~

【ゆうちょ銀行】
店番号:17690 口座番号:26277461 口座名:未来基金ながさき設立準備会
 
【親和銀行】
長崎市役所支店 口座番号:3023785 口座名:未来基金ながさき設立準備会

※寄付金振込後、寄付者様のご連絡先の確認し領収書の送付をいたします。
※個人に限らず、団体・法人からの寄付もお待ちしております。
未来基金ながさき設立準備会が目指す
寄付や助成プログラム案
①特定の団体やグループを支援する『団体寄付』

②課題や分野、テーマに対する『テーマ型寄付』
 ※テーマ案 子ども基金・離島基金・災害対策基金など

③ご自身が名づけ親となる『冠基金』

④未来基金ながさき運営支援
気になる地域課題やテーマ、応援したい団体に向けて

資金や資源、知識を支援できる仕組みづくりを目指します。

さらに、支援者様の名前・団体名等を冠した基金を創ることも検討中です。

皆様の支援が、長崎県内各地で頑張る団体の力になります。

皆様の思いを100%込めて、長崎を応援しませんか?
財団設立後のNPO・市民活動団体への支援プロジェクト案
子育て支援の活動を応援したい!

【団体の活動例】
産前産後ケア・悩み相談
子どもの居場所づくり
子ども食堂
学習支援
高齢者支援の活動を支援したい!

【団体の活動例】
買い物支援・送迎サービス
見守り・支え合い活動
人材確保・人材育成
健康づくり
元気な長崎を見たい!

【団体の活動例】
移住対策・空き家の利活用
地域おこし・イベント
観光・地域の魅力発信
若い力を応援・支援
防災・減災・災害対策
元気な長崎を見たい!

【団体の活動例】
移住対策・空き家の利活用
地域おこし・イベント
観光・地域の魅力発信
若い力を応援・支援
防災・減災・災害対策
現在の賛同者数・賛同金額
【賛同者様】順不同
25名

【賛同金額】
2019年5月末現在
170,000円(目標金額:5,000,000万円)

よくあるご質問
(Q&A)

コミュニティ財団とは何ですか?
コミュニティ財団とは、地元地域の人びとによって設立され、特定の地域・地方を特定して資金提供活動を行う財団です。寄付によって成り立ち、市民によって構成される理事会によって運営されています。地域の困りごとや課題をよりよくしていくための事業(非営利・営利)に資金を提供し、地域社会が誰にとっても暮らしやすい状況をつくるために活動をしています。コミュニティ財団は1914年に米国から始まり、現在、米国内に780以上、世界で1,700以上の広がりがあり、日本でも50程度存在しているといわれています。(地域創造基金さなぶりよりコピー100%)
どのような人が運営主体・役員になっていますか?
運営に関わる多くの人が、長崎県の社会課題に取り組み、経験を積んだ方で構成されています。
また、偏った運営や監査上の問題を防ぐため、民間企業の代表や弁護士など多様な方々が参画しています。(すみません、イメージで書きました)
どのような形で寄付・支援・参加ができますか?
事務局内等での現金精算と、銀行振り込みでご寄付を承っております。銀行振り込みの場合、寄付者様のご連絡先の確認後、領収書の送付をいたします。

また、資金だけでなく皆さまがもつ「情報」「知識」「人脈」などの支援も大きなチカラになります。資金はちょっと・・・と思われても、様々な支援の方法がありますので、ぜひ一度お問合せくださいませ。
企業のCSRの一環として支援することは可能ですか?
当設立準備会では企業様のCSR事業・協働事業としてのご支援・ご相談もお受けしています。
財団設立後は、企業様のご関心のあるテーマ・課題やニーズ収集、寄付先への資金提供方法の提案や、社員のボランティアプログラム等の協働事業の相談・情報交換のできるハブとして機能することを目指します。
どうぞ、お気軽にご相談くださいませ。
地域づくり団体とはどのような団体ですか?
私たちの住む地域を、ふるさとを少しでも良くしたい、国内外の移住者も含め誰もが安心して住むことができる地域社会にしたい、社会課題やよりよい長崎を目指すことを活動の主軸とする次のような団体です。

NPO法人・任意団体・市民活動団体
自治会・町内会等をメンバーとする地域の協議会組織
企業とNPOをメンバーとする組織
市民活動に積極的な各種法人
教育機関とNPOをメンバーとする組織
上記のほか、長崎のよりよい未来を目指す団体・法人
寄付先となる団体は信頼できる団体ですか?
今後、寄付先としてご紹介する団体や事業は、いずれも地域課題の解決や、長崎のよりよい未来につながる「信頼性」と「公益性」の高い事業となります。
助成金の審査にあたっては、申請書や団体の過去の活動実績の資料提出を元に、公開審査会を経て、より信頼性が高く、地域課題の解決につながる団体に寄付を届けます。