なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

ミオの
ビジネス案内所

これからのあなたが変わっていくために絶対に必要な思考
 僕(ミオ)と一緒に本気で稼ぎたい人だけが見てください

僕(ミオ)が開発したEA(自動売買システム)の特徴

僕が皆さんに伝えたいこと

投資のリスクが怖いのは、
お金知識が足りないため

  • 一口に「投資」と言っても、さまざまな種類があります。株式投資、債券投資、投資信託、FX(外国為替証拠金取引)などが代表例ですが、いずれもリスクがあることを忘れてはいけません。

    預金の一部をリスクのある「投資」にまわすことを提案されると「元本が保証されていないのに……」、「株は下がるかもしれないのに……」と不安になる方もいるでしょう。そして、日本人には不労所得に罪悪感を覚える傾向が見られます。配当金で得た1万円と汗水流して働いて得た1万円は、貨幣価値も、購入できるものも同じ1万円。しかし、働かずに得たお金には嫌悪感があるのは、「お金は汚い物」、「お金の話をするのは卑しいこと」と教育されてきたからだと考えられます。

    友人と食事をしながら貯蓄の話や投資の話をしたことはありますか? 友人の資産状況を聞いたことがありますか? 多くの人は、お金の話は避けて会話をします。お金は豊かさを得るためのツールの一つなのに、こうした傾向はいまだ脈々と続いています。

    悲しくも、日本では学校でお金についての教育をほとんど受けません。お金についての考え方は育った環境によって左右されます。「投資」のような働かずにお金を得ることが罪悪だと教えられて育てば、「投資」に躊躇してしまうでしょう。しかし「投資」などを両親が行っていて、それを子どものころから見ていれば抵抗は少なくなるでしょう。お金を殖やす方法としての「投資」についての考え方をまず変えることが、お金を殖やす一歩となるのです。

    しかしこのようにたくさんの人が投資などの知識がないため、知識あるものがお金を得ることが出来ているのです。
    残業、バイト、家の物を売る、投資をする。
    お金を得る方法も多種多様です。生きていくためにはどうしても必要なお金をあなたはどうやって得ますか?
  • 「投資」はいつから始めるのか、答えは一日でも早く

    「投資」を勧めると、日本人は「投資」について一生懸命勉強し、何もかも自分でしようとして「投資」に多くの労力を費やしてしまう傾向があります。しかし、豊かな生活を目指すのであれば、大切にしなければならないものがあります。それは、神様が老若男女、あらゆる人々に平等に与えたもの、すなわち「時間」です。1日24時間は、誰にでも与えられた平等なものです。この限られた時間を有効に使うことは、「投資」の場合にも当てはまります。

    「投資」について独学するのが難しければ、専門家に任せてみるのも1つの手です。そうすれば、「投資」に使う予定だった時間を、自分の好きなことに使うこともできます。大切なのは、24時間を効率よく使って、お金に働いてもらうことです。

    では「投資」はいつから始めればいいのでしょうか? 答えは「一日でも早くスタートすること」。雪だるまを作るときと同じく、転がせば転がすほど殖えていきます。繰り返しになりますが、リスクがあるので失敗することもあるでしょう。しかし、失敗することで経験値が上がり、「投資」の知識や情報も得られます。退職してお金ができてから「投資」を始める方もいますが、大きなお金を運用するということは失敗するリスクも大きくなるので、できるだけ若いうちから「投資」を始めて、少額の運用で経験を積むことが大切です。

    「投資」を始めてみようにも、何から始めればよいかわからない方は、興味のあることに注目してみましょう。海外旅行が趣味ならば、好きな国の外貨を買う「為替」からスタートしてもよいですし、情報が得やすい日本株を買ってみるのも一つの選択肢です。まずはお試しと考えて、少額で始めてみることです。「投資」はお金がなければできないと思っている方も多いようですが、投資信託は100円から始めることができます。お金がないと「投資」できない時代は、過去のものになりました。資産を殖やすチャンスは誰にでもあるのです。

    問題なのは、知らないものを遠ざけてしまう思考を捨てることができるかどうか。

  • 「世代間格差時代」から「世代内格差時代」へ。勝ち組は始めている

    多くのサラリーマンは60歳、再雇用ならば65歳で定年退職を迎え、勤務が終わります。年功序列でリストラもなく、そのまま定年を迎えることが一般的でした。そういった中で、潤沢に年金を受け取ることができる世代と、年金を受け取ることができるのか不安でリストラもある世代の間に「世代間格差」がありました。

    しかし、これからは「世代内格差」に代わっていくと思われます。お金を殖やすために「投資」の重要性に気付いた方と、気付かなかった方の間で差ができるのです。それは30代の方たちだけでなく、40代、50代でも同じように「世代内格差」が生じることが予想されています。

    これまで、自分の収支を知り、貯蓄習慣を身に付け、資産を殖やすために時間を効率よく使うことが大切だとお話してきました。では、具体的にどれくらいまで殖やせばいいのでしょうか? 人生100年を迎えつつある今、「どれくらいお金があれば豊かな老後を過ごせるのか」という質問も数多くいただきます。

    やはり資産運用の知識があるかないかだけで『お金』と『時間』に大きな余裕が生まれ、今後もっと激しくなる『世代内格差』では顕著に現れることとなるでしょう。
    同じサラリーマンでも『働き給料をもらうだけのサラリーマン』と『その給料を働かし、お金を生み出しているサラリーマン』ではかなりの差が生まれることはいうまでもないですよね。
  • 「投資」はいつから始めるのか、答えは一日でも早く

    「投資」を勧めると、日本人は「投資」について一生懸命勉強し、何もかも自分でしようとして「投資」に多くの労力を費やしてしまう傾向があります。しかし、豊かな生活を目指すのであれば、大切にしなければならないものがあります。それは、神様が老若男女、あらゆる人々に平等に与えたもの、すなわち「時間」です。1日24時間は、誰にでも与えられた平等なものです。この限られた時間を有効に使うことは、「投資」の場合にも当てはまります。

    「投資」について独学するのが難しければ、専門家に任せてみるのも1つの手です。そうすれば、「投資」に使う予定だった時間を、自分の好きなことに使うこともできます。大切なのは、24時間を効率よく使って、お金に働いてもらうことです。

    では「投資」はいつから始めればいいのでしょうか? 答えは「一日でも早くスタートすること」。雪だるまを作るときと同じく、転がせば転がすほど殖えていきます。繰り返しになりますが、リスクがあるので失敗することもあるでしょう。しかし、失敗することで経験値が上がり、「投資」の知識や情報も得られます。退職してお金ができてから「投資」を始める方もいますが、大きなお金を運用するということは失敗するリスクも大きくなるので、できるだけ若いうちから「投資」を始めて、少額の運用で経験を積むことが大切です。

    「投資」を始めてみようにも、何から始めればよいかわからない方は、興味のあることに注目してみましょう。海外旅行が趣味ならば、好きな国の外貨を買う「為替」からスタートしてもよいですし、情報が得やすい日本株を買ってみるのも一つの選択肢です。まずはお試しと考えて、少額で始めてみることです。「投資」はお金がなければできないと思っている方も多いようですが、投資信託は100円から始めることができます。お金がないと「投資」できない時代は、過去のものになりました。資産を殖やすチャンスは誰にでもあるのです。

    問題なのは、知らないものを遠ざけてしまう思考を捨てることができるかどうか。

字が汚いのは許してください、、、

手取り15万円の僕が誰にもバレることなく、3億円以上を稼いだ方法をお教えします。
めっちゃ怪しいと思いますが、全て事実です。
そしてこれは誰にでもできて、誰もがやらないことなんです。
搾取する側とされる側の本質、生きていく上で必ず必要になるお金の知識が知りたい方は、LINEを登録してください!

向かない人
・お金がほしいという気持ちがない人
・今日を生きるので精一杯だという人

それ以外の方はぜひ一緒に稼ぎましょう☺️
お待ちしております